今週のメインdeパツイチ2017
第70回鳴尾記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第70回 鳴尾記念 阪神・芝2000m  3歳上オープン(GIII) 2017年6月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ラストインパクト ジャパンC 2着 去年の成績物足りず。ここは様子見。 - -
2 2 スピリッツミノル すみれS 1着 近走イマイチ。時計要す馬場じゃないと... -
3 3 マイネルフロスト 日本ダービー 3着 前走フロック視できぬ。ここでも警戒必要か。 -
4 4 スズカデヴィアス 京都記念 2着 手頃な条件に戻るが前走がちと負けすぎで。 -
5 5 バンドワゴン きさらぎ賞 2着 一応重賞でも好走ある馬。復活したなら。
6 6 デニムアンドルビー 宝塚記念 2着 前走は馬場に泣かされたか。良馬場なら。
7 7 レッドソロモン アンドロメダ 1着 重賞成績芳しくなく。ここでは入着までか。 - -
8 スマートレイアー 阪神牝馬S 1着 今回牡馬が相手も京都記念ぐらい走れば。 -
8 9 ステイインシアトル 尼崎S 1着 時々崩れるのがちと厄介。嵌まればいいが。 -
10 ミュゼエイリアン 毎日杯 1着 復調しつつある。もう一変あれば出番も。 -

以上登録10頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第70回鳴尾記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第70回鳴尾記念の展望と予想とヨタ話

時期的には宝塚記念へのステップだったりするが...

どちらかというとサマー2000狙い?第70回鳴尾記念。

という訳で、この鳴尾記念。前述しているように、3週後に行われる宝塚記念に向かうには丁度いい感じのレースだったりするが、 GIIIという条件が中途半端なのか、宝塚記念に向かうような実績馬はあまり出て来ず、どちらかというと、 この後に控えているサマー2000シリーズを視野に入れた馬がメインになりがちなのがこの鳴尾記念。

で、そんな鳴尾記念。今年も頭数少なめだし、実績馬も少なめ。となれば、ここは牝馬でもスマートレイアー・デニムアンドルビーで勝負するのが妥当なところだったりするんじゃないでしょうか。 スマートレイアーは東京新聞杯1着・京都記念2着、デニムアンドルビーは宝塚記念・ジャパンC2着など牡馬相手にも好走あったりするしさ。

あとは、この2頭の相手探しといったところ。準OPの勝ちっぷり評価できるバンドワゴン・ステイインシアトルとか、 大阪杯の大敗は度外視してスズカデヴィアスとか、そんなところでしょうかねぇ。前走の2着で復活したならマイネルフロストも怖い感じだが。

<第70回鳴尾記念予想>
◎スマートレイアー
○マイネルフロスト
▲デニムアンドルビー
△バンドワゴン
△ステイインシアトル
△スズカデヴィアス

あとは...天気次第かな。馬場渋るとデニムアンドルビーは...


結果

1着ステイインシアトル
2着スマートレイアー
3着マイネルフロスト
4着スズカデヴィアス
5着スピリッツミノル

タイム:1分59秒4 3F:34.1秒
ステイインシアトル 牡6歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・池江厩舎
単勝:9番790円
複勝:9番200円、8番120円、3番250円
枠連:7-8 600円 馬連:8-9 850円
馬単:9-8 2220円
3連複:3-8-9 2570円
3連単:9-8-3 14460円
ワイド:8-9 360円
    3-9 1120円 3-8 500円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まずまずといったところ。
 ただ、スマートレイアーが勝ち切れなかったのはなぁ。

 という訳で、鳴尾記念の結果。これといった逃げ馬がおらず、すんなり先手を取ることに成功したステイインシアトル。 ペース自体も前半1000m通過が1:01.6と緩めだったこともあって、結局、最後までそのまんま。1番人気のスマートレイアーが早め早めに動いて差を詰めてきたりしたが、 これを振り切って先頭でゴールへ。

 そんなこんなで、勝ったのはステイインシアトル。まぁ、今回は展開にも相手関係にも恵まれた感は否めないが、 条件戦を順調に勝ち上がれるだけの能力は持っていた馬なんだし、GIII程度だったら即通用してもよかったんじゃないでしょうか。 まぁ、今回よりも条件厳しくなると通用するかどうかは微妙なところだったりするんで、今のところは「GIIIまでならやれる」程度の評価に留めておくのが妥当なところかな。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。