今週のメインdeパツイチ2017
第51回ステイヤーズステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第51回 ステイヤーズステークス 中山・芝3600m  3歳上オープン(GII) 2017年12月2日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 デルマサリーチャン 札幌日経OP 4着 前3走が物足りず。この相手でも辛い。 - -
2 2 フェイムゲーム 天皇賞・春 2着 条件楽。ここは無難に上位確保しそう。
3 3 グランアルマダ 日本海S 1着 単騎逃げ怖いが、さすがに重賞だと。 -
4 4 シルクドリーマー 札幌日経OP 2着 ここ数戦の走り悪くない。3着なら。
5 5 プロレタリアト 古都S 1着 凡走続くがたまに爆走ある馬。嵌まれば。 -
6 6 シホウ グリーンS 1着 この相手ならそれなりに。展開次第で。
7 7 プレストウィック 丹頂S 1着 去年は4着。今年もその位はやれそう。 -
8 サイモントルナーレ 丹頂S 1着 スピード不足。この条件では厳しい。 - -
8 9 アルバート ステイヤーズ 1着 去年・一昨年の勝ち馬。3連覇も視野に。
10 カムフィー ステイヤーズ 2着 この条件好走あるが2桁着順続いて... - -

以上登録10頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第51回ステイヤーズステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第51回ステイヤーズステークスの展望と予想とヨタ話

ここから有馬記念に向かうことも可能だが...

どちらかというと、ここ狙いの馬が多め?ステイヤーズS

というわけで、このステイヤーズステークス。GIIという条件やローテーションを考えると、 ここを使って有馬記念へ..,という実績馬も出てきていい筈なのだが、この手の馬は少なめ。 どちらかというと、このレースやこの後に続く万葉S・ダイヤモンドSといった長距離路線で一稼ぎしようと考えているステイヤーが多数出てくるのがこのステイヤーズステークス。

で、この傾向は今年も変わらず。フェイムゲームやアルバートといった長距離戦の重賞ではお馴染みの馬がこのステイヤーズステークスに参戦。 あとは...ちょっとアレな感じ。一応、長距離戦をメインで使っている馬が出て来てはいるが、大敗している馬も多く、 重賞で通用するかどうかは微妙なところだったりするんでねぇ。ここはもう「フェイムゲームとアルバートのマッチレース」といってしまってもいいんじゃないかと。

そんなこんなで、予想もフェイムゲームとアルバートから。あとは、この2頭のどっちが勝つか...なんだけど、 ここはアルバートでいいでしょう。実績的には甲乙つけ難いのだが、コース適性を考えるとねぇ。フェイムゲームは東京がベストっぽいし。

<第51回ステイヤーズステークス予想>
◎アルバート
○シホウ
▲フェイムゲーム
△プレストウィック
△シルクドリーマー

こういう条件だと、逃げ馬で一発狙うのもアリだったりするが...

今年はそこまで一発狙える感じの馬がいないんでねぇ。


結果

1着アルバート
2着フェイムゲーム
3着プレストウィック
4着プロレタリアト
5着シホウ

タイム:3分43秒0 3F:35.5秒
アルバート 牡6歳
騎手:R.ムーア 厩舎:美浦・堀厩舎
単勝:9番130円
複勝:9番100円、2番120円、7番140円
枠連:2-8 220円 馬連:2-9 210円
馬単:9-2 290円
3連複:2-7-9 450円
3連単:9-2-7 830円
ワイド:2-9 130円
    7-9 180円 2-7 400円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、こうなるのは分かっていたが...
 やっぱり安いなぁ。3連単でも830円とは。

 という訳で、ステイヤーズステークスの結果。やはりというかなんというか...アルバートとフェイムゲームで順当に決まってしまいました。 レース自体もほぼこの2頭のマッチレース。多少馬群はバラけたが、3〜4コーナーの勝負所でこの2頭が互いを意識するような形で進出し、直線ではこの2頭の争いに。 一足先に動いたのはフェイムゲームだったが、直線の坂で脚が鈍り、アルバートに捕まって2着まで。

 そんなこんなで、勝ったのはアルバート。とりあえず、同一重賞3連覇という偉業を成し遂げた訳だが...まぁ、今回はメンバーが手薄で「フェイムゲームさえ破れば」というレースだっただけにねぇ。 で、レース自体も終始フェイムゲームをマークする形で駒を進め、前述したような感じでフェイムゲームを捕らえてこの結果になっていたりするし。まぁ、この結果は当然だったんじゃないかと。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。