今週のメインdeパツイチ2017
第22回武蔵野ステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第22回 武蔵野ステークス 東京・ダ1600m  3歳上オープン(GIII) 2017年11月11日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 クインズサターン 秋嶺S 1着 東京ダ1600m実績評価も今回相手が... -
2 ゴールデンバローズ UAEダービー 3着 あっさり負けた前走不満。一旦様子見。 - -
2 3 ロワジャルダン みやこS 1着 今年の成績物足りず。一変は望めぬか。 - -
4 チャーリーブレイヴ アハルテケS 1着 2桁着順続く。一変あればいいが... - -
3 5 メイショウウタゲ 東海S 3着 OPまでの馬。嵌まらないと重賞では... - -
6 サンライズノヴァ ユニコーンS 1着 東京は走り違う。この相手でも勝ち負けに。
4 7 アキトクレッセント 欅S 2着 東京に良績あるが千四ばかり。マイルは? -
8 ノンコノユメ JDダービー 1着 実績評価も今回久々。とりあえず様子見。 -
5 9 サンライズソア JDダービー 2着 妙に詰め甘く。相手なりにしか走らない? - -
10 ピオネロ マーキュリー 2着 一押し足りない。この条件では入着までか。 - -
6 11 ラストダンサー 霜月S 1着 距離は大丈夫だが重賞ではパンチ不足。 -
12 ベストウォーリア 南部杯 1着 前走の崩れ方気になり。巻き返しは? -
7 13 インカンテーション かしわ記念 2着 近走評価。一応フェブラリーS2着馬だし...
14 モーニン フェブラリー 1着 一時期の勢いなく。ここでは3着まで。 - -
8 15 ブラゾンドゥリス 黒船賞 1着 去年は12着。この条件は少し辛いか。 - -
16 カフジテイク フェブラリー 3着 去年は3着も強烈な末脚使う。今年も。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第22回武蔵野ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第22回武蔵野ステークスの展望と予想とヨタ話

この後にはチャンピオンズCが控えているが...

どちらかというとフェブラリーSのステップ?第22回武蔵野S。

という訳で、この武蔵野ステークス。ダート路線はこの後にチャンピオンズCや東京大賞典といった大レースが控えていたりするが... 東京ダート1600mという条件で行われることもあってか、どちらかというと来年のフェブラリーSを見据えた一戦になりがちなのがこの武蔵野ステークス。

で、今年もその傾向は強め。他のレースでも好走しているが、東京のダート、特に東京ダ1600mを得意とする実績馬が多数参戦。 という訳で、予想もその手の馬から勝負...したいところだが、ノンコノユメはフェブラリーS以来の出走だったり、ベストウォーリア・ゴールデンバローズは前走が不発、 モーニンは一時期の勢いがなくなっていたりするなど、それぞれ問題を抱えてたりするんでねぇ。

そんなこんなで、中心はサンライズノヴァ。この馬もJDダービー6着などイマイチな競馬もしていたりするんで、あまり信用はできないが、 前走のグリーンチャンネルCやユニコーンSなど東京ダートでは滅法強い馬だったりするんでねぇ。この条件なら十分やれるんじゃないかと。 あとは、展開が鍵だがフェブラリーSや去年の武蔵野Sのように嵌まれば強烈な末脚使うカフジテイク、前走の負け方気になるもGI・JpnIの好走を評価してベストウォーリア、 前3走の走り上々なうえに、フェブラリーS2着の舞台である東京ダ1600mなら出番ありそうなインカンテーション、そして久々だが実績を評価してノンコノユメを。

<第22回武蔵野ステークス予想>
◎サンライズノヴァ
○カフジテイク
▲ベストウォーリア
△インカンテーション
△ノンコノユメ

人気が妙に偏ってくれれば妙味ありそうだが...さて?


結果

1着インカンテーション
2着サンライズソア
3着アキトクレッセント
4着ノンコノユメ
5着カフジテイク

タイム:1分35秒5 3F:35.5秒
インカンテーション 牡7歳
騎手:三浦皇成 厩舎:栗東・羽月厩舎
単勝:13番1390円
複勝:13番460円、9番550円、7番2600円
枠連:5-7 2150円 馬連:9-13 13960円
馬単:13-9 27980円
3連複:7-9-13 367090円
3連単:13-9-7 1783490円
ワイド:9-13 3330円
    7-13 24580円 7-9 13440円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。インカンテーションはいい狙いだったが...
 サンライズソアが中途半端な感じで拾いきれずこの結果に。

 でもって、武蔵野ステークスの結果。ここ数戦先行策を取っていたモーニンだったが、スタートがイマイチで後方からの競馬に。 で、その影響もあってベストウォーリアが押し出されるような形で逃げることになったのだが...そういう形の逃げだったもんで、ペースはあまり上がらず。

 そんなこんなで、こういう条件にしては珍しく「直線入ってよーいドン」の競馬となったのだが...結果は、ほぼ前残り。 逃げたベストウォーリアを見る形で駒を進めたインカンテーション・サンライズソアがベストウォーリアを交わしてそのまま1・2着を確保。 1番人気のカフジテイクや、実績馬ノンコノユメも差は詰めたが...前に行った馬にいい脚を使われてしまってはねぇ。これらの馬には及ばず4・5着を確保するのがやっと。

 しかし...こういう展開でこの結果だったんでねぇ。今回の武蔵野ステークス、あまり参考にならないレースだったんじゃないかと。 評価するとすれば、こういう流れだったにも関わらず突っ込んできたカフジテイク・ノンコノユメ辺りなんだろうけど...これまでの走りを考えれば、 もう少しいい末脚使えた感じもするんでねぇ。ちと微妙なところですな。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。