今週のメインdeパツイチ2017
第9回レパードステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第9回 レパードステークス 新潟・ダ1800m  3歳上オープン(GIII) 2017年8月6日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 タガノグルナ 500万下 1着 ダートで楽勝。相手強化のここでも。
2 2 ローズプリンスダム 鳳雛S 1着 前走が物足りず。展開嵌まらないと... - -
3 イブキ 新潟2歳S 3着 ダートよりも成績不安定なのが気がかりで。 -
3 4 タガノカトレア ユニコーンS 5着 ユニコーンSまずまず。ただ距離延長は... - -
5 エピカリス UAEダービー 2着 能力は評価も一頓挫あったのが気になり。 -
4 6 スターストラック 檜山特別 1着 1000万下勝ち評価も嵌まった感あって。 - -
7 トラネコ 500万下 1着 嵌まればそれなりの末脚使うが重賞では... - -
5 8 シゲルコング 全日本2歳 2着 今年の成績散々。一変は望めないか。 - -
9 サルサディオーネ 牝500万下 1着 平凡。今回同型馬もいるし厳しいか。 - -
6 10 テイエムアンムート 500万下 1着 末脚は悪くなく。ただ重賞ではちと苦しく。 -
11 ブライトンロック 500万下 1着 たまに一発あるが重賞ではさすがに。 - -
7 12 ハルクンノテソーロ ユニコーンS 2着 前走ぐらいはやれる馬。ここも展開次第で。
13 ノーブルサターン 兵庫CS 2着 展開が鍵。流れに乗れれば上位あるが... -
8 14 テンザワールド 濃尾特別 1着 前走それなりの古馬相手に快勝。侮れぬ。
15 タガノディグオ JDダービー 3着 前2走評価。ここも展開次第で上位に。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第9回レパードステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第9回レパードステークスの展望と予想とヨタ話

秋のダートGI目指し、3歳の有力馬が多数参戦。

3歳ダート重賞、第9回レパードステークス。

という訳で、このレパードステークス。こういう時期の重賞ではあるが、貴重な3歳限定の重賞ということもあって有力馬が多数参戦してくるのがこのレパードステークス。 まぁ、ここで賞金を上積みして準OP以上のクラスに出られるようにしないと秋のGIどころじゃなくなってしまうんで...こういう時期であっても出ざるを得なかったとかそういう理由もあったりしますが。

まぁ、それはともかく。今回のレパードステークス。ヒヤシンスS2着馬でドバイにも遠征したアディラートですら抽選で除外になってしまうくらい、メンバーが揃ったのが今回のレパードステークス。 全日本2歳優駿馬リエノテソーロやJDダービー2着のサンライズソア、ユニコーンS勝ちのサンライズノヴァがいなかったりするんで、3歳ダート路線の有力馬が勢揃いという形にはならなかったが、 それでも遠征帰りのヒヤシンスS馬エピカリスを筆頭に、兵庫チャンピオンシップを勝ち、JDダービーでも3着に入ったタガノディグオ、ユニコーンS2着のハルクンノテソーロといった濃いメンバーがこのレパードステークスに参戦。

と、まぁ、そんな感じだったりするんで、予想はこれらの馬から...といきたいところだが、兵庫チャンピオンシップ辺りから3歳ダート路線の力関係がかなり怪しくなっているんでねぇ。 JDダートダービーやユニコーンS、最近の条件戦などは信用していいのかもしれないが、それ以前の成績はあまり過信しない方がいいんじゃないかと。 という訳で、今回はJDダービー3着のタガノディグオとユニコーンS2着のハルクンノテソーロで勝負してみましょうか。

<第9回レパードステークス予想>
◎タガノディグオ
○テンザワールド
▲ハルクンノテソーロ
△エピカリス
△タガノグルナ

エピカリスは...どうなんでしょうかねぇ?一応、おさえておくが...


結果

1着ローズプリンスダム
2着サルサディオーネ
3着エピカリス
4着ブライトンロック
5着ノーブルサターン

タイム:1分52秒9 3F:38.4秒
ローズプリンスダム 牡3歳
騎手:木幡巧也 厩舎:美浦・畠山厩舎
単勝:2番6630円
複勝:2番810円、9番1230円、5番110円
枠連:2-5 22160円 馬連:2-9 95320円
馬単:2-9 251840円
3連複:2-5-9 42750円
3連単:2-9-5 807250円
ワイド:2-9 17360円
    2-5 1320円 5-9 2060円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。エピカリス薄めにしたのは正解だったが...
 だからといって、この1・2着はちょっと狙い辛いッス。

 でもって、レパードステークスの結果。スタートでテイエムアンムートがゲートを出ないというアクシデントがあったりしたが、レース自体は平穏。 先行馬がそれなりに揃っていたが、そこまで激しいハナ争いにはならず、サルサディオーネ・タガノカトレア・タガノグルナが先手を取って終了。 そんなこともあってか、道中ペースはあまり上がらず。

 ただ...エピカリスにとっては、どうやらこの流れが悪い方にハマってしまったようで。好位追走という位置取り悪くなかったのだが、 前や隣にいた馬がバテず、馬群がバラけなかったこともあって、直線ではこれらの馬を捌けず馬群に包まれたまま。 結局、これが堪えて、前で競馬していたローズプリンスダム・サルサディオーネらを捕らえることができず3着でフィニッシュ。

 まぁ、そんなこんながあったが、勝ったのはローズプリンスダム。11番人気という低評価だったが、鳳雛Sでは後のユニコーンS馬サンライズノヴァを破っている馬だし、 嵌まればこれ位はやれても不思議ではないんじゃないかと。とはいえ、今回は展開が嵌まった感は否めないだけに、これで「ダート路線の主役に躍り出た」と判断するのは早計なんじゃないかと。

 あと、負けた1番人気のエピカリス。今回は直線で馬群に包まれたのが主な敗因なだけに、あまり気にしなくていいのかもしれないが... 最後、外から伸びてきたブライトンロックに迫られてしまったのはちょっとねぇ。能力があるのは確かなんだけど、そこまで傑出した馬ではないのかもしれませんな。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。