今週のメインdeパツイチ2017
第17回JBCスプリント出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第17回 JBCスプリント 大井・ダ1200m  3歳上オープン(JpnI) 2017年11月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ニシケンモノノフ 北海道SC 1着 1200mでもやれる馬。前々走ぐらい走れば。 -
2 セトノプロミス 二十四万石賞 1着 地元ならともかくJpnIではさすがに厳しく。 - -
2 3 キタサンミカヅキ 東京盃 1着 前2走上々。ここでも展開さえ嵌まれば。 -
4 スアデラ 習志野きらSP 1着 前2走が物足りず。勢い戻ればいいが... -
3 5 ノボバカラ 南部杯 2着 立ち直った様子。この調子ならJpnIでも。
6 ドリームバレンチノ JBCスプ 1着 10歳馬だがそこそこはやれる。嵌まれば。 - -
4 7 プリサイスキング SPAT4賞 1着 勢いは評価もさすがにJpnIでは格下か。 -
8 スノードラゴン スプリンター 1着 展開さえ嵌まればまだやれる。一発注意。 -
5 9 シゲルカガ 北海道SC 1着 一時期のスピードも粘りもなく。厳しい。 - -
10 コパノリッキー 南部杯 1着 ここ2戦の完勝評価も1200mは未知数で。 -
6 11 ブルドッグボス 東京盃 2着 交流重賞の好走評価。JpnIでも嵌まれば。
12 コーリンベリー JBCスプ 1着 一昨年の勝ち馬だが前2走がイマイチで。 -
7 13 アンサンブルライフ 全日本2歳 3着 多少巻き返すがJpnIではさすがに厳しく。 - -
14 ゴーディー サンタアニタ 1着 嵌まれば走る馬だが交流重賞となると... - -
8 15 ネロ 京阪杯 1着 ダートよりも近走の凡走が問題。一変は? - -
16 メジャーアスリート 全日本2歳 2着 多少差は詰めたが、まだ結構差があって... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第17回JBCスプリント枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第17回JBCスプリントの展望と予想とヨタ話

今週は大井でJBCシリーズもありますよ。

2番手はスプリント戦。第17回JBCスプリント。

で、このJBCスプリント。JBCレディスクラシック・JBCクラシックは前哨戦で好走した馬がそのまま上位を確保するという比較的平穏な結果に終わりそうな雰囲気だが、このJBCスプリントは...ねぇ。 今年はJBCクラシックには向かわず、こっちに出走してきたコパノリッキーや、前哨戦の東京盃で中央勢の有力所を蹴散らしたキタサンミカヅキ・ブルドッグボスといった南関東勢、 芝のスプリンターズSからダートへと条件を変えてきたスノードラゴン・ネロなど、バラエティに富んだメンバー構成になっているんでねぇ。一筋縄ではいかないんじゃないかと。

そんなこんなで、今回のJBCスプリント。前述したような理由もあって、かなり難解な一戦に。 実績や近走成績を考えればコパノリッキーなんだけど、やはり1400m以下での実績乏しいのが気になるところ。 ここは、前走負けたこともあってそれなりの実績あるにも関わらずあまり人気にならなそうなニシケンモノノフ・ノボバカラ辺りで勝負してもいいんじゃないかと。 あと、ここ数戦の交流重賞好走評価できるブルドッグボスとかさ。

<第17回JBCスプリント予想>
◎ニシケンモノノフ
○スノードラゴン
▲ノボバカラ
△ブルドッグボス
△コパノリッキー
△キタサンミカヅキ

あと、9歳馬だがまだやれそうなスノードラゴンも一発ありそうで。


結果

1着ニシケンモノノフ
2着コパノリッキー
3着ブルドッグボス
4着ネロ
5着キタサンミカヅキ

タイム:1分11秒4 3F:36.8秒
ニシケンモノノフ 牡6歳
騎手:横山典弘 厩舎:栗東・庄野厩舎
単勝:1番450円
複勝:1番150円、10番160円、11番140円
枠連:1-5 1050円 馬連:1-10 990円
枠単:1-5 2140円 馬単:1-10 2250円
3連複:1-10-11 1370円
3連単:1-10-11 7430円
ワイド:1-10 390円
    1-11 310円 10-11 430円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。◎ニシケンモノノフでばっちり的中。
 だけど、思っていた以上に人気集めていて妙味が...

 という訳で、今回のJBCスプリント。バラエティに富んだメンバー構成で予想するのも何かと難しいレースだったりしたのだが...終わってみれば1〜3番人気が上位を独占するという順当な結果に。 勝ったのは2番人気のニシケンモノノフ。直線では進路確保に窮する場面もあったが、内に潜りこんで挽回。ゴール直前で前にいたコパノリッキー・ネロを交わし1着。

 そんなこんなで、勝ったニシケンモノノフ。ダ1400mでの成績が目立つ馬だが、北海道SCやカペラS、天王山S、中央ダート初戦などダ1200mでもいい走りしていた馬だったんでねぇ。まぁ、この結果は妥当なところでしょう。 この条件への適応という点では、どちらかというと2着のコパノリッキー(距離短縮)、4着のネロ(ダート適性)の方が目立っていたんじゃないかと。あと、ブルドッグボス・キタサンミカヅキといった南関東勢の健闘とかさ。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。