今週のメインdeパツイチ2017
第78回オークス(優駿牝馬)出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第78回 オークス(優駿牝馬) 東京・芝2400m  3歳牝オープン(GI) 2017年5月21日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 モズカッチャン フローラS 1着 フローラSは僅差の勝利も内容悪くなく。GIでも。
2 ソウルスターリング 阪神JF 1着 良馬場なら巻き返しありそう。ただ距離は? -
2 3 フローレスマジック アルテミスS 2着 前走は展開嵌まった感アリ。ここは? - -
4 ミスパンテール チューリップ 2着 前走が負けすぎ。ここは様子見が妥当か。 - -
3 5 モーヴサファイア 野路菊S 2着 ちょっと足りない。ここでは入着までか。 - -
6 ハローユニコーン 忘れな草賞 1着 少々パンチ不足。上がり勝負になると... - -
4 7 ディアドラ アネモネS 2着 桜花賞まずまずの内容。展開嵌まれば。 -
8 ホウオウパフューム 寒竹賞 1着 前走は展開不向き。ただGIでは力不足か。 - -
5 9 ディーパワンサ 阪神JF 4着 成績尻すぼみ。一変は望み薄っぽく。 - -
10 ブラックスビーチ スイートピー 1着 前走快勝もスイートピーS組好走例少なく。 - -
6 11 レッドコルディス フローラS 5着 それなりの末脚は使う。展開嵌まれば3着は。 -
12 ブラックオニキス 札幌2歳S 2着 成績頭打ち。ここでは入着も望み薄で。 - -
7 13 レーヌミノル 桜花賞 1着 桜花賞勝ち評価も距離延長はちょっと... -
14 リスグラシュー 桜花賞 2着 いい末脚持っている。この距離なら逆転も。
15 ヤマカツグレース フローラS 2着 前走は展開嵌まった感否めず。GIでは... - -
8 16 アドマイヤミヤビ クイーンC 1着 桜花賞大敗問題も巻き返し可能な条件で。
17 カリビアンゴールド スイートピー 2着 前走の末脚評価。ここでも嵌まれば。 -
18 マナローラ デイジー賞 1着 パンチ不足?上がり要す馬場じゃないと。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第78回オークス(優駿牝馬)枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第78回オークス(優駿牝馬)の展望と予想とヨタ話

荒れ続ける春のGI。このレースもやはり波乱に?

3歳牝馬クラシック二冠目・第78回オークス。

という訳で、このオークス。3歳牝馬クラシック二冠目ということもあり、一冠目の桜花賞の流れを受けて...といった感じの一戦になるのだが、 その一冠目の桜花賞がああいう結果だっただけにねぇ。極端な波乱にはならなかったが、単勝140円と圧倒的な支持を集めたソウルスターリングが3着に敗れ、万馬券決着に。

そんなこんなで、一強とまで言われていたソウルスターリングがアッサリ負け、傑出馬不在の混戦状態に逆戻りしてしまったのが今の3歳牝馬クラシック路線なのだが... まぁ、何だかんだ言ってもそれなりの実績馬が上位を確保したのが桜花賞だった訳で。着順の入れ替わりは発生しそうだが、二冠目のオークスも、桜花賞上位馬などのの実績馬がそれなりに上位を占めるんじゃないかと。

と、まぁ、そんな感じだったりするんで、今回のオークス。ここは割と無難に桜花賞上位馬で勝負してみてもいいんじゃないかと。 ただ、ソウルスターリングもレーヌミノルも距離延長が気になる馬だったりするんで...ここは桜花賞2着のリスグラシューで勝負してみましょう。 あとは、良馬場になり末脚がフルに発揮できるのであれば巻き返しありそうなソウルスターリング・アドマイヤミヤビ、レベルや展開を考えるとちょっと微妙な一戦だったりするが、 前残りの展開の中、それなりの末脚を使って突き抜けてきたのは評価できるモズカッチャン辺りでどうでしょうかねぇ。

<第78回オークス(優駿牝馬)予想>
◎リスグラシュー
○カリビアンゴールド
▲ソウルスターリング
△アドマイヤミヤビ
△モズカッチャン
△レーヌミノル

あと、急に爆走するカリビアンゴールドの一発にも注意。


結果

1着ソウルスターリング
2着モズカッチャン
3着アドマイヤミヤビ
4着ディアドラ
5着リスグラシュー

タイム:2分24秒1 3F:34.1秒
ソウルスターリング 牝3歳
騎手:C.ルメール 厩舎:美浦・藤沢和厩舎
単勝:2番240円
複勝:2番130円、1番350円、16番190円
枠連:1-1 2280円 馬連:1-2 2290円
馬単:2-1 2790円
3連複:1-2-16 4600円
3連単:2-1-16 20130円
ワイド:1-2 830円
    2-16 370円 1-16 1680円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。とりあえず的中したが...
 軸のリスグラシューが5着止まりというのはちょっとなぁ。

 でもって、オークスの結果。逃げ・先行馬が少なかったこともあって、ペースは前半3ハロン通過が37.1秒、1000m通過が1:01.7とかなり緩め。 一応、ペースが緩いと判断したのか、残り1000m付近から各馬早め早めに動いていったもんで、典型的な「直線入ってからの瞬発力勝負」にはならなかったが... それでも、残り1000mで競馬をしたようなレースになってしまいました。

 そんな中、勝ったソウルスターリング。ここ数戦は好位といっても少し後ろのポジションを確保する競馬が続いていたが、今回はペースが緩かったこともあって、 逃げたフローレスマジックをいつでも交わせる位置を追走。で、直線で逃げたフローレスマジックと内から抜けてきたモズカッチャンを簡単に料理し、先頭でゴールへ。

 でもって、勝ったのはソウルスターリング。距離延長が気になるところだったが...まぁ、後半だけで競馬しているようなレースだったんでねぇ。その辺りは問題にならなかったようで。 そんなこんなで、懸念されていた問題がクリアになってしまえば、こういう結果になるのは当然といったところ。結局、阪神JFやチューリップ賞でみせた強さをここでも見せつけ快勝。

 しかしなぁ、ソウルスターリング。強いですなぁ。桜花賞のように、何かと条件が整わなければ負ける可能性はあるが... 能力を出し切れるような条件であれば、そう簡単に負けないんじゃないかと。とりあえず、かなり強力な新興勢力が台頭してこない限り、秋もこの馬で決まりなんじゃないかと。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。