今週のメインdeパツイチ2017
第40回帝王賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第40回 帝王賞 大井・ダ2000m  4歳上オープン(JpnI) 2017年6月28日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 メジャーアスリート 全日本2歳 2着 2桁着順続く。JpnIでは出番なさそうで。 - -
2 アウォーディー JBCクラ 1着 去年秋のJpnI好走評価。仕上がっていれば。 -
2 3 ケイティブレイブ JDダービー 2着 前走は展開厳しく。ここなら巻き返しも。
4 ミッキーヘネシー 総の国OP 1着 そこそこの末脚は使うが交流重賞では。 - -
3 5 グレイスフルデイズ 睦月特別 1着 格下。JpnIではさすがに出番なさそうで。 - -
6 アポロケンタッキー 東京大賞典 1着 ここなら巻き返し可能。あとは仕上がり次第。 -
4 7 オールブラッシュ 川崎記念 1着 前走の5着が気掛かり。警戒は必要だが... -
8 ウマノジョー 大井記念 1着 ダイオライト記念では離れた3着。ちと苦しい。 -
5 9 メイショウソレイユ 福永洋一記念 2着 中央のOPで大敗続けていた馬。ここでは。 - -
10 クリソライト JDダービー 1着 前2走上々の内容だがJpnIだと。 - -
6 11 ゴールドドリーム フェブラリー 1着 能力は評価も東京のダ専門っぽいのが...
12 タマモネイヴィー 大井記念 2着 前2走悪くないが、さすがにJpnIでは... - -
7 13 サンドプラチナ あじさい特別 1着 東京大賞典9着で決着済。ここでは。 - -
14 ヴァーゲンザイル メトロS 3着 後方をついて回るだけ。ここも出番ナシか。 - -
8 15 サウンドトゥルー チャンピオン 1着 久々がちと気になるも大井の好走歴評価でき。
16 プレティオラス 東京記念 1着 JpnIの成績今一つも展開嵌まれば多少は。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第40回帝王賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第40回帝王賞の展望と予想とヨタ話

春のGIシリーズ、中央開催分は先週の宝塚記念で終了。

ただ、地方開催分はまだ残ってますぜ。第40回帝王賞。

という訳で、この帝王賞。春のダート路線の頂点を決める一戦ということもあって、各種GI・JpnI好走馬が揃うのがこの帝王賞。 今年はコパノリッキーなどのかしわ記念組がまるっと出て来なかったりするが、それでも今年のフェブラリーS馬ゴールドドリーム、川崎記念馬オールブラッシュ、 去年の東京大賞典馬アポロケンタッキー、チャンピオンズC馬サウンドトゥルー、JBCクラシック馬アウォーディーといった最近行われた主要なGI・JpnI勝ち馬や、 重賞を快勝したケイティブレイブ・ クリソライトが揃うなど、かなり豪華なメンバー構成に。

でもって、そんな今回の帝王賞。実績を考えれば、ここはもう前述したGI・JpnI馬で勝負せざるを得ないのだが... ドバイ遠征帰りとか手頃なレースがなかったりしたのか、ほとんどの実績馬、前走から結構間隔が開いているのがねぇ。 どうも調子がイマイチで本来の走りが出来ず、凡走...なんて結果になる可能性も十分ある訳でして。

と、まぁ、そんな感じで思った以上に難しい今回の帝王賞。ここは不安要素が少ない馬をピックアップしていくのが正解だったりするんじゃないでしょうかねぇ。 ドバイに遠征せず一息入れてここに備えたサウンドトゥルーとか、ドバイWCでも5着と健闘しそこまで敗北のダメージなさそうなアウォーディー辺りを軸にして勝負といった感じでいいんじゃないかと。 まぁ、もっと突っ込んで順調に使われている平安S組のケイティブレイブで勝負という手もあったりしますが...

<第40回帝王賞予想>
◎サウンドトゥルー
○ケイティブレイブ
▲アウォーディー
△アポロケンタッキー
△ゴールドドリーム

クリソライトも気にはなるが、JpnIではちと足りないのがなぁ。


結果

1着ケイティブレイブ
2着クリソライト
3着アウォーディー
4着サウンドトゥルー
5着アポロケンタッキー

タイム:2分04秒4 3F:37.6秒
ケイティブレイブ 牡4歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・目野厩舎
単勝:3番820円
複勝:3番200円、10番190円、2番120円
枠連:2-5 2950円 馬連:3-10 2330円
枠単:2-5 5350円 馬単:3-10 5280円
3連複:2-3-10 2200円
3連単:3-10-2 20400円
ワイド:3-10 700円
    2-3 420円 2-10 390円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ケイティブレイブはいい狙いだったが...
 クリソライトがなぁ。買えなくはない馬ではあるんだが...うーん。

 でもって、帝王賞の結果。能力の違いで前で競馬することとなった中央勢同士の争いになりそうなレース展開だったのだが...勝ったのは中央勢の中でも一頭だけぽつんと後方で競馬をしていたケイティブレイブ。 直線では好位から競馬したクリソライトとその後ろで競馬していたアウォーディーの争いになりそうな感じだったが、道中、中央勢同士で牽制し合った影響もあるのか、最後は各馬止まり気味。 結局、後方待機のケイティブレイブが伸び悩む他の中央勢を一掃してこの結果に。

 そんなこんなで、勝ったのはケイティブレイブ。展開嵌まった感は否めないが、今回控える競馬で結果を出せたのは評価していいんじゃないかと。 ただ、「切れる末脚を使う」というよりも、「長くいい脚を使う」タイプっぽいんで...他のレースで今回と同じような競馬をして結果を出せるかといわれると、ちょっと微妙なところ。 まぁ、この辺りは乗り方次第といったところでしょうか。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。