今週のメインdeパツイチ2017
第155回天皇賞(春)出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第155回 天皇賞(春) 京都・芝3200m  4歳上オープン(GI) 2017年4月30日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 シャケトラ 日経賞 1着 強敵下した前走評価も少々パンチ不足で。 - -
2 ラブラドライト ダイヤモンド 2着 今回条件一気に厳しくなり。ここでは... - -
2 3 キタサンブラック 大阪杯 1着 春緒戦も順当に勝利。ここも順当に上位か。
4 スピリッツミノル すみれS 1着 そこそこ差は詰めるがGIではさすがに。 - -
3 5 ファタモルガーナ ステイヤーズ 2着 長距離戦に良績集中もGIでは力不足で。 - -
6 シュヴァルグラン ジャパンC 3着 去年の3着馬。今年も3着程度なら。 - -
4 7 アルバート ダイヤモンド 1着 力つけている。去年の6着以上あっても。
8 タマモベストプレイ 万葉S 1着 最近は重賞で入着が精一杯。GIでは。 - -
5 9 ディーマジェスティ 皐月賞 1着 前走案外も叩き2戦目で巻き返しは可能。 -
10 アドマイヤデウス 日経賞 1着 かなり良化。今の調子ならGIでも。 -
6 11 プロレタリアト 古都S 1着 前2走が負けすぎ。GIでは力不足っぽく。 - -
12 ゴールドアクター 有馬記念 1着 前走よりも去年の12着の方が気になって。 - -
7 13 トーセンバジル 阪神大賞典 3着 時計出る馬場ならもう少しやれる筈。注意。 -
14 ワンアンドオンリー 日本ダービー 1着 前走がイマイチ。一時期の勢いは望めぬか。 - -
8 15 サトノダイヤモンド 有馬記念 1着 前哨戦完勝。今回相手揃うがここでも。 -
16 レインボーライン 菊花賞 2着 相手なりに走る。ヒモなら可能性は十分あり。
17 ヤマカツライデン 丹頂S 1着 重賞成績物足りないがノーマークの逃げなら... -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第155回天皇賞(春)枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第155回天皇賞(春)の展望と予想とヨタ話

今週から安田記念まで春のGI、毎週開催です。

そんな6週連続GIの一発目・第155回天皇賞(春)

という訳で、この天皇賞春。3200mという長距離戦ということもあって、何かと出走馬を選ぶレースだったりするのだが... 最近は2400m以上のレースに的を絞ってローテーションを組んでくる一線級の馬も結構いることもあって、メンバーはきっちり揃うのがこの天皇賞・春。

ただ...そういう狙い通りには決まらず、妙に荒れたりするのがこの天皇賞・春。 実際、ここ数年、ゴールドアクター・ゴールドシップ・キズナ・オルフェーヴルといった一線級の馬が人気を背負ったにも関わらずコケたり、 カレンミロティック・フェイムゲーム・ホッコーブレーヴ・レッドカドー・ビートブラック・メイショウドンタクといった人気薄が突っ込んできたりして荒れ続けていますからねぇ。 今年も結構なメンバーが揃ってはいるが...ある程度荒れる可能性は考えておいた方がいいのかもしれませんな。

で、そんな感じの天皇賞・春。実績や近走成績を考えると、ここはもう「キタサンブラックとサトノダイヤモンドの一騎打ち」といった感じになってしまうのは仕方がないところだが... 前述しているように何かと荒れるのがこの天皇賞・春。この辺りの人気所はおさえつつ、穴っぽいところをうまく拾って高配当を狙っていくのが正解だったりするんじゃないでしょうか。 前走の敗北で人気を落としそうなレインボーライン・ディーマジェスティとか、ダイヤモンドSからの参戦ということで人気の盲点になりそうなアルバートとかさ。

<第155回天皇賞(春)予想>
◎キタサンブラック
○ヤマカツライデン
▲サトノダイヤモンド
△レインボーライン
△アルバート
△ディーマジェスティ

あと、ヤマカツライデンの単騎逃げも怖いところ。


結果

1着キタサンブラック
2着シュヴァルグラン
3着サトノダイヤモンド
4着アドマイヤデウス
5着アルバート

タイム:3分12秒5(R) 3F:35.5秒
キタサンブラック 牡5歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・清水厩舎
単勝:3番220円
複勝:3番110円、6番160円、15番110円
枠連:2-3 1090円 馬連:3-6 1040円
馬単:3-6 1430円
3連複:3-6-15 610円
3連単:3-6-15 3780円
ワイド:3-6 260円
    3-15 140円 6-15 350円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、シュヴァルグランですか。
 結果自体はアリなんだけど、ちょっと狙い辛いところで...

 まぁ、それはともかく。天皇賞春の結果。ヤマカツライデンが後続を大きく引き離して逃げる展開となったが、前半1000m通過が0:58.3というペースはさすがに速すぎだったようで、勝負所の淀の下りで早々に失速して終了。 で、これに代わって先頭に立ったのが2番手から競馬していたキタサンブラック。かなり早めに先頭に立つ形となったが、キタサンをマークする形で駒を進めていたシュヴァルグラン・サトノダイヤモンドらが思ったほど伸びなかったこともあって、 結局、そのまま押し切って1着。

 という訳で、勝ったのはキタサンブラック。ヤマカツライデンが結構なペースで飛ばしていったこともあって、「このペースに巻き込まれ失速」なんてパターンも考えられたが... 最後まできっちり脚を使いこの結果に。まぁ、後続馬が追走で一杯になってしまい、前を捕らえるだけの末脚が使えなかった分勝てた感はあるが... レコード決着、さらに出走馬の中でもかなり上位の末脚を使っていることを考えれば、ここは「能力で押し切った」と評価するのが妥当なところなんじゃないかと。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。