今週のメインdeパツイチ2017
第62回京阪杯出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第62回 京阪杯 京都・芝1200m  3歳上オープン(GIII) 2017年11月26日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ティーハーフ 高松宮記念 4着 展開頼みの馬。うまく嵌まればいいが。 -
2 ラインスピリット 北九州記念 3着 重賞ではやや足りない。入着までか。 - -
2 3 アルマワイオリ 朝日杯FS 2着 良化スロー。もう一変あればいいが... - -
4 ネロ 京阪杯 1着 去年の勝ち馬。前走上々だったし注意。
3 5 ヒルノデイバロー スワンS 2着 前走は嵌まった感あり。ここも展開次第。 - -
6 ビップライブリー スワンS 4着 前走は少し相手が悪かった。ここなら。
4 7 ソルヴェイグ スプリンター 3着 手頃な条件。同型馬も少ないしここも。
8 ナリタスターワン 北九州記念 2着 いい頃の走り戻ったなら怖い。要警戒。 -
5 9 メラグラーナ オーシャンS 1着 去年の大敗が気になり。能力はあるが... -
10 セイウンコウセイ 高松宮記念 1着 相手関係楽になるがここ数戦の凡走が... - -
6 11 フィドゥーシア アイビスSD 2着 前2走が今一つ。一変あればいいが。 - -
12 ダイシンサンダー 鞍馬S 3着 かなりの末脚持っている。展開嵌まれば。 -
7 13 タマモブリリアン UHB賞 3着 OPが壁っぽく。重賞では入着までか。 - -
14 イッテツ UHB賞 1着 函館SSで決着済。重賞では入着まで。 - -
8 15 アットザシーサイド 桜花賞 3着 GIでも好走ある馬。昇級戦でも即通用。 -
16 ジューヌエコール 函館SS 1着 前走度外視可能だが今回条件ちとキツく。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第62回京阪杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第62回京阪杯の展望と予想とヨタ話

来年の高松宮記念に向け有力馬再始動。

活躍馬も多数輩出している重賞、第62回京阪杯。

という訳で、この京阪杯。スケジュール的には「スプリンターズS・スワンSの余力でもう一戦」といった感じのレースだったりするが、 どちらかというと来年の高松宮記念に向け有力馬が再始動するレースになりがちなのがこの京阪杯。

で、今年の京阪杯。高松宮記念馬のセイウンコウセイや短距離重賞で好走しているような実績馬が多数参戦しているが... 直近のスプリンターズS・スワンSの成績がイマイチだったりするのがちょっとアレ。ここは別路線組で勝負してみてもいいんじゃないかと。

という訳で、中心はソルヴェイグ。GI・重賞で好走しているように能力的には問題ないし、前走のオパールSも快勝。 さらに、今回同型馬少なめで前走同様前残りの競馬も期待できそうだしさ。あとは、今回昇級戦だが過去には桜花賞3着やフィリーズレビュー2着など、 GI・重賞でも好走あるアットザシーサイド、昇級戦かつ重賞挑戦だったが4着と好走したビップライブリー、今年凡走が続いたが前走のJBCスプリントで僅差の4着に入り復活した感があるネロ辺りを狙ってみましょうか。

<第62回京阪杯予想>
◎ソルヴェイグ
○ダイシンサンダー
▲アットザシーサイド
△ビップライブリー
△ネロ
△メラグラーナ

あと、末脚だけならダイシンサンダーも通用するんじゃないかと。


結果

1着ネロ
2着ビップライブリー
3着イッテツ
4着フィドゥーシア
5着ダイシンサンダー

タイム:1分08秒8 3F:34.5秒
ネロ 牡6歳
騎手:吉原寛人 厩舎:栗東・森厩舎
単勝:4番3690円
複勝:4番1160円、6番380円、14番1330円
枠連:2-3 4420円 馬連:4-6 23390円
馬単:4-6 45190円
3連複:4-6-14 295980円
3連単:4-6-14 1674510円
ワイド:4-6 7320円
    4-14 17860円 6-14 6390円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印は打っているんだけどねぇ。
 ダイシンサンダーも来てはいるが、5着止まりだし。

 でもって、京阪杯の結果。他の馬がそこまで積極的に行かない様子を見て、思い切って逃げたネロ。 勝負所で好位追走のソルヴェイグやフィドゥーシアに差を詰められたり、残り100m付近からビップライブリー・イッテツの猛追を食らったりしたが... これらをのらりくらりと封じて押し切ってしまいました。

 という訳で、勝ったのはネロ。今年は凡走が続いたが前走のJBCスプリントで走りが一変し、僅差の4着を確保。 で、その勢いのままこの京阪杯も制す形となったのだが...まぁ、調子が戻ればこの位はやれていい馬だったりするんでねぇ。 実際、去年このレースを快勝していたりしますし。そこまで意外な結果ではなかったんじゃないかと。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。