今週のメインdeパツイチ2017
第71回セントライト記念出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第71回 セントライト記念 中山・芝2200m  3歳オープン(GII) 2017年9月18日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サンシロウ 燕特別 1着 パンチ不足。時計要す馬場じゃないと辛い。 - -
2 2 サトノクロニクル 京都新聞杯 2着 前走案外もこの相手ならそれなりに。 -
3 ブラックロード オパールC 1着 前走が物足りず。中央の重賞では苦しい。 - -
3 4 クリンチャー 皐月賞 4着 同型馬ちょっと多め。展開が鍵で。
5 ミッキースワロー 京都新聞杯 5着 前走は展開不向き。巻き返しあっていい。
4 6 サーレンブラント 青葉賞 5着 重賞ではちと足りない。展開嵌まらないと。 -
7 アルアイン 皐月賞 1着 皐月賞を再評価。中山なら巻き返しも。 -
5 8 ブラックギムレット 500万下 9着 それなりの末脚はある。前が止まれば... -
9 プラチナヴォイス スプリングS 3着 前2走が物足りず。条件楽にはなるが... - -
6 10 サンデームーティエ 稲城特別 1着 単騎逃げなら怖いが同型馬いるのが... -
11 インペリアルフィズ 出雲崎特別 2着 昇級戦まずまずも重賞では厳しいか。 -
7 12 ローリングタワー 知床特別 1着 そこそこ差は詰めるが重賞では厳しい。 - -
13 ストロングレヴィル 稲城特別 2着 展開嵌まっても重賞ではやや足りなくて。 - -
8 14 クレッシェンドラヴ 500万下 2着 詰め甘い。重賞ではもう少し切れないと... - -
15 スティッフェリオ 松前特別 3着 手堅く差は詰めるがどうも詰めが甘くて。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第71回セントライト記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第71回セントライト記念の展望と予想とヨタ話

今週は3日間開催。月曜にはこのレースが。

菊花賞トライアル、第71回セントライト記念。

でもって、このセントライト記念。菊花賞トライアルということで最後の一冠・菊花賞を目指す有力馬が多数出走してくるのだが... 3歳牝馬路線同様、牡馬路線も本番で結果を残すのは西のトライアルレース・神戸新聞杯組ばかり。まぁ、一昨年のキタサンブラックみたいなケースもあるんで、 全くダメという訳ではないが...ちょっと微妙な立ち位置だったりするのがこのセントライト記念。

で、今年のセントライト記念。皐月賞馬アルアインがいたりするが...他がちょっと微妙。夏場の条件戦を勝ち上がってきた「夏の上がり馬」がそれなりにいるんで、 そっちに期待するのもアリかもしれないが、実績が500万下勝ち止まりだったりとか1000万下で取りこぼしていたりとか、そんな感じの馬ばかりというのがちょっとアレ。 重賞では厳しいんじゃないかと...

と、まぁ、そんな感じだったりするんで、予想は素直にアルアインから。あとは、京都新聞杯の2着や、2着ではあったが水仙賞の走りは評価できるサトノクロニクル、 ちょっと展開が鍵だが京都新聞杯や自己条件でいい末脚使って上位確保しているのは評価できるミッキースワロー、ダービー大敗が気になるも自分のペースで競馬ができれば皐月賞4着ぐらいの走りはできそうなクリンチャーといった重賞好走馬を。

<第71回セントライト記念予想>
◎アルアイン
○ミッキースワロー
▲サトノクロニクル
△クリンチャー
△サーレンブラント

あと、サンデームーティエの単騎逃げも怖い感じ。


結果

1着ミッキースワロー
2着アルアイン
3着サトノクロニクル
4着スティッフェリオ
5着プラチナヴォイス

タイム:2分12秒7 3F:34.0秒
ミッキースワロー 牡3歳
騎手:横山典弘 厩舎:美浦・菊沢厩舎
単勝:5番610円
複勝:5番150円、7番110円、2番160円
枠連:3-4 340円 馬連:5-7 590円
馬単:5-7 590円
3連複:2-5-7 1150円
3連単:5-7-2 7230円
ワイド:5-7 240円
    2-5 700円 2-7 270円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。バッチリ来たんだけど...
 ここまで人気を集めるとはねぇ。うーん。

 まぁ、それはそれとして。セントライト記念の結果。前に行こうと思えば行ける馬が揃っていたが、どの馬もそこまで積極的に競馬する様子はなく、 結局、サンデームーティエがマイペースで逃げる展開に。で、前半1000m通過も1:01.8と遅め。

 そんな中、1番に気のアルアインはこういう流れを見越してか前をいつでも捕らえられるような好位を追走。 で、直線で逃げ・先行勢をじっくり料理して完勝...という競馬に持ち込もうとしたのだが、結果はこれですからね。 直線で悠々抜け出すところまではよかったのだが、アルアインをぴったりマークする形で追走していたミッキースワローに捕まってしまい2着まで。

 という訳で、勝ったのはミッキースワロー。前述しているように、道中はアルアインをぴったりマーク。で、直線でアルアインに襲いかかったのだが... あそこまで爆発力があるとは。レースのラスト1ハロン11.0秒も、抜け出したミッキースワローがほぼ叩き出したものだったりするし。 まぁ、今回はペースが緩く瞬発力勝負の競馬になったことや、終始アルアインをマークする形で楽に駒を進められたのが勝因だったりするんだろうけど、 それらを考慮しても、この末脚は評価に値するんじゃないかと。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。