今週のメインdeパツイチ2017
第19回ジャパンダートダービー出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第19回 ジャパンダートダービー 大井・ダ2000m  3歳オープン(JpnI) 2017年7月12日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サヴァアルジャン 東京湾カップ 4着 重賞の成績物足りず。この条件では厳しい。 - -
2 2 ローズプリンスダム 鳳雛S 1着 前走は展開嵌まった感有。ちと辛いか。 -
3 3 タガノディグオ 兵庫CS 1着 展開が鍵も前走のような競馬できれば。
4 ヒガシウィルウィン 東京ダービー 1着 前走評価も交流重賞では少し足りなくて。 -
4 5 キャッスルクラウン 平和賞 2着 地元で嵌まって馬券に絡む程度。JpnIでは。 - -
6 キャプテンキング 羽田盃 1着 中央でも好走ある馬。展開嵌まれば一発も。 -
5 7 シゲルコング 全日本2歳 2着 大敗続く。一変は望めそうになくて。 - -
8 サンライズソア ユニコーンS 3着 前走差のある3着。ここも3着までか。 -
6 9 サンタンパ 東海ダービー 2着 東海ダービー2着で決着済?JpnIでは。 - -
10 リゾネーター 伏竜S 1着 前走の負け方気になるも巻き返しあれば。
7 11 ブラウンレガート 東京ダービー 3着 ワンパンチ足りない。ここでは入着まで。 - -
12 サンライズノヴァ ユニコーンS 1着 前走ぐらいはやれる馬。ここでも上位争い可能。
8 13 サザンオールスター 新緑賞 1着 地元重賞で勝ち切れず。交流重賞では... - -
14 ノーブルサターン 兵庫CS 2着 やや一本調子気味。嵌まれば怖いが... -

以上登録14頭(出走馬、五十音順)
※念の為、第19回ジャパンダートダービー枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第19回ジャパンダートダービーの展望と予想とヨタ話

すっかり夏競馬モードですが、まだJpnIが残ってますよ。

3歳ダート路線の頂点を決める一戦、第19回JDダービー。

という訳で、このジャパンダートダービー。3歳ダート路線の頂点を決める一戦だったりするのだが...前哨戦のユニコーンSでリエノテソーロ、兵庫チャンピオンシップでリゾネーターがあっさり負けてしまったり、 ヒヤシンスSでエピカリスに迫ったアディラートが古馬が相手だったとはいえ自己条件を勝ち切れず立て続けに2着連発するなど、ここに来て有力馬の動向が怪しくなりつつあるんでねぇ。 このジャパンダートダービーもちょっと波乱はあったりするんじゃないかと。

で、そんな今回のジャパンダートダービー。とりあえず、ある程度の実績はないと通用しないことは確かなんで、ある程度絞れることは絞れるのだが...問題はその先。絞った馬をどう順序付けするか、そこが難しいところ。 とりあえず、ユニコーンSの快勝を評価してサンライズノヴァで勝負してみますが...東京のような時計が出るダートじゃないと走らない馬だったりする可能性もあったりするんでねぇ。伏竜Sの快勝を再評価してリゾネーターや、 そのリゾネーターを兵庫CSで下したタガノディグオを軸にするのもアリなんじゃないかと。まぁ、この辺りはオッズと相談といった感じかな。

<第19回ジャパンダートダービー予想>
◎サンライズノヴァ
○キャプテンキング
▲リゾネーター
△タガノディグオ
△サンライズソア
△ローズプリンスダム

あと、地元のキャプテンキングにもチャンスはありそうで...


結果

1着ヒガシウィルウィン
2着サンライズソア
3着タガノディグオ
4着リゾネーター
5着ノーブルサターン

タイム:2分05秒8 3F:38.6秒
ヒガシウィルウィン 牡3歳
騎手:本田正重 厩舎:船橋・佐藤賢二厩舎
単勝:4番1020円
複勝:4番250円、8番200円、3番150円
枠連:3-5 940円 馬連:4-8 3080円
枠単:3-5 1770円 馬単:4-8 7500円
3連複:3-4-8 3050円
3連単:4-8-3 28450円
ワイド:4-8 790円
    3-4 520円 3-8 460円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。この組み合わせはちょっとなぁ。
 「ヒモなら」といった感じの馬同士で決着してしまっては...

 まぁ、それはそれとして。ジャパンダートダービーの結果。何というか...今の3歳ダート路線を象徴するような結果になってしまいましたな。 極端な波乱にはならなかったが、期待されていたサンライズノヴァやタガノディグオ、リゾネーターがイマイチで、 交流重賞でリエノテソーロに完敗していたヒガシウィルウィンや、ユニコーンSで3着に破れていたサンライズソアの逆転を許してしまう形に。

 ただ、レース自体はそれほど波乱はナシ。 ノーブルサターンが逃げ、これを中央勢の有力馬とヒガシウィルウィンが追う展開。 で、これらの馬が勝負所でノーブルサターンを交わし、直線での追い比べで決着をつける展開となったのだが...ねぇ。肝心の馬は伸びず、 結局、ヒガシウィルウィンと内からするする抜けてきたサンライズソアが1・2着を確保する結果に。

 そんなこんながあったりしたが、とりあえず勝ったのはヒガシウィルウィン...なんだけど、今回は中央勢がイマイチだったから勝てた感があるのがねぇ。 サンライズノヴァもリゾネーターも時計を要す重めのダートに苦しめられた感じだし。まぁ、2着のサンライズソアぐらいの能力はありそうなんで、 展開や相手次第では交流重賞でも上位争いはできそうだが、それ以上となると...どうなんでしょうか。まぁ、3歳だし、ここからさらに成長する可能性もあるんで、 とりあえずしばらく様子見して判断するのが正解かな。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。