今週のメインdeパツイチ2017
第20回富士ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第20回 富士ステークス 東京・芝1600m  3歳上オープン(GIII) 2017年10月21日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 サトノアレス 朝日杯FS 1着 前走は条件不向き。巻き返しあっていい。 -
2 2 レッドアンシェル NHKマイルC 4着 もう一押し必要だが多少上がり要せば。
3 ブラックムーン 中京記念 3着 去年は6着だし前走負けすぎていて... - -
3 4 ガリバルディ 中京記念 1着 前走の末脚評価。いい頃の勢い戻った? -
5 ペルシアンナイト 皐月賞 2着 手頃な条件。仕上がっていれば勝ち負け。 -
4 6 エアスピネル 朝日杯FS 2着 どこでも相手なり。ここも上位はあるが... -
7 マイネルアウラート 東京新聞杯 3着 去年の4着馬だが前2走がイマイチで。 -
5 8 ロードクエスト NHKマイルC 2着 末脚は健在。あとは展開さえ嵌まれば... - -
9 ジョーストリクトリ NZトロフィー 1着 この条件なら巻き返しある。一変警戒。 -
6 10 クラリティシチー ダービー卿CT 2着 モーリスの2着ある馬。嵌まれば多少は。 -
11 グランシルク 京成杯AH 1着 快勝した前走評価。前走ぐらい走れば。
7 12 ミュゼエイリアン 毎日杯 1着 凡走続く。一変に期待したいところだが... - -
13 クルーガー マイラーズC 1着 実績それなりも久々だしここは様子見。 - -
8 14 ダイワリベラル 京成杯AH 4着 重賞好走あるのは中山だけ。他場では... - -
15 イスラボニータ 皐月賞 1着 実績評価も妙に詰め甘い面あって。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第20回富士ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第20回富士ステークスの展望と予想とヨタ話

有力所は毎日王冠で始動済だったりするが...

このレースも侮れませんぜ。第20回富士ステークス。

という訳で、この富士ステークス。条件的にはマイルチャンピオンシップの前哨戦といった感じのレースだが、中距離までOKな有力馬は毎日王冠や天皇賞(秋)、 短距離路線から距離延長で挑む有力馬はスワンS辺りからマイルチャンピオンシップに向かうこともあって、手頃な条件のレースの割には本番で活躍するような馬は出て来ないのがこの富士ステークス。

ただ...今年の富士ステークスはどうなんでしょうかねぇ。今のマイル路線、傑出馬不在で混戦模様だったりするんで... ここでそれなりの走りができれば本番でいきなり通用する可能性もあるんじゃないかと。幸い、活きのいい3歳勢も揃っていたりするしさ。

そんなこんなで、今回の富士ステークス。予想は前述した3歳勢から...といきたいところだが、週末の天気がイマイチだったりするんで、 その辺りを踏まえた上で取捨していくのが妥当なところでしょう。という訳で、中心は前走の京成杯AHの勝ちっぷりや重馬場での好走を評価してグランシルク。 他の有力馬と違って一度使われた強みあるのも○だしさ。

あとは、詰めの甘さは気になるが、馬券には絡んできそうな実績馬のイスラボニータ・エアスピネルをおさえつつ、ペルシアンナイト・レッドアンシェルといった3歳馬で勝負といったところでしょうか。 あと、適条件に戻る上に時計要す馬場で浮上しそうなジョーストリクトリもアリかと。

<第20回富士ステークス予想>
◎グランシルク
○ジョーストリクトリ
▲イスラボニータ
△ペルシアンナイト
△レッドアンシェル
△エアスピネル

あとは、当日の馬場状態次第といったところかな。


結果

1着エアスピネル
2着イスラボニータ
3着クルーガー
4着レッドアンシェル
5着ペルシアンナイト

タイム:1分34秒8 3F:35.0秒
エアスピネル 牡4歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・笹田厩舎
単勝:6番390円
複勝:6番170円、15番200円、13番780円
枠連:4-8 1000円 馬連:6-15 1080円
馬単:6-15 2120円
3連複:6-13-15 12820円
3連単:6-15-13 50980円
ワイド:6-15 450円
    6-13 2250円 13-15 2850円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。だけど、印薄めのところで決着してはなぁ。
 しかも、人気所だったりするんでねぇ。うーん。

 まぁ、それはともかく。富士ステークスの結果。やはり、雨の影響で結構時計を要す馬場での開催に。 そんなこともあってか、終わってみれば瞬発力勝負の馬は軒並み不発。逆に、ややジリ傾向があり、 取りこぼすことも多かったエアスピネル・イスラボニータはこの時計を要す馬場に助けられたようで、この結果に。

 そんなこんなで、勝ったのはエアスピネル。まぁ、こういう条件下での勝ちだっただけに、これで善戦マンと決別できた訳ではなさそうだけど... さらなる賞金の上積みでGIに出走し易くなったのは○でしょうな。まぁ、GIに出走できたとしても、勝ち切れるかどうかは微妙なところだったりしますが。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。