今週のメインdeパツイチ2017
第140回中山大障害出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第140回 中山大障害 中山・芝4100m  3歳上オープン(J.GI) 2017年12月23日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ウインヤード 東京ジャンプ 2着 たまに爆走ある馬。近走散々でも一変注意。 - -
2 2 ビコーピリラニ 小倉サマーJ 2着 近走成績物足りず。ここでは入着まで。 - -
3 スズカプレスト 京都ハイJ 3着 ちょっと足りない。ここも3着までか。 -
3 4 シンキングダンサー 東京ジャンプ 1着 勢い評価も前々走の大敗が気になり。 -
5 テイエムオペラドン 京都ハイJ 2着 前2走案外。いい頃の走り戻ればいいが。 - -
4 6 アップトゥデイト 中山GJ 1着 オジュウチョウサンには敵わず。ここも2着まで。 -
7 オジュウチョウサン 中山GJ 1着 力の違いみせつけ続ける。ここも順当か。 -
5 8 サンレイデューク 中山GJ 2着 この条件走る。今回も展開次第で。
9 ミヤジタイガ 阪神ジャンプ 4着 重賞では少し足りない。この条件では。 - -
6 10 ユウキビバワンダー 東京ハイJ 4着 もう一押しないと厳しい。入着までか。 - -
11 サムライフォンテン 障・オープン 6着 昇級戦がイマイチ。嵌まらないと出番は... - -
7 12 クラシックマーク 障・オープン 2着 前走が案外。中山では苦しいようで。 - -
13 マイネルフィエスタ 京都ジャンプ 1着 長期休養明け後の成績上々。侮れぬ。
8 14 クランモンタナ 小倉記念 1着 重賞勝ちの平地力は評価も大障害では。 -
15 ルペールノエル 中山大障害 3着 去年の3着馬。今年もそれなりには。

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第140回中山大障害枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第140回中山大障害の展望と予想とヨタ話

2017年最後の3日間はどの日にもGIが。

この日はジャンプ路線のGIが。第140回中山大障害。

という訳で、この中山大障害。秋のジャンプ路線の大一番ではあるが、大障害コースを嫌ってここに出て来ない馬がいたり、逆にここ狙いでしか使ってこない馬がいるもんで、 「主要なジャンプ重賞好走馬勢揃い」といった感じにはならないのがこの中山大障害。

ただ...今年のジャンプ路線、主要な重賞をオジュウチョウサンが総ナメしてしまっていることを考えるとねぇ。この馬がこの中山大障害に出てきただけでその辺りはもうクリアできているんじゃないかと。 今年のジャンプ路線を締めくくるに相応しい一戦にはなるんじゃないでしょうか。

で、そんな今年の中山大障害。前述しているように、今年圧倒的な強さを発揮して勝ちまくったオジュウチョウサンがいるんで...ねぇ。この馬中心の中山大障害になってしまうのは仕方がないところ。 予想もこの馬からでいいでしょう。あとはオジュウチョウサンの相手探し。実績を考えればオジュウチョウサンに次ぐ2着を確保し続けているアップトゥデイトなのだが、 今年の中山GJや小倉サマーJでオジュウチョウサン以外の馬に先着されていたりすることを考えれば、他馬の逆転もありそうな雰囲気。中山GJで先着したサンレイデュークや、 長期休養明けを叩かれつつ調子上げてきたマイネルフィエスタ、去年の3着馬ルペールノエル辺りを狙ってみるのもアリかもしれませんな。

<第140回中山大障害予想>
◎オジュウチョウサン
○マイネルフィエスタ
▲アップトゥデイト
△サンレイデューク
△ルペールノエル

相手をどこまで絞り込むかは、オッズ次第といったところ。

オジュウチョウサンがかなり人気集めそうなんで...


結果

1着オジュウチョウサン
2着アップトゥデイト
3着ルペールノエル
4着シンキングダンサー
5着サンレイデューク

タイム:4分36秒1(R) 3F:39.4秒
オジュウチョウサン 牡6歳
騎手:石神深一 厩舎:美浦・和田厩舎
単勝:7番110円
複勝:7番100円、6番110円、15番200円
枠連:4-4 190円 馬連:6-7 180円
馬単:7-6 200円
3連複:6-7-15 680円
3連単:7-6-15 930円
ワイド:6-7 120円
    7-15 370円 6-15 570円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。まぁ、こんなもんでしょう。
 配当も安めだが、この組み合わせなら妥当かと...

 でもって、中山大障害の結果。単勝110円というオッズが示す通り「オジュウチョウサン1強」という感じの中山大障害だったが...ねぇ。 2番人気のアップトゥデイトがオジュウチョウサンを負かすべく積極的に動き、大逃げという戦法に打って出たもんで、オジュウチョウサンのワンサイドゲームにはならず。

 ただ...ねぇ。やはりオジュウチョウサンの壁は厚かったようで。これまでのレコードを大幅に更新するペースで逃げていたにも関わらずバテる気配もなく先頭をキープしていたアップトゥデイトだったが、 2回目の大障害クリアした辺りからじわりじわりと進出してきたオジュウチョウサンには敵わず。結局、最後の最後で交わされてしまい2着まで。

 そんなこんなで勝ったのはオジュウチョウサン。アップトゥデイトが会心のレースをしたもんで、これまでのような楽勝といった感じのレースにはならなかったが... 押し切り勝ちのパターンに持ち込んだアップトゥデイトを力でねじ伏せて勝ったような内容だったりするんでねぇ。これはこれでかなり強い競馬だったんじゃないかと。


インデックストップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。