今週のメインdeパツイチ2017
第58回宝塚記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第58回 宝塚記念 阪神・芝2200m  3歳上オープン(GI) 2017年6月25日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ミッキーロケット 日経新春杯 1着 GIでは少し足りないが馬場渋れば出番も。
2 2 ゴールドアクター 有馬記念 1着 今年の成績物足りず。一変あればいいが。 - -
3 3 スピリッツミノル すみれS 1着 重賞で入着するのが精一杯の馬。GIでは。 - -
4 4 クラリティシチー ダービー卿CT 2着 2000mでも一応好走あるがこの距離だと... -
5 5 シュヴァルグラン 天皇賞・春 2着 去年は9着。急に崩れる可能性あって。 -
6 6 シャケトラ 日経賞 1着 馬場渋ればチャンスあり。一発あっても。 -
7 レインボーライン 菊花賞 1着 前走イマイチだったが巻き返しあればGIでも。
7 8 ミッキークイーン 秋華賞 1着 牡馬が相手だと少し足りない。前走も微妙で。 - -
9 ヒットザターゲット 目黒記念 1着 2桁着順続くが急に爆走する馬だけに。 -
8 10 キタサンブラック 天皇賞・春 1着 去年は3着。この条件ちと不安あるだけに。 -
11 サトノクラウン 香港ヴァーズ 1着 時計要す馬場になれば怖い。逆転あっても。

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第58回宝塚記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第58回宝塚記念の展望と予想とヨタ話

このレースで春のGIシリーズは一段落。

締めくくりの一戦・第58回宝塚記念。

という訳で、この宝塚記念。春のGIシリーズを締めくくる一戦ということもあり、有力馬が多数参戦してくるのがこの宝塚記念...となっていい筈なのだが、 ローテーションが組み辛かったり、時期的に雨が降りやすく馬場が荒れ気味になることもあって、少々微妙なメンバー構成になりがち。 さらに、今年から大阪杯がGIに昇格したこともあって、中距離GIというポジションも微妙になりつつあるし。

そんなこんなで、何かと微妙な感じになりがちなこの宝塚記念。今年も頭数はあまり揃わず11頭立て。ただ、大阪杯・天皇賞(春)と春の古馬GIを連勝したキタサンブラックを筆頭に、 一昨年の有馬記念馬ゴールドアクター、香港ヴァーズ勝ちのサトノクラウン、秋華賞・オークス勝ちのミッキークイーンといったGI馬は揃っているし、それ以外にもシュヴァルグラン・レインボーラインといったGI好走馬や、 シャケトラ・ミッキーロケットといったGII勝ち馬もいたりするなど、出走馬のレベルはなかなか。

で、そんな宝塚記念の予想。実績を考えれば、ここはもうキタサンブラックで決まりなんだろうけど... 今年も週末の天気が思わしくなく去年同様時計を要す馬場での開催になりそうだし、去年の3着みたいな結果になる可能性も十分あるんじゃないかと。

という訳で、ここはこの馬の逆転に期待してみるのもアリなんじゃないでしょうか。サトノクラウン。前走の大阪杯は6着と完敗してしまったが、 京都記念や弥生賞など、やや時計を要す馬場で好走していることを考えるとねぇ。馬場渋れば浮上あっていいんじゃないかと。 あと、ちょっと切れ味不足のレインボーラインや、時計要した日経新春杯で1・2着確保したミッキーロケット・シャケトラも一発ありそうで...

<第58回宝塚記念予想>
◎サトノクラウン
○シャケトラ
▲キタサンブラック
△レインボーライン
△シュヴァルグラン
△ミッキーロケット

キタサンがコケれば高配当も望めそうだが...どうだろう?


結果

1着サトノクラウン
2着ゴールドアクター
3着ミッキークイーン
4着シャケトラ
5着レインボーライン

タイム:2分11秒4 3F:35.7秒
サトノクラウン 牡5歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:美浦・堀厩舎
単勝:11番900円
複勝:11番480円、2番550円、8番45s0円
枠連:2-8 710円 馬連:2-11 5250円
馬単:11-2 10330円
3連複:2-8-11 10670円
3連単:11-2-8 70420円
ワイド:2-11 1500円
    8-11 1170円 2-8 1060円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、いい狙いだったんだがなぁ。
 2着のゴールドアクターが無印でハズレというのは...うーん。

 でもって、宝塚記念の結果。こういう組み合わせだし、ここもキタサンブラックが楽に逃げる展開に...なるかと思ったんだが、そのキタサンブラック、どうも行きっぷりがイマイチ。 そんなこんなで、シュヴァルグランやシャケトラ、ミッキーロケットらを先に行かせ好位から競馬することとなったが...前2走のような力強い走りはなく、結局、直線で馬群に沈んで終了。

 で、そんなキタサンブラックに代わって抜けてきたのが勝ったサトノクラウン。道中はキタサンブラックを見る形で後方を追走し、直線でこれをあっさり捕らえ先頭へ。 最後は内を回ったゴールドアクターに差を詰められたりもしたが、結局、サトノクラウンがそのまま押し切って1着。

 しかし、どうなんでしょうかねぇ。キタサンブラック。去年このレースで3着に敗れていたことを考えれば、コケる可能性もそれなりにはあったのだが...ここまで負けてしまうとはねぇ。 まぁ、馬場が合わなかったとか、天皇賞(春)がピークで調子落ちしていたとか、その辺りが敗因なら巻き返しも期待できるんだろうけど...ねぇ。 とりあえず、この辺りは次走を見て判断するのが正解かな。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。