今週のメインdeパツイチ2017
第78回菊花賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第78回 菊花賞 京都・芝3000m  3歳牡牝オープン(GI) 2017年10月22日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ブレスジャーニー 東スポ杯2歳S 1着 2歳時の走り評価も1年ぶりの出走では。 - -
2 ウインガナドル ラジオNIKKEI 2着 スタミナ十分。馬場悪化&単騎逃げなら。 -
2 3 スティッフェリオ セントライト 4着 ジリだが時計要す馬場なら浮上も。
4 クリンチャー 皐月賞 4着 前2走物足りず。皐月賞ぐらい走れば... - -
3 5 トリコロールブルー スプリングS 5着 長距離&時計要す馬場で浮上。GIでも。
6 マイネルヴンシュ 九十九里特別 1着 力つけている。馬場渋れば上位争いも。
4 7 アダムバローズ 若葉S 1着 同型の出方次第だが嵌まれば前残りも。 -
8 サトノアーサー 毎日杯 2着 前走まずまずも重馬場になるとちょっと... - -
5 9 クリノヤマトノオー 清滝特別 1着 白百合Sで強敵相手に好走あり。侮れぬ。 - -
10 ベストアプローチ 青葉賞 2着 一押し足りない。ここでは入着までか。 - -
6 11 サトノクロニクル 京都新聞杯 2着 重馬場もこなす馬。嵌まればGIでも。 -
12 ミッキースワロー セントライト 1着 勢い評価も瞬発力封じられる馬場だと... -
7 13 キセキ 神戸新聞杯 2着 前走の末脚評価も当日の馬場状態が... - -
14 ポポカテペトル 青葉賞 4着 ワンパンチ足りない。GIではちと苦しい。 - -
15 ダンビュライト 皐月賞 3着 きさらぎ賞の内容考えると重馬場は微妙で... -
8 16 アルアイン 皐月賞 1着 実績評価もシンザン記念の敗北が気になり。 - -
17 プラチナヴォイス スプリングS 3着 GI成績物足りず。嵌まってもこの条件では。 - -
18 マイスタイル 日本ダービー 4着 楽な逃げならダービーの再現あっても。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第78回菊花賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第78回菊花賞の展望と予想とヨタ話

先週の秋華賞はそれなりに順当に決まったが...

牡馬はどう?3歳クラシック最終戦・菊花賞。

というわけで、この菊花賞。トライアルレースが荒れ気味だった牝馬路線とは違って、 春の実績馬がきっちり好走してここに駒を進めてきたのが牡馬路線。さらに、何だかんだ言っていた牝馬路線も、 結局、本番の秋華賞では春の実績馬が上位を確保していたりするんでねぇ。この流れだったら、 この菊花賞も春の実績馬で順当に決まりそうな雰囲気。

...なのだが、展開的に紛れの多い京都の長距離戦とか、週末の天気が悪く時計を要す馬場になりそうだったりすることを考えると、 そこまで順当には決まりそうになかったりするのが今回の菊花賞。実際、有力視されているアルアインはシンザン記念、 サトノアーサー・ダンビュライトはきさらぎ賞で重馬場に苦しめられていたりするし、 ウインガナドル・アダムバローズ・マイスタイルといった一発狙いの逃げを打ってきそうな馬もいたりするしさ。

で、その辺りを踏まえて菊花賞の予想を。実績を考えれば春の二冠で好走しているアルアイン・ダンビュライト、 勢いなら菊花賞トライアルの好走評価できるミッキースワロー・キセキなんだけど...前述したような問題があるんでねぇ。 ここはかなり捻って勝負してみてもいいんじゃないかと。やや実績&パンチ不足だが、馬場渋って時計を要すなら浮上ありそうなトリコロールブルー・マイネルヴンシュ、 未勝利戦だがそれなりに時計要す馬場で快勝しているサトノクロニクルとかさ。

<第78回菊花賞予想>
◎ウインガナドル
○トリコロールブルー
▲マイネルヴンシュ
△サトノクロニクル
△スティッフェリオ
△ダンビュライト

あと、逃げ馬勢で一発狙うのもアリかな。


結果

1着キセキ
2着クリンチャー
3着ポポカテペトル
4着マイネルヴンシュ
5着ダンビュライト

タイム:3分18秒9 3F:40.0秒
キセキ 牡3歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:栗東・角居厩舎
単勝:13番450円
複勝:13番210円、4番770円、14番1110円
枠連:2-7 3070円 馬連:4-13 10660円
馬単:13-4 15890円
3連複:4-13-14 136350円
3連単:13-4-14 559700円
ワイド:4-13 3730円
    13-14 4940円 4-14 12360円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。うーん、このコンディションでキセキはなぁ。
 マイネルヴンシュはいい狙いだったんだが4着止まりだったし。

 でもって、菊花賞の結果。台風の影響で、芝1200mで行われた桂川ステークス(1600万下)がダ1200mで行われた大山崎特別(1000万下)よりも1.5秒も遅いという最悪の馬場状態での開催に。 そんなこともあってか、前半1000m通過が1:04.1とそれなりに時計を要す流れになったにも関わらずかなりオーバーペース気味だったようで、終わってみれば、逃げ・先行馬どころか勝負所で速めに動いた馬も大半が止まってしまうという前崩れの競馬に。 まぁ、最初の2・3ハロン目のラップが全体を通しても1・2番目の速さだった上に、その後も13秒台のラップが続いていたことを考えれば、こういう結果になってしまうのも仕方がなかったりするんでしょうけど。

 そんなこんなで、かなり荒れ気味のレースとなった今回の菊花賞だったが...終わってみれば1番人気のキセキがきっちり1着を確保するという無難な結果に。 道中はこれまで通り後方で待機。で、勝負所でも無理に上がっていかず、直線勝負に賭け、この結果に。ただ...こういう条件、こういう展開での勝利だったりするんでねぇ。 評価は保留しておいた方がいいんじゃないかと。実際、本領を発揮しそうなのは前走の神戸新聞杯のような瞬発力勝負だったりするしさ。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。