今週のメインdeパツイチ2017
第52回京都大賞典出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第52回 京都大賞典 京都・芝2400m  3歳上オープン(GII) 2017年10月9日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 プロレタリアト 古都S 1着 GI・重賞で凡走。ここでは苦しいか。 - -
2 2 サウンズオブアース ジャパンC 2着 どこでも相手なり。ここもヒモまでか。 -
3 シュヴァルグラン 天皇賞春 2着 この条件ならそれなりに。展開嵌まれば。
3 4 スマートレイアー 阪神牝馬S 1着 牡馬相手にも好走有。この条件でも注意。
5 ミッキーロケット 日経新春杯 1着 前3走が少し物足りず。時計要さないと... -
4 6 ヒットザターゲット 目黒記念 1着 2013年の勝ち馬だが2桁着順続いて... - -
7 フェイムゲーム 天皇賞春 2着 手頃な条件。仕上がっていれば勝ち負け。
5 8 トーセンバジル 阪神大賞典 3着 前走7着もそれなりの末脚使う。一変注意。
9 アクションスター 京成杯 2着 多少差を詰める程度。ここでは入着まで。 - -
6 10 ラストインパクト ジャパンC 2着 前走が負けすぎ。一時期の勢いは... - -
11 バロンドゥフォール 新潟大賞典 5着 OPで勝ち切れず。この条件では厳しい。 - -
7 12 カレンミロティック 天皇賞春 2着 久々な上に、前3走凡走続いていては... - -
13 ハッピーモーメント 目黒記念 3着 重賞ではちと力不足っぽく。入着あれば。 - -
8 14 レコンダイト 目黒記念 2着 多少差は詰めたが、入着が精一杯では... - -
15 マキシマムドパリ マーメイドS 1着 展開嵌まればもう少しやれる馬。穴で。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第52回京都大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第52回京都大賞典の展望と予想とヨタ話

こちらも秋のGIに向けての一戦だが...

こっちはジャパンC向け?第52回京都大賞典。

という訳で、この京都大賞典。このレースも前日に行われた毎日王冠同様、秋のGIに向け有力馬が多数参戦するレースだったりするのだが、 こっちは2400mということもあって、天皇賞秋よりも比較的長めの距離のジャパンカップや有馬記念を目標にしている有力馬が多数出てくるのがこの京都大賞典。

で、今年もこの傾向は変わらず。サウンズオブアースやカレンミロティック、シュヴァルグラン、フェイムゲームなど、比較的長めの距離で活躍している実績馬がこの京都大賞典で始動。 ただ...これらの馬、妙に詰めが甘く相手なりにしか走らなかったり、走ったり走らなかったりが両極端だったりするだけにねぇ。 その実績通りの走りがここで出来るかといわれると、ちょっと微妙だったりするのが気掛かりなところ。

そんなこんなで、その辺りを踏まえつつ京都大賞典の予想を。前述しているように、実績馬がちょっとクセがある馬ばかりなので、 予想も思っている以上に難しかったりするが...これに対抗できるような馬が牝馬のスマートレイアー・マキシマムドパリ、日経新春杯勝ちのミッキーロケットぐらいしか見当たらないんでねぇ。 とりあえず、ここは実績馬から入るのが妥当でしょう。

という訳で、中心はシュヴァルグラン。詰めの甘さは気になるも、去年のアルゼンチン共和国杯や阪神大賞典のように、 相手関係が緩めであればきっちり勝ち切ることが出来る馬だったりするんで...ねぇ。この相手だったら勝ち切ってくれるんじゃないかと。 相手はフェイムゲーム。やや展開に左右されやすく、嵌まらないと取りこぼすことがある馬だが、勝ち負けできるだけの能力は持っている馬。 流れにさえ乗れれば十分勝負になるんじゃないでしょうか。

<第52回京都大賞典予想>
◎シュヴァルグラン
○マキシマムドパリ
▲フェイムゲーム
△サウンズオブアース
△トーセンバジル
△スマートレイアー

で、あとは実績馬をこれに絡めていく感じで。


結果

1着スマートレイアー
2着トーセンバジル
3着シュヴァルグラン
4着ミッキーロケット
5着レコンダイト

タイム:2分23秒0 3F:34.4秒
スマートレイアー 牝7歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・大久保厩舎
単勝:4番860円
複勝:4番220円、8番250円、3番120円
枠連:3-5 1730円 馬連:4-8 4300円
馬単:4-8 9600円
3連複:3-4-8 2950円
3連単:4-8-3 31790円
ワイド:4-8 1270円
    3-4 410円 3-8 430円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印が薄いところ同士で決着してアウト。
 シュヴァルグランも来てはいるのだが...3着ではなぁ。

 でもって、京都大賞典の結果。前に行こうと思えば行ける馬がいたりはしたのだが、そこまで積極的に行かなかったこともあって、 結局、ラストインパクトが逃げる展開に。で、ペースもあまり上がらなかったこともあって、全般的に前残りの展開に。

 ただ...勝ったスマートレイアーだけは別だったようで。道中は後方から競馬をするものの、4コーナーで最内を回って前との差を一気に詰め、 直線ではそのまま最内から馬群を縫って進出。で、その勢いのまま、好位追走から逃げたラストインパクトを交わして先頭に立っていたトーセンバジルをゴール手前で捕らえ1着に。

 という訳で、勝ったスマートレイアー。元々かなりの瞬発力を持っている馬だったりするんで、こういう上がり勝負の展開になれば...と考えたくなるところだが、 まぁ、今回は前述しているように「ロスなく立ち回れた」のが勝因でしょうな。とはいえ、牡馬相手にこれだけの競馬ができたのは評価していいんじゃないかと。 GIではもう一歩届かない競馬が多かったりするが、これだけやれるのであればチャンスは十分ありそうな感じですな。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。