今週のメインdeパツイチ2017
第68回毎日王冠出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第68回 毎日王冠 東京・芝1800m  3歳上オープン(GII) 2017年10月8日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ソウルスターリング オークス 1着 GI実績評価も勢い維持できているかは... -
2 2 マカヒキ 日本ダービー 1着 春の成績が少々物足りず。過信は禁物で。 -
3 3 ダイワキャグニー プリンシパル 1着 距離短縮で巻き返す余地有。軽視は禁物。 -
4 4 アストラエンブレム 新潟記念 2着 力つけている。展開嵌まればここでも。
5 5 ヒストリカル 毎日杯 1着 一時期ほどの末脚はなく。入着止まりか。 -
6 マッチレスヒーロー コーラルS 2着 芝よりもOPで勝ち切れていないのが問題。 - -
6 7 グレーターロンドン 安田記念 4着 勢いは本物だったか。この相手でも通用。
8 リアルスティール ドバイターフ 1着 実績評価も前走イマイチ。ここは様子見。 - -
7 9 ヤングマンパワー 富士S 1着 前走まずまず。好調時の勢い戻れば。 -
10 ワンアンドオンリー 日本ダービー 1着 前2走多少差は詰めるも、もう一変ないと... - -
8 11 ウインブライト スプリングS 1着 ダービーが負けすぎ。ここは一旦様子見。 - -
12 サトノアラジン 安田記念 1着 200m延長が鍵。少し甘くなる可能性も。

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第68回毎日王冠枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第68回毎日王冠の展望と予想とヨタ話

秋のGIに向け、有力馬続々始動。

天皇賞秋の前哨戦、第68回毎日王冠。

という訳で、この毎日王冠。天皇賞秋に向け有力馬がこのレースで多数始動することもあって、毎年ハイレベルな一戦になるのがこの毎日王冠。 今年は頭数こそ12頭と少なめだが、去年の日本ダービー馬マカヒキに、今年の安田記念馬サトノアラジン、そして今年のオークス馬ソウルスターリングといった一線級の馬が出走し、 レベル的には十分ハイレベルな一戦に。

ただ...これらの実績馬が順当に勝てるかといわれると、ちょっと微妙な感じだったりするのが実情。実際、マカヒキは今年春の成績が物足りなかったりするし、 サトノアラジンは安田記念こそ快勝したが、他のレースではイマイチだったりするし。あと、ソウルスターリングは秋を迎えて勢力図が一変した3歳牝馬クラシック路線のことを考えると...ねぇ。 春の実績をそのまま鵜呑みにできない現状があったりする訳ですし。

と、まぁ、そんな感じで、実績馬にやや隙がありそうな今回の毎日王冠。ここはグレーターロンドンで一発狙ってみてもいいんじゃないでしょうかねぇ。 OP勝利後に挑んだ安田記念でも僅差の4着だったことを考えれば、前述の実績馬に匹敵するだけの能力は持っている筈だしさ。 で、このグレーターロンドンを軸にして、前述の実績馬辺りに流す感じでいいんじゃないかと。

<第68回毎日王冠予想>
◎グレーターロンドン
○ダイワキャグニー
▲サトノアラジン
△ソウルスターリング
△アストラエンブレム
△マカヒキ

あと、距離短縮で一変しそうなダイワキャグニーもアリかな。


結果

1着リアルスティール
2着サトノアラジン
3着グレーターロンドン
4着ダイワキャグニー
5着ヤングマンパワー

タイム:1分45秒6 3F:33.5秒
リアルスティール 牡5歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:栗東・矢作厩舎
単勝:8番580円
複勝:8番200円、12番260円、7番210円
枠連:6-8 1180円 馬連:8-12 2340円
馬単:8-12 4300円
3連複:7-8-12 4670円
3連単:8-12-7 27280円
ワイド:8-12 730円
    7-8 590円 7-12 780円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、リアルスティールですか。
 実績的にはアリだが、このタイミングでは狙い辛いッス。

 でもって、毎日王冠の結果。先行馬が少なめだった上に、比較的いいスタートを決め前につけることになったダイワキャグニー・マッチレスヒーロー・ウインブライトがかなり押さえて控えたため、 押し出されるような形でソウルスターリングが逃げる展開に。で、こういう展開だったもんだから、ペースは上がらず、前半1000m通過は1:00.0とかなり緩めに。

 という訳で、今回の毎日王冠、典型的な「直線入ってよーいドン」の競馬に。直線では、最内で逃げ粘るソウルスターリングとダイワキャグニー、そして中団から上がってきたリアルスティール・サトノアラジンの争いに。 直線入った段階では逃げたソウルスターリングとダイワキャグニーの脚色がよく、そのまま押し切る勢いだったが...やはり瞬発力の差が出たのか、直線半ばでリアルスティール・サトノアラジンらに捕まり終了。 で、結局、そのままリアルスティールとサトノアラジンが突き抜け、それぞれ1・2着を確保する結果に。

 そんなこんなで、勝ったのはリアルスティール。実績や、去年の天皇賞(秋)のように鉄砲駆けをしていることを考えれば、まぁ、妥当なところなんだけど...ねぇ。 その辺りは、結果論だったりするし、さらに、前走の中山記念が案外だったことを考えると、ここで手を出すのはなかなか難しい訳でして。

 まぁ、それはそれとして、勝ったリアルスティール。とりあえず今回これだけやれたのは評価していいでしょう。 こういう流れにも関わらずいい末脚使って差し切っていたりするしさ。これだけやれるのであれば、GIでも十分勝ち負けになるんじゃないかと。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。