今週のメインdeパツイチ2017
第18回兵庫チャンピオンシップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第18回 兵庫チャンピオンシップ 園田・ダ1870m  3歳オープン(JpnII) 2017年5月4日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 クイーンマンボ 500万下 1着 ダートで底見せず。今回交流重賞だがここでも。
2 2 ハリアー ライデン記念 3着 自己条件で嵌まって入着する程度。厳しい。 - -
3 3 ブラックトリガー 園田2歳二組 1着 前走が負けすぎ。ここでは力不足っぽく。 - -
4 4 ナムラアイドル フェニックス 6着 ダートの成績サッパリ。芝の方が良さそうで。 - -
5 5 シゲルコング 全日本2歳 2着 大敗続く。2歳時の勢い戻ればいいが。 -
6 ノーブルサターン 500万下 1着 嵌まれば一発ある馬だが隣の馬が気になり...
6 7 タガノディグオ 500万下 1着 長くいい脚使えるのは評価。あとは展開次第。
8 クマリ ジュニアK 4着 自己条件で勝ち切れず。交流重賞では... - -
7 9 ナチュラリー 兵庫若駒賞 1着 兵庫ジュニアGPは7着。ここでは入着まで。 -
10 キョショウ 園田3歳B 1着 兵庫ジュニアGPのビリで決着済。厳しい。 - -
8 11 リゾネーター 伏竜S 1着 前2走の楽勝評価。ここも順当に勝てそうで。
12 ウリャオイ 新緑賞 3着 地元の重賞で勝てず。この条件では... - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第18回兵庫チャンピオンシップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第18回兵庫チャンピオンシップの展望と予想とヨタ話

GWの交流重賞シリーズ、2発目は3歳戦。

JDダービーに向けての一戦。第18回兵庫チャンピオンシップ。

という訳で、この兵庫チャンピオンシップ。比較的地味な交流重賞だが、この時期の3歳ダート路線、これといった重賞が開催されないこともあって、 毎年結構なメンバーが揃うのがこの兵庫チャンピオンシップ。去年はケイティブレイブ・ゴールドドリーム、一昨年はクロスクリーガーを輩出。 さらにはコパノリッキー・ベストウォーリアといったGI・JpnI馬もこのレースの上位馬だったりしますからねぇ。今後のダート路線を占う上で結構重要な一戦だったりするのがこの兵庫チャンピオンシップ。

で、今年の兵庫チャンピオンシップ。地方勢が手薄だったり、中央勢の一角も少々物足りない感じがするのがちょっとアレだが、 まぁ、今回は伏竜Sを楽勝したリゾネーターとかダートでまだ底見せていない クイーンマンボとかがいたりするんでねぇ。この辺りがきっちり結果を出せば問題ないでしょう。

そんなこんなで、予想もリゾネーターとクイーンマンボでいいでしょう。長くいい脚を使ってきっちり突っ込んでくるタガノディグオの堅実駆けも魅力だが、前述の2頭に敵うかと言われると、ちょっと微妙な感じがするんでねぇ。 ここは一角が崩れたときの保険として考えておく程度でいいんじゃないかと。

<第18回兵庫チャンピオンシップ予想>
◎リゾネーター
○ノーブルサターン
▲クイーンマンボ
△タガノディグオ

きちんと走ればノーブルサターンも怖いのだが、前走がなぁ...

隣に前走の伏竜Sでペースを乱された馬がいるのもアレだし。


結果

1着タガノディグオ
2着ノーブルサターン
3着クイーンマンボ
4着リゾネーター
5着シゲルコング

タイム:2分00秒6 3F:38.9秒
タガノディグオ 牡3歳
騎手:川島信二 厩舎:栗東・宮厩舎
単勝:7番600円
複勝:7番170円、6番330円、1番160円
枠連:5-6 1700円 馬連:6-7 4280円
馬単:7-6 7930円
3連複:1-6-7 3110円
3連単:7-6-1 28970円
ワイド:6-7 640円
    1-7 220円 1-6 710円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。穴予想○◎△でいい塩梅の配当ゲット。
 まぁ、リゾネーターがコケたお陰でこの配当になった感は否めないが。

 でもって、兵庫チャンピオンシップの結果。地元のナチュラリーが絡んでいったりしたが、基本的には前に行った中央勢同士のレース。 勝負所で人気のリゾネーターが後退し、これに代わってタガノディグオが上がってくる展開となったが、前で競馬していた中央勢の中での入れ替わりが発生しただけ。 あとは、逃げ粘るノーブルサターンをタガノディグオがゴール手前で捕らえ1着。そして、前で競馬していたノーブルサターン、クイーンマンボがそのまま居残って2・3着を確保。

 しかしなぁ、リゾネーター。サッパリでしたな。着順自体は4着とそこまで悪いものではなかったが、3着馬とは9馬身、さらに勝ち馬とは2.1秒も離されていることを考えると、 これは大敗といってもいい結果だったんじゃないかと。とりあえず、巻き返しに期待したいところだが...こういう負け方すると、そのままずるずると大敗し続けるケースも結構あったりするんでねぇ。 しばらく様子見するのが正解かも。


競馬鹿トップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。