今週のメインdeパツイチ2017
第53回小倉記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第53回 小倉記念 小倉・芝2000m  3歳上オープン(GIII) 2017年8月6日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 スピリッツミノル すみれS 1着 前2走多少走ったがやはり入着が精一杯で。 -
2 2 タツゴウゲキ 垂水S 3着 七夕賞まずまずも重賞では力不足っぽく。 -
3 3 ヴォージュ ジューンS 1着 手頃な条件。ただ、馬場渋るとちと辛いか。 -
4 4 カフジプリンス ダイヤモンド 3着 重賞で好走ある馬だが距離ちと短くて。 - -
5 フェルメッツァ アーリントン 3着 この条件ならそれなりに。展開嵌まれば。
5 6 ベルーフ 京成杯 1着 去年の2着馬。ただ近走凡走が続いて... - -
7 フェイマスエンド カシオペアS 4着 前走が負けすぎ。一変は望み薄っぽく... - -
6 8 サンマルティン むらさき賞 1着 条件戦の走り評価も時計要す馬場になると... -
9 シャドウパーティー 中山金杯 4着 前走が案外。一叩きされて変わればいいが。 - -
7 10 ストロングタイタン 小倉大賞典 5着 重賞成績ちと物足りないがこの相手なら。 -
11 ケイティープライド 函館記念 2着 着順は今一つだが差は小差。展開次第で。
8 12 クランモンタナ 小倉記念 1着 去年の勝ち馬だがフロック感あるだけに。 -
13 バンドワゴン きさらぎ賞 2着 前走物足りず。斤量軽くなるが一変は... -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第53回小倉記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第53回小倉記念の展望と予想とヨタ話

サマー2000シリーズの折り返し地点となる一戦だが...

まだシリーズの行方は分からず。第53回小倉記念。

という訳で、この小倉記念。前述しているように、サマー2000シリーズの第三戦。ちょうど真ん中にあたる一戦ということもあり、 この辺りでシリーズの行方がぼちぼち見えてきていい頃だったりするのだが...七夕賞や函館記念からこれといった馬が出て来なかったもんで、 そういう方面の進展はあまり見込めそうにない状態に。それどころか、ここで新たな勢力が誕生する可能性も十分あるだけにねぇ。 サマー2000シリーズ、最終戦の新潟記念まで決着がつかないんじゃないかと...

まぁ、それはそれとして。小倉記念の予想を。前述しているように、七夕賞・函館記念上位馬がほとんど出て来ず、 やや掴み所のないメンバー構成になってしまったが...準OPをなかなかの内容で勝ち上がった馬がそれなりに揃っているんでねぇ。 ここはその辺りで勝負するのが正解なんじゃないかと。七夕賞は時計を要す馬場が堪えたのか9着とパッとしない結果だったが、 前々走ぐらい走れば巻き返しありそうなヴォージュとか、たまに崩れるのが難点だがうまく流れに乗れれば重賞でも通用してよさそうなサンマルティン、 重賞成績ちと物足りないが、小倉3勝の実績や準OPをあっさり勝ったのは評価できるストロングタイタンとかさ。

<第53回小倉記念予想>
◎ヴォージュ
○ケイティープライド
▲サンマルティン
△ストロングタイタン
△フェルメッツァ

ただ、週末の天気が読めないのがなぁ。重馬場だとこの通りには...


結果

1着タツゴウゲキ
2着サンマルティン
3着フェルメッツァ
4着ベルーフ
5着カフジプリンス

タイム:1分57秒6 3F:35.9秒
タツゴウゲキ 牡5歳
騎手:秋山真一郎 厩舎:栗東・鮫島厩舎
単勝:2番710円
複勝:2番260円、8番200円、5番300円
枠連:2-6 1730円 馬連:2-8 1910円
馬単:2-8 3850円
3連複:2-5-8 6820円
3連単:2-8-5 30410円
ワイド:2-8 830円
    2-5 1200円 5-8 1130円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、微妙なところですな。
 一応、タツゴウゲキにも印は打っているんだが、ちょっとねぇ...

 でもって、小倉記念の結果。そこまでハナにこだわる馬はいなかったのだが、バンドワゴンやヴォージュが結構積極的に出て行ったもんで、 前半1000m通過は0:58.3とそこそこのペースに。ただ、比較的時計の出る今の小倉では、この程度のペースでは前に行った馬は止まらないようで、 終わってみれば比較的前で競馬していた馬が上位を占める結果に。

 そんな中、勝ったタツゴウゲキ。直線入った段階では好位から競馬したサンマルティンがそのまま後続を突き放し快勝しそうな勢いだったが、 内をロスなく回った分のアドバンテージがあったのか、タツゴウゲキ、サンマルティンとの差をじわじわ詰め、ゴール手前で並びかけ、クビの上げ下げでこれを退け1着に。 まぁ、前述したような立ち回りのうまさや、52kgという軽ハンデがあって勝てた感は否めないが、とりあえず重賞で結果を残せたのは評価していいんじゃないかと。 ただ、次からは条件が厳しくなるんで...今回みたいにうまくいくかどうかは微妙なところだったりしますが。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。