今週のメインdeパツイチ2017
第22回ファンタジーステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第22回 ファンタジーステークス 京都・芝1400m  2歳牝オープン(GIII) 2017年11月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ペイシャルアス カンナS 1着 小倉2歳Sは6着も悪くない内容。ここでも。
2 2 レグルドール ひまわり賞 1着 フェニックス賞上々。九州産でも注意。 -
3 3 モズスーパーフレア 小倉2歳S 7着 スピード評価。展開嵌まれば巻き返しも。 -
4 4 スノーガーデン 芝千二1:09.2 1着 前走は展開嵌まった感否めず。重賞では。 - -
5 アルモニカ 芝千四1:22.2 1着 新馬戦快勝。重賞でも即通用していい。
5 6 スズカフェラリー りんどう賞 3着 昇級戦まずまず。展開嵌まれば重賞でも。 - -
7 トンボイ 芝千二1:10.9 1着 新馬快勝評価も重賞では一押し足りない? - -
6 8 コーディエライト 新潟2歳S 2着 前走の粘り評価。京都なら押し切りも。 -
9 ベルーガ 芝千二1:11.6 1着 直線で突き放した末脚評価も重賞だと?
7 10 アマルフィコースト 中京2歳S 1着 OP勝ちも早い時期のレースだっただけに... -
11 アーデルワイゼ もみじS 2着 前走2着もやや差があり。過信は禁物。 - -
8 12 ダイシンステルラ 芝千四1:25.4 1着 新馬勝ちは馬場に助けられたか。ここだと? - -
13 ボウルズ サウジRC 10着 この条件ならもう少しやれていい。3着なら。 -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第22回ファンタジーステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。
※新馬、未勝利勝ちのみの場合、その勝ちのタイムを記載。
記載方法:芝orダート、距離、勝ちタイム、の順で記載


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第22回ファンタジーステークスの展望と予想とヨタ話

2歳路線もぼちぼち大詰めに。

阪神JFの前哨戦、第22回ファンタジーS。

でもって、このファンタジーステークス。最近はアルテミスステークス組の台頭が著しかったりするが...阪神JFや翌年の3歳牝馬クラシックの有力馬を多数輩出するのはやはりこのファンタジーステークス。 去年は後の秋華賞馬ディアドラがこのレースに出ていたりするしさ。

そんなこんなで、阪神JFだけではなく来年の3歳牝馬クラシックを占う上で大事な一戦となるのがこのファンタジーステークスなのだが...今年はどうなんでしょうかねぇ。 アルモニカ・トンボイ・ベルーガといった新馬戦を快勝した馬がいたり、2戦2勝のアマルフィコースト、新潟2歳S2着のコーディエライト、カンナS勝ちのペイシャルアスとそれなりの実績を残している馬がいたりするんで、 それなりには期待していいんだろうけど...どの馬もちょっと足りない印象あるだけにねぇ。ここも上々の内容で快勝してくれればチャンスはあるんだろうけど...まぁ、その辺りは結果が出てから考えるとしますか。

で、それはそれとして。ファンタジーステークスの予想。ここは新馬勝ちのアルモニカで勝負してみてもいいんじゃないかと。 好位からの競馬だったにも関わらず、出走馬中最速の末脚を使って後続馬を突き放しているように、能力は一枚上。 今回他に極端に強力な馬もいないことだし、ここは連勝あっていいでしょう。

<第22回ファンタジーステークス予想>
◎アルモニカ
○モズスーパーフレア
▲コーディエライト
△ペイシャルアス
△ベルーガ
△アマルフィコースト

あとは実績馬でかためる感じでいいかな


結果

1着ベルーガ
2着コーディエライト
3着アマルフィコースト
4着スズカフェラリー
5着モズスーパーフレア

タイム:1分22秒9 3F:34.9秒
ベルーガ 牝2歳
騎手:C.デムーロ 厩舎:栗東・中内田厩舎
単勝:9番760円
複勝:9番220円、8番200円、10番150円
枠連:6-6 2660円 馬連:8-9 2630円
馬単:9-8 5010円
3連複:8-9-10 2580円
3連単:9-8-10 17980円
ワイド:8-9 890円
    9-10 630円 8-10 390円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。まぁ、悪くはないかな。
 ただ、軸馬がイマイチだったのはちょっとアレですが。

 でもって、ファンタジーステークスの結果。やや短めの距離ではあるが、思ったほど積極的に行く馬が現れず、前半3ハロン通過は36.3秒と比較的緩めの流れに。 そんなこともあって、直線では逃げたコーディエライトが粘る形となったのだが...これを差し切ったのが勝ったベルーガ。最後の一伸びで逃げたコーディエライトを捕らえ1着。

 しかし、どうなんでしょうかねぇ。この結果。勝ったベルーガに関しては、末脚や比較的時計の出る馬場でもやれたという点は評価できるんだけど、阪神JFや来年の3歳牝馬クラシックを担う存在になれたかと言われると...ねぇ。 そこまで可能性を感じさせる勝ち方ではなかったんじゃないかと。他の馬も同様で、そこまで特筆するような馬は見当たらず。まぁ、まだ2歳馬だし、そこまで結論を急ぐ必要はなかったりするんで...その辺りはもう少し様子を見て判断しましょうか。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。