今週のメインdeパツイチ2017
第22回エルムステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第22回 エルムステークス 札幌・ダ1700m  3歳上オープン(GIII) 2017年8月13日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 コスモカナディアン 川崎記念 3着 今回相手ちと揃う。ここでは3着までか。 - -
2 2 ロンドンタウン 佐賀記念 1着 前走の大敗気になるも重賞実績は評価。 -
3 3 ドリームキラリ ポルックスS 1着 とにかく展開が鍵。うまく嵌まればいいが。 -
4 テイエムジンソク マリーンS 1着 前2走楽勝。この勢いなら重賞でも。 -
4 5 オヤコダカ 兵庫ジュニア 2着 交流重賞でも好走ある馬。軽視は禁物。 -
6 リッカルド エルムS 1着 去年の勝ち馬だがその頃の勢いなくて... - -
5 7 タマモホルン 浦和記念 5着 浦和記念で決着済。重賞では厳しい。 - -
8 ラインハート 北九州短距離 1着 ダート実績は一応あるが近走負けすぎで。 - -
6 9 ピオネロ シリウスS 2着 重賞で勝ち切れないが手堅さは評価。
10 モンドクラッセ 東海S 2着 去年の3着馬。前々走ぐらい走れば。
7 11 クリノスターオー アンタレスS 1着 平安Sの大敗から立ち直る。ここなら。 -
12 リーゼントロック アンタレスS 4着 流れに乗れればそこそこは来る。3着なら。 -
8 13 メイショウスミトモ ラジオ日本賞 1着 重賞では入着も厳しく。ここでは... - -
14 ショウナンアポロン マーチS 1着 嵌まれば怖いが同型馬いるのが気がかり。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第22回エルムステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第22回エルムステークスの展望と予想とヨタ話

秋のGIに向け賞金を上積みしておきたいところだが...

最近は思惑通りにいかないことも多いようで。第22回エルムS。

という訳で、このエルムステークス。ここで賞金を上積みしてGI戦線に加わりたい新興勢力や重賞好走止まりで賞金が足りない実績馬が多数出走してくるのがこのエルムステークス。 ただ、最近はそういう思惑通りにはいかず、少々荒れる傾向が強くなっているのが気になるところ。さて、今年はどうなんでしょうか。

と、まぁ、そんな感じのこのエルムステークス。とりあえず、重賞やOP好走馬が揃っているんで...無難に勝負するならこの辺りでいいんじゃないかと。 マリーンS・大沼Sと楽勝したテイエムジンソクとか、重賞での好走光るピオネロ・ロンドンタウン、近走大敗しているのが気になるところだが、 重賞で強敵相手に好走経験あるモンドクラッセ・クリノスターオーとかさ。

ただ、前述しているように、最近は少々荒れる傾向があるんで、大駆けタイプの馬を何頭かピックアップして高めを狙ってみるのもアリでしょう。 同型馬の出方次第だが、自分の競馬が出来れば一発あるショウナンアポロン・ドリームキラリ、道営の成績だけではなく交流重賞でも好走あるオヤコダカ辺りとか悪くはないと思うが...

<第22回エルムステークス予想>
◎テイエムジンソク
○ショウナンアポロン
▲ピオネロ
△モンドクラッセ
△クリノスターオー
△ロンドンタウン

あとは、オッズをみて取捨するといった感じでいいかな。


結果

1着ロンドンタウン
2着テイエムジンソク
3着ドリームキラリ
4着コスモカナディアン
5着ショウナンアポロン

タイム:1分40秒9(R) 3F:35.9秒
ロンドンタウン 牡歳4
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・牧田厩舎
単勝:2番1220円
複勝:2番250円、4番110円、3番550円
枠連:2-3 850円 馬連:2-4 850円
馬単:2-4 2900円
3連複:2-3-4 7760円
3連単:2-4-3 63650円
ワイド:2-4 410円
    2-3 3570円 3-4 1160円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ただ、少々安めだったかも。
 しかし、テイエムジンソクにここまで人気が集中するとは...

 まぁ、それはそれとして。エルムステークスの結果。ショウナンアポロンが最後方待機という競馬をしたこともあって、 ドリームキラリがすんなりハナへ。で、これを見る形で1番人気のテイエムジンソクが2番手を追走。あとは、 好位追走したテイエムジンソクが逃げたドリームキラリを交わし先頭へ...という流れになっても不思議ではなかったのだが、 直線での伸びがイマイチでそのドリームキラリを交わすのがやっと。結局、モタモタしているうちに、その後ろで競馬していたロンドンタウンにまとめて交わされてしまい終了。

 そんなこんなで、勝ったのはロンドンタウン。前走の大敗が気掛かりだったが、そこからきっちり立て直してこの結果に。 まぁ、ちゃんと走れば、佐賀記念を快勝していたり、中央の重賞でも上位に突っ込んできていたりしている馬だったりするんで、 こういう結果になるのは妥当なところだったりするんじゃないでしょうか。あと、負けたテイエムジンソクは...どうなんでしょうかねぇ。 とりあえず2着は確保したが、重賞ではこんなもんなのかもしれませんなぁ。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。