今週のメインdeパツイチ2017
第65回クイーンステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第65回 クイーンステークス 札幌・芝1800m  3歳上牝オープン(GIII) 2017年7月30日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 トーセンビクトリー 中山牝馬S 1着 前2走が物足りず。一変あればいいが... - -
2 2 アエロリット NHKマイルC 1着 GI勝ち馬が52kgで出走。ここは順当? -
3 3 シャルール クイーンS 2着 去年の2着馬だがそれ以降の成績が... -
4 4 クインズミラーグロ マーメイドS 2着 重賞で好走続ける。ただ今回相手が... - -
5 ハツガツオ マーメイドS 6着 前走健闘するも今回55kgだしさすがに... - -
5 6 マキシマムドパリ マーメイドS 1着 牝馬相手なら簡単に崩れぬ。ここも上位に。
7 ヤマカツグレース フローラS 2着 前々走を再評価。51kgなら展開次第で。 -
6 8 クロコスミア ローズS 2着 重賞好走ある馬。格上挑戦だが勝ち負けに。
9 ラインハート 京阪杯 5着 2桁着順続く。条件変えるも一変は... - -
7 10 パールコード 秋華賞 2着 GI好走素直に評価。あとは仕上がり次第。
11 ノットフォーマル フェアリーS 1着 復調した様子。重賞でも出番あっていい。 -
8 12 アドマイヤリード ヴィクトリア 1着 GI勝ちの実績評価も仕掛け所が鍵で。 -
13 エテルナミノル 阪神牝馬S 5着 重賞でも好走あるが若干格下感あって。 - -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第65回クイーンステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第65回クイーンステークスの展望と予想とヨタ話

夏の札幌開催、一発目の重賞はこれ。

牝馬限定の重賞、第65回クイーンステークス。

という訳で、このクイーンステークス。古馬はエリザベス女王杯、3歳馬は秋華賞といった秋の牝馬GIを見据えた一戦になるのだが... 条件的に中途半端なのか、メンバーがそこまで揃わないことも多々あるのがこのクイーンステークス。

ただ...今年は一体何なんでしょうかねぇ。頭数自体は13頭とゲートを埋めるまでには至らなかったが、ヴィクトリアマイル勝ちのアドマイヤリード、NHKマイルカップ勝ちのアエロリットを筆頭に、 秋華賞2着のパールコードや、中山牝馬S勝ちのトーセンビクトリー、マーメイドS勝ちのマキシマムドパリといった実績馬が揃い、かなりレベル高めな一戦に。

そんなこんなで、今回のクイーンステークス。ここはもうGI勝ちあるアエロリット・アドマイヤリードでいいんじゃないでしょうか。 ただ、アドマイヤリードは札幌で差し切れるか微妙なところもあったりするんで...ねぇ。ここはアエロリットを軸にして、アドマイヤリードをおさえつつ、 GI好走の実績を評価してパールコード、1000万下特別勝ち上がり直後だが、過去にはローズS2着など重賞実績もそれなりにあるクロコスミア、 今回少し条件厳しめだがマーメイドS・愛知杯勝ち評価できるマキシマムドパリで勝負する感じでどうでしょうかねぇ。

<第65回クイーンステークス予想>
◎アエロリット
○ノットフォーマル
▲パールコード
△クロコスミア
△マキシマムドパリ
△アドマイヤリード

あと、いい頃の走り戻ってきたノットフォーマルもアリかな。


結果

1着アエロリット
2着トーセンビクトリー
3着クインズミラーグロ
4着クロコスミア
5着エテルナミノル

タイム:1分45秒7 3F:35.5秒
アエロリット 牝3歳
騎手:横山典弘 厩舎:美浦・菊沢厩舎
単勝:2番320円
複勝:2番160円、1番390円、5番390円
枠連:1-2 2180円 馬連:1-2 2210円
馬単:2-1 3160円
3連複:1-2-4 6150円
3連単:2-1-4 29800円
ワイド:1-2 880円
    2-4 900円 1-4 1840円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。アエロリットは来たんだが...
 2・3着がなぁ。トーセンビクトリーとクインズミラーグロですか。

 まぁ、それはそれとして。クイーンステークスの結果。何というか...もうアエロリットの独壇場でしたな。 積極的に行く馬が他にいなかったこともあってか、後続を引き離して逃げるという思い切った策に出たアエロリットがそのまま逃げ切ってしまいました。 直線では中団から競馬したトーセンビクトリー・クインズミラーグロも一応差は詰めているのだが...アエロリットには全く及びませんでした。

 そんなこんなで、勝ったのはアエロリット。GIを勝っているが、3歳馬ということで52kgとかなり有利な斤量だったし、 前述しているように、思い切った逃げがバッチリ嵌まったのは確かだが、ここまでアッサリ勝ってしまうとはねぇ。やはり、牡馬相手にGIを勝った能力は伊達じゃなかった、そんなところでしょうか。 あと、距離延長も大丈夫だったようで、今回のクイーンS、アエロリットにとっては結構収穫が多かった勝利だったんじゃないかと。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。