今週のメインdeパツイチ2017
第29回ブリーダーズゴールドカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第29回 ブリーダーズゴールドカップ 門別・ダ2000m  3歳上牝オープン(JpnIII) 2017年8月17日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 オージャイト ポプラ特別 1着 前走まずまずも格下感は否めなくて。 -
2 2 ジュンアイノキミ ブロッサムC 1着 重賞ではやや足りない様子。交流重賞では。 - -
3 3 ビービーバーレル フェアリーS 1着 去年は3着。嵌まれば今年もその位は。
4 4 スルターナ 天の川賞 1着 展開に左右される馬だが嵌まれば重賞でも。
5 5 クイーンマンボ 関東オークス 1着 3歳馬で55kgは気になるも前走快勝は評価。
6 6 ジュエルクイーン エーデル賞 2着 去年は4着。交流重賞は少し足りないかも。 -
7 バラブシュカ NクイーンC 2着 地元重賞好走止まりの馬。ここでは。 - -
7 8 タイニーダンサー 関東オークス 1着 成績頭打ち。ここも3着までっぽく。
9 ステファニーラン ブリーダーズ 5着 一昨年の5着で決着済み。この条件では。 - -
8 10 エメンタールベルン 長月特別 1着 後方をついてまわるだけ。ここでは出番なし。 - -
11 マイティティー 御陵S 1着 前3走の大敗が問題。一変は望み薄っぽく。 - -

以上登録11頭(出走馬、五十音順)
※念の為、第29回ブリーダーズゴールドカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第29回ブリーダーズゴールドカップの展望と予想とヨタ話

JBCレディスクラシックに向かう有力馬が多数参戦。

牝馬限定の交流重賞・第29回ブリーダーズゴールドカップ。

という訳で、このブリーダーズゴールドカップ。この辺りからJBCレディスクラシックに向け有力馬が始動し出すこともあって、 その有力馬の動向が気になるところだが...今年はちょっと遅めの始動なのか、そこまで牝馬路線で活躍しているような実績馬は出て来ず。

そんなこんなで、やや手薄な感じになっている今回のブリーダーズゴールドカップ。 この組み合わせなら地元のビービーバーレルやジュエルクイーンも出番ありあそうだが...やはり中央勢から入るのが無難なんじゃないでしょうか。 3歳馬にも関わらず55kを背負うことになったのは気になるところだが、関東オークスの圧勝とこの相手関係を考えれば克服できそうなクイーンマンボとかさ。

で、あとは無難に実績馬を。展開が鍵だが重賞で勝ち負けできるぐらいの能力は持っていそうなスルターナや、 去年の3着馬ビービーバーレル、勝ち切るのは厳しいがヒモならチャンスありそうなタイニーダンサーとか、そんな感じで。

<第29回ブリーダーズゴールドカップ予想>
◎クイーンマンボ
○スルターナ
▲ビービーバーレル
△タイニーダンサー

ただ、馬券的な妙味はあまりなさそうなのがなぁ...


結果

1着マイティティー
2着クイーンマンボ
3着オージャイト
4着スルターナ
5着ジュンアイノキミ

タイム:2分08秒4 3F:40.6秒
マイティティー 牝5歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・本田厩舎
単勝:11番2070円
複勝:11番460円、5番110円、1番180円
枠連:5-8 1290円 馬連:5-11 1680円
馬単:11-5 5470円
3連複:1-5-11 2560円
3連単:11-5-1 25460円
ワイド:5-11 750円
    1-11 1680円 1-5 270円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、マイティティーですか。
 クイーンマンボは来たが、そこが抜けていてはねぇ。

 でもって、ブリーダーズゴールドカップの結果。 ビービーバーレルを見る形で駒を進めたマイティティー、勝負所で失速したビービーバーレルを交わし先頭へ。 直線ではクイーンマンボ以下が迫ってきたが...並ばれるどころか逆にこれを突き放してしまい終了。で、マイティティー、そのまま押し切って1着に。

 そんなこんなで、勝ったのはマイティティー。前につけるものの早々にバテて大敗という結果が続いていただけに、イマイチ信用はできかなかったのだが...結果はこれですからねぇ。 まぁ、500万下にいたときも、大敗続きから一変して快勝していたりするんで...単にこういう馬だっただけなんでしょうな。嵌まれば走る、といった感じで。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。