今週のメインdeパツイチ2017
第37回ジャパンカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第37回 ジャパンカップ 東京・芝2400m  3歳上オープン(GI) 2017年11月26日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 シュヴァルグラン 天皇賞春 2着 消耗少ない。他馬の状態次第ではチャンス。
2 レイデオロ 日本ダービー 1着 菊花賞ではなくここ狙いで参戦。注意。 -
2 3 ギニョール バイエルン大 1着 イキートスに連勝。馬場状態次第では。 -
4 キタサンブラック 天皇賞秋 1着 去年完勝。ただ今年はマーク厳しそうで。 -
3 5 サウンズオブアース ジャパンC 2着 去年の2着馬だが前走が負けすぎで。 -
6 イキートス ダルマイヤー 1着 去年は2着と僅差の7着。軽視は禁物。 -
4 7 ディサイファ AJC杯 1着 多少復調するがそもそもGIでは厳しく。 - -
8 ソウルスターリング オークス 1着 GI勝ちの舞台だが秋2戦が物足りず。 - -
5 9 レインボーライン 菊花賞 2着 ジリだが相手なりに走る。ヒモで一考。
10 ブームタイム コーフィール 1着 スピード不足か。時計要す馬場じゃないと。 - -
6 11 マカヒキ 日本ダービー 1着 復調気配は窺える。そろそろ出番か。
12 サトノクラウン 宝塚記念 1着 少しジリ。瞬発力勝負になると厳しい。 - -
7 13 シャケトラ 日経賞 1着 叩き2戦目で一変警戒も前走負けすぎで。 - -
14 アイダホ 愛ダービー 2着 実績評価もここ数戦の内容が物足りなく。 - -
8 15 ワンアンドオンリー 日本ダービー 1着 相変わらずスランプ。ここで一変は... - -
16 ヤマカツエース 金鯱賞 1着 距離は大丈夫そうだがGIでは力不足っぽく。 - -
17 ラストインパクト ジャパンC 2着 一昨年の2着馬だが今年の成績イマイチで。 - -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第37回ジャパンカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第37回ジャパンカップの展望と予想とヨタ話

酷な条件で行われることが多い秋のGIですが...

ようやくまともな条件で開催?第37回ジャパンカップ。

という訳で、このジャパンカップ。来月には有馬記念があったりするが...東京を主戦場にしている馬にとってはここが秋の目標になることも多く、ここ狙いで出てくる馬も結構多いのがこのジャパンカップ。 特に今年は天皇賞(秋)がああいう条件で行われ、本領を発揮できずいいところなく終わった有力馬も多かったりするんでねぇ。東京開催のうちに何とかリベンジしたい馬も結構いるんじゃないかと。

そんなこんなで、今回のジャパンカップ。ジャパンカップということもあり海外勢もそれなりに揃ってはいるが、基本的には国内勢でいいんだけど...評価し辛いのが天皇賞・秋組。 一応、ああいう悪条件だったにも関わらず、1番人気のキタサンブラック、2番人気のサトノクラウンが上位を確保するという無難な結果だったが...ねぇ。悪条件で全くレースにならなかった馬の巻き返しもあるだろうし、 逆にレースでの消耗が激しく、その反動で凡走する上位馬もありそうなんでねぇ。ここは何かと扱いづらい天皇賞・秋組をスルーして別の馬で勝負するのもアリなんじゃないかと。

という訳で、今回のジャパンカップ。ここはレイデオロで勝負してみてもいいんじゃないかと。エリザベス女王杯・マイルCSと3歳勢が連勝していることを考えれば、今年の3歳勢、結構レベル高めの可能性もあるし、 コンディションが悪く消耗が激しいレースとなった菊花賞・天皇賞秋に出走しておらず、状態面の良さで天皇賞秋組を上回る可能性が大だったりするしさ。

あとは、何だかんだ言っても実績が実績なだけに無視はできないキタサンブラックをおさえつつ、レイデオロ同様、京都大賞典からここに直行して状態が良さそうなシュヴァルグラン、かなり調子が戻ってきた様子のマカヒキ、 相変わらずジリだが、東京開催最終週で多少時計を要す馬場になっていれば出番ありそうなレインボーラインで勝負といった感じでしょうか。

<第37回ジャパンカップ予想>
◎レイデオロ
○シュヴァルグラン
▲キタサンブラック
△マカヒキ
△レインボーライン

海外勢ならギニョールが筆頭なんだけど...ちと厳しいかな。


結果

1着シュヴァルグラン
2着レイデオロ
3着キタサンブラック
4着マカヒキ
5着アイダホ

タイム:2分23秒7 3F:35.1秒
シュヴァルグラン 牡5歳
騎手:H.ボウマン 厩舎:栗東・友道厩舎
単勝:1番1330円
複勝:1番190円、2番140円、4番120円
枠連:1-2 1780円 馬連:1-2 1770円
馬単:1-2 5250円
3連複:1-2-4 1300円
3連単:1-2-4 13340円
ワイド:1-2 460円
    1-4 350円 2-4 230円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。結構いい感じの配当ゲット。
 ただ、3着がなぁ。マカヒキだったら高めだったのに。

 まぁ、それはそれとして。ジャパンカップの結果。他に行く馬がいなかったこともあって、 キタサンブラックがマイペースで逃げる展開。ペースがペースだったもんで、後続を引き離した逃げにはならなかったが、 その分、直線ではかなりの余力があり、そのまま押し切るかの勢いで進出。

 ただ...勢い自体はその後ろで競馬していたシュヴァルグランの方が上だったようで。 後続を突き放しにかかるキタサンブラックに襲い掛かり先頭へ。あとは、その勢いのまま突き放し、 最終的には1・1/4馬身の差をつけ快勝してしまいました。

 そんなこんなで、勝ったのはシュヴァルグラン。去年のジャパンC3着など、GIでも勝ち負けできるだけの能力は持っているものの、 どうも詰めが甘く、GIどころか重賞でも勝ち切れない競馬が続いていた馬だったのだが...結果はこれですからね。 ただ、何かと馬場が荒れることが多かった秋の東京開催最終週ということもあって、結構時計を要す馬場になっていた点や、 予想に書いた通り、京都大賞典から直行した分、仕上がりが上々だった点がこの着順・着差に繋がった感があるんで... これで詰めの甘さが解消されたと判断するのは早計なんじゃないかと。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。