今週のメインdeパツイチ2017
第22回プロキオンステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第22回 プロキオンステークス 中京・ダ1400m  3歳上オープン(GIII) 2017年7月9日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 メイショウウタゲ 東海S 3着 1400mでも好走ある馬。軽視は禁物。 -
2 2 ベストマッチョ 麦秋S 1着 先手取れる組み合わせ。楽に行ければ...
3 ゴーインググレート シドニーT 1着 前走がイマイチ。重賞では厳しいか。 - -
3 4 アキトクレッセント 欅S 2着 前走相手強く。この相手なら重賞でも。
5 トウケイタイガー かきつばた記 1着 交流重賞勝ち評価もこの条件となると... - -
4 6 チャーリーブレイヴ アハルテケS 1着 中京ダ1400m勝ちあるもベストは東京で... - -
7 マヤノオントロジー パールOP 1着 中央準OPで頭打ちだった馬。ここでは。 - -
5 8 カフジテイク フェブラリー 3着 実績は評価も去年の7着が気になり。 -
9 ナンチンノン 千葉S 1着 良績1200mに集中。1400mは長いか。 -
6 10 レヴァンテライオン 函館2歳S 1着 ダートよりも凡走続きの現状が気になって... - -
11 ウォータールルド 天保山S 2着 一時期ほどの勢いなく。重賞では厳しい。 - -
7 12 キングズガード 黒船賞 2着 去年の3着馬。展開嵌まれば今年も。 -
13 イーデンホール 栗東S 3着 強敵相手に好走評価もここでは展開が鍵。 -
8 14 ブライトライン みやこS 1着 8歳馬だがまだやれる。展開次第で。 -
15 キクノストーム カペラS 1着 去年は9着。たまに一発ある馬だが... -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第22回プロキオンステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第22回プロキオンステークスの展望と予想とヨタ話

ここで賞金上積みして南部杯・JBCスプリントへ。

GI馬を多数輩出している重賞・第22回プロキオンS。

という訳で、このプロキオンステークス。秋までそれなりに間隔が開いていたり、阪神で行われていた頃ならともかく中京のダ1400mという微妙な条件で行われることもあって、 少々立ち位置が中途半端な感じがする一戦だったりするのだが...それでもここ数年ベストウォーリア・コーリンベリーといったJpnI馬を輩出しており、軽く扱えないのがこのプロキオンステークス。

で、そんなプロキオンステークス。今年は短距離〜マイル路線の有力所がさきたま杯・北海道SCに出走したり、去年の勝ち馬ノボバカラがここではなく函館SSに向かったりしたこともあって、 GI・重賞で好走しているような実績馬はカフジテイク・キングズガードぐらいしか出て来なかったりするが...まぁ、OP・準OP好走馬が充実していますからねぇ。出走馬のレベルは結構高めだったりするんじゃないかと。

ただ...そこまで抜けた馬がいなかったりするんでねぇ。予想はかなり難解。実績を考えれば、フェブラリーS3着・チャンピオンズC4着といったGI好走に加え、 根岸S勝ちがあるカフジテイクなんだろうけど...去年このレースで7着に破れていることを考えると、そこまで強く推せないのがなぁ。ここは展開が鍵だが、去年の3着を評価してキングズガード、 前走の欅SではフェブラリーS・根岸Sで好走したエイシンバッケン相手に2着を確保したアキトクレッセントを優先させてもいいんじゃないかと。 で、これに続く形でカフジテイク、そして末脚は評価できるイーデンホール、楽に行ければ前残りありそうなベストマッチョ辺りで勝負といった感じでしょうか。

<第22回プロキオンステークス予想>
◎キングズガード
○ベストマッチョ
▲アキトクレッセント
△カフジテイク
△イーデンホール

あと、ブライトライン・メイショウウタゲ辺りも気になるところ。


結果

1着キングズガード
2着カフジテイク
3着ブライトライン
4着ゴーインググレート
5着メイショウウタゲ

タイム:1分22秒9 3F:36.9秒
キングズガード 牡6歳
騎手:藤岡佑介 厩舎:栗東・寺島厩舎
単勝:12番700円
複勝:12番170円、8番140円、14番260円
枠連:5-7 440円 馬連:8-12 830円
馬単:12-8 2010円
3連複:8-12-14 2810円
3連単:12-8-14 15380円
ワイド:8-12 340円
    12-14 770円 8-14 650円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。うーん、でもちょい安めかな。
 この人気ならもう少しついてもいい気がするんだが...

 でもって、プロキオンステークスの結果。何かとごちゃごちゃした競馬になったが、終わってみればそれなりの人気所で順当に決着。 道中、後方で待機していたキングズガード・カフジテイクが直線一気で進出し、好位追走から抜け出したゴーインググレートや、中団追走から一足先に動いたブライトラインらをまとめて交わし、それぞれ1・2着を確保。

 という訳で、勝ったのはキングズガード。比較的外目の枠だったが道中は最内をロスなく回り、直線でも内から進出。途中ゴチャつく場面もあったが、進路を確保するとそこから抜群の伸びをみせ、そのまま先頭へ。 外を回ったカフジテイクもそれなりには差を詰めてきたのだが、やはり内をロスなく立ち回った貯金があったのか、最後まで勢いは衰えることなく、先頭をキープしたままゴールへ。 ただ...今回はこんな感じでいい塩梅に展開が嵌まって勝てた感は否めないだけにねぇ。2着に2馬身の差はつけているが、他でもこれだけの走りかできるかと言われるとちょっと微妙かもしれませんな。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。