今週のメインdeパツイチ2017
第65回中京記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第65回 中京記念 中京・芝1600m  3歳上オープン(GIII) 2017年7月23日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 レッドレイヴン 新潟大賞典 3着 久々の前走が負けすぎ。しばらく様子見。 - -
2 ケントオー 中京記念 3着 去年の3着馬。今年も去年並みには。 -
2 3 ウインガニオン パラダイスS 1着 自分の形に持ち込めれば強いが重賞だと? -
4 ピンポン アハルテケS 2着 前2走の末脚悪くなく。53kgなら一発も。 -
3 5 ピークトラム 中京記念 2着 去年の2着馬だがその後の成績今一つで。 - -
6 グランシルク NZトロフィー 2着 能力は通用も展開が鍵。嵌まればいいが...
4 7 ワンアンドオンリー 日本ダービー 1着 スランプから抜け出せず。ここでも一変は... - -
8 アスカビレン 府中牝馬S 4着 この相手なら多少は。3着なら可能性も。
5 9 スーサンジョイ ポラリスS 1着 芝よりもマイルの方が気になり。ちと辛いか。 -
10 ダノンリバティ 関屋記念 2着 去年は5着。重賞ではちょっと足りないか。 - -
6 11 マイネルアウラート 東京新聞杯 3着 去年はビリ。近走好走続けるが過信は。 -
12 トウショウピスト 安土城S 2着 マイルはさすがに長く。重賞も微妙で... - -
7 13 ムーンクレスト スワンS 5着 前2走の負け方が問題。重賞では苦しい。 - -
14 グァンチャーレ シンザン記念 1着 一押し足りないが上位確保はあっていい。 -
8 15 ブラックムーン 米子S 1着 OP番長の可能性あるが前走の快勝は評価。
16 サンライズメジャー 京王杯SC 2着 今年の成績今一つ。相手関係楽になるが... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第65回中京記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第65回中京記念の展望と予想とヨタ話

他のサマーシリーズと比べると地味ですが...

サマーマイルシリーズ開幕戦、第65回中京記念。

という訳で、この中京記念。前述しているように、サマーマイルシリーズの開幕戦...なのだが、そのサマーシリーズがシリーズ全体で3戦しかない上に、 中京記念・京成杯AHが結構クセのあるハンデ戦ということもあって、他のサマーシリーズほどの盛り上がりはナシ。まぁ、中京記念単体でみると、 前述しているように結構クセのあるハンデ戦ということもあって波乱も多く、馬券的には面白い一戦だったりはするんだが...

まぁ、それはそれとして今回の中京記念。傑出馬不在で混戦模様だが、重賞やOP好走馬がそれなりに揃っていたりするんで、 そこまで極端な波乱にはならないんじゃないかと。で、予想もその手の馬を拾っていく感じで、OPの走り評価できるブラックムーン・グァンチャーレ・アスカビレン、 詰めは甘いが重賞好走は評価できるグランシルク・マイネルアウラートで勝負といったところでしょうか。

<第65回中京記念予想>
◎ブラックムーン
○ピンポン
▲グランシルク
△グァンチャーレ
△アスカビレン
△マイネルアウラート

あと、ダートでの好走目立つが、芝もそれなりに走る

ピンポン・スーサンジョイ辺りで一発狙うのもアリかも。


結果

1着ウインガニオン
2着グランシルク
3着ブラックムーン
4着アスカビレン
5着ダノンリバティ

タイム:1分33秒2 3F:34.8秒
ウインガニオン 牡5歳
騎手:津村明秀 厩舎:栗東・西園厩舎
単勝:3番900円
複勝:3番280円、6番170円、15番170円
枠連:2-3 1690円 馬連:3-6 2640円
馬単:3-6 5480円
3連複:3-6-15 3590円
3連単:3-6-15 22780円
ワイド:3-6 920円
    3-15 1180円 6-15 460円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。まぁ、とりあえず拾ってはいるんだが...
 印が△○◎と逆順になっているのはちょっとなぁ。

 まぁ、それはそれとして。中京記念の結果。何かと荒れることが多いのがこの中京記念なのだが、今年は比較的無難な結果に。 1着に5番人気のウインガニオンが入ったもんで多少高めの配当にはなったが、2・3着は2番人気→1番人気で決着し、 3連単が万馬券になった程度でそこまで波乱にはならず。

 レース自体は、トウショウピストを先に行かせ2番手から競馬したウインガニオンが、 直線で荒れ出した内を嫌って外に持ち出す他の馬を尻目に最内を突いて一気に突き抜け、そのままゴールへ。 2着はウインガニオンと同じような形で最内を突いて進出してきたブラックムーンと外から伸びてきたグランシルクの争いとなったが、 こっちは外のグランシルクに軍配が上がり、2着グランシルク、3着ブラックムーンという結果に。

 そんなこんながあったが、とりあえず勝ったのはウインガニオン。2着に2・1/2馬身の差をつけ快勝といった結果ではあったが... 「最内を回ったのがバッチリ嵌まっただけ」といったレース内容だっただけにねぇ。過信は禁物なんじゃないかと。 どちらかというと、こういう展開にも関わらず、外から突っ込んできたグランシルクの方が評価できるんじゃないかと...


競馬鹿トップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。