今週のメインdeパツイチ2017
第2回紫苑ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第2回 紫苑ステークス 中山・芝2000m  3歳牝オープン(GIII) 2017年9月9日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フレスコパスト 500万下 4着 そこそこの末脚はあるが500万下止まりで.. - -
2 ブラックオニキス 札幌2歳S 2着 伸び悩む。オークスは多少健闘したが... - -
2 3 ライジングリーズン フェアリーS 1着 実績は評価も成績頭打ち気味で。 - -
4 ガジュマル 未勝利 1着 ジリ。重賞ではさすがに厳しそうで。 - -
3 5 ワラッチャウヨネ ミモザ賞 6着 500万下の成績物足りず。重賞では... - -
6 ジッパーレーン 500万下 3着 もう一押し欲しいところ。重賞だと... - -
4 7 ポールヴァンドル スイートピー 5着 中山の走り上々。この条件なら重賞でも。
8 ホウオウパフューム 寒竹賞 1着 重賞成績物足りず。成長あればいいが。 -
5 9 プリンセスルーラー カーネーショ 1着 前走は久々が堪えたか。もう少しやれる。 -
10 シンボリジュネス 未勝利 1着 末脚悪くないが展開の助けないと厳しい。 - -
6 11 カリビアンゴールド スイートピー 2着 この条件悪くなく。流れに乗れれば。 -
12 マナローラ デイジー賞 1着 オークスそこそこ健闘。ここなら多少は。
7 13 ミッシングリンク 雄国沼特別 1着 単騎逃げ注意。展開嵌まれば一発も。 -
14 ナムラムラサキ 500万下 1着 格下だが前2走の走りはまずまずで。 -
15 ルヴォワール ミモザ賞 1着 久々が鍵もまだ底見せていないだけに。 -
8 16 ディアドラ オークス 4着 GIでの好走素直に評価。ここは順当か? -
17 シーズララバイ フラワーC 2着 重賞2着は評価も上積みないと出番は... - -
18 サロニカ エルフィンS 1着 久々が気になり。春の勢いあればいいが。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第2回紫苑ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第2回紫苑ステークスの展望と予想とヨタ話

今週から中山・阪神開催スタート。

一発目は秋華賞TR・第2回紫苑ステークス。

でもって、この紫苑ステークス。前述しているように、秋華賞トライアル...なのだが、有力所はここではなくローズSで始動するもんで、トライアルとしてはちょっと微妙な一戦になりがち。 ただ、重賞に昇格した効果もあったのか、風向きは変わりつつあるようで。実際、去年このレースで2着に入ったヴィブロスが秋華賞を制していたりするしさ。

で、今年の紫苑ステークス。出走馬自体は相変わらずな感じで、春の二冠で上位争いしていたような馬は、ここにはあまり出てこず。 ただ、力をつけてきた新興勢力が結構揃っているんでねぇ。去年のヴィブロスみたいに秋華賞で活躍する馬も出てくる可能性も十分あるんじゃないかと。

でもって、そんな紫苑ステークスの予想。中心はディアドラでいいでしょう。桜花賞・オークスの好走だけではなく、自己条件をきっちり勝ち上がっているのは評価していいんじゃないかと。 あと、久々が鍵だがまだ底見せていないルヴォワールとか、良績多い中山で浮上しそうなポールヴァンドルもアリかな。あとは...500万下の勝ちっぷりが良かったマナローラ・ナムラムラサキをヒモで絡める感じで勝負してみましょうか。

<第2回紫苑ステークス予想>
◎ディアドラ
○プリンセスルーラー
▲ルヴォワール
△ポールヴァンドル
△マナローラ
△ナムラムラサキ

あと、前走は馬体重増が堪えた感あるプリンセスルーラー。

一度使って絞れれば一変あっていいじゃないかと。


結果

1着ディアドラ
2着カリビアンゴールド
3着ポールヴァンドル
4着ブラックオニキス
5着ライジングリーズン

タイム:1分59秒8 3F:34.3秒
ディアドラ 牝3歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・橋田厩舎
単勝:16番250円
複勝:16番120円、11番300円、7番210円
枠連:6-8 1090円 馬連:11-16 1470円
馬単:16-11 2270円
3連複:7-11-16 3110円
3連単:16-11-7 11870円
ワイド:11-16 660円
    7-16 440円 7-11 1170円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。ディアドラは来たんだけどねぇ。
 カリビアンゴールドが拾い切れてなくてアウト。

 まぁ、それはそれとして。紫苑ステークスの結果。外めの枠だったが他に行く馬がいなかったもんでミッシングリンクがすんなりハナへ。 で、これをひっくり返して行こうとする馬もいなかったもんで道中はミッシングリンクが淡々と逃げる展開に。そんなこともあって、前半1000m通過は1:01.3とペースは緩め。

 ただ、こういうペースを見越して各馬早め早めに動いたもんだから、前残りの競馬にはならず。3〜4コーナーにかけ大外を回ってマクってきたディアドラ、 好位追走から伸びてきたカリビアンゴールド、いい塩梅に馬群を捌いて抜けてきたポールヴァンドルらをまとめて交わして1着に。

 そんなこんなで、勝ったのはディアドラ。ハナ差の勝利だったが、スローペースや大外を回るロスを克服してこの結果なら上々でしょう。 馬体重が戻ったのも○だし、これは次につながる競馬になったんじゃないかと。この位やれるのであれば、ローズSの結果次第ではあるが、秋の主役になる可能性も結構あるんじゃないでしょうか。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。