• GI
  • 第62回
  • 有馬記念
  • 中山
  • 芝2500m
  • 3歳上オープン
  • 2017年12月24日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ヤマカツエース 大阪杯 3着 去年は4着。流れに乗れれば去年以上も? -
2 キタサンブラック 天皇賞秋 1着 前走3着も天皇賞の反動なかったのは評価でき。 -
2 3 クイーンズリング エリ女王杯 1着 今年の成績物足りず。鞍上は魅力だが... - -
4 プレスジャーニー 東スポ杯2歳S 1着 前走久々だったが好走。もう一変あれば怖い。 -
3 5 トーセンビクトリー 中山牝馬S 1着 中山で重賞勝ちあるも、この条件は厳しく。 - -
6 サトノクロニクル チャレンジC 1着 やや力不足。GIでは入着までっぽく。 - -
4 7 シャケトラ 日経賞 1着 有馬記念で大駆けする日経賞組。嵌れば... -
8 レインボーライン 菊花賞 2着 ややジリ傾向あるが多少時計要す中山なら。
5 9 サクラアンプルール 札幌記念 1着 中山に良績多数。距離克服できれば一発も。 -
10 シュヴァルグラン ジャパンC 1着 去年は6着だったが今年は勢いあるだけに。 -
6 11 ルージュバック オークス 2着 オールカマー快勝評価もこの相手となると? - -
12 サトノクラウン 宝塚記念 1着 前走案外も多少時計要す中山で巻き返し。 -
7 13 ミッキークイーン 秋華賞 1着 去年は5着。流れに乗れれば多少は。 - -
14 スワーヴリチャード 日本ダービー 2着 前走上々の内容。ただ東京がベストの馬で。 -
8 15 カレンミロティック 天皇賞春 2着 やや力不足だが前で楽に競馬できれば。 -
16 サウンズオブアース ジャパンC 2着 一昨年の2着馬だが前2走が散々で... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第62回有馬記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第62回有馬記念の展望と予想とヨタ話

この後にまだホープフルSが控えているのがアレですが...

一応、2017年の総決算となる一戦。第62回有馬記念。

という訳で、この有馬記念。前述しているように、2017年の締めくくりとなる一戦だが...3歳馬の参戦はGI未勝利のスワーヴリチャード・サトノクロニクル・プレスジャーニーだけだったり、 サトノダイヤモンドやゴールドアクターといった去年・一昨年の有馬記念馬がいなかったりするなど、少々寂しい顔ぶれに。

と、まぁ、そんな感じだったりする今回の有馬記念だが...とりあえず、この馬がいるんでねぇ。キタサンブラック。 今年は天皇賞春・秋を連覇しただけではなくGIに昇格した大阪杯も制すなど大活躍。前走のジャパンCこそ3着という結果だったが、 目標になるのを覚悟の上で積極的な競馬をして僅差の3着という「負けて強し」という内容だっただけにねぇ。 今回、他にそこまで強力な馬もいなかったりするんで、この馬中心の有馬記念になるのは仕方がないんじゃないかと。

そんなこんなで、予想もキタサンブラックから。ここがラストランということで普段以上に人気を集めそうなのがアレだが...その辺りはもう仕方がないかと。 あとはキタサンブラックの相手探だが...ここも順当にシュヴァルグランでいいんじゃないかと。ここが秋3戦目でまだ余力ありそうだしさ。あとは、これに続く形で、 前走の崩れ方心配も多少時計を要す中山で巻き返す可能性ありそうなサトノクラウン、東京がベストっぽいがGI・重賞実績は評価できるスワーヴリチャード、 ややジリ傾向ある馬だが流れに乗れればそれなりに突っ込んでくるレインボーライン辺りを次点候補でおさえる感じでいいんじゃないでしょうか。

第62回有馬記念予想
キタサンブラック
レインボーライン
シュヴァルグラン
サトノクラウン
スワーヴリチャード

キタサンがコケるなら大波乱もありそうだが...どうなんでしょうかねぇ?

結果
1着キタサンブラック
2着クイーンズリング
3着シュヴァルグラン
4着スワーヴリチャード
5着ルージュバック
タイム:2分33秒6 3F:35.2秒
キタサンブラック 牡5歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・清水久厩舎
単勝:2番190円
複勝:2番120円、3番550円、10番180円
枠連:1-2 1600円 馬連:2-3 3170円
馬単:2-3 3810円
3連複:2-3-10 5420円
3連単:2-3-10 25040円
ワイド:2-3 1180円
    2-10 280円 3-10 2760円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。クイーンズリングはなぁ。

そこ以外は妥当なところだったんだが...

まぁ、それはともかく。有馬記念の結果。こういう舞台でこういう組み合わせだったりするんで...大逃げをする等、一発狙いで思い切った戦法をとる馬が出てきても不思議ではなかったりしたのだが、 結局、その手の馬は現れず、平穏なレースに。

そんなこともあって、道中はすんなりハナを奪ったキタサンブラックのペース。まぁ、比較的緩めのペースで流れたもんだから、直線での瞬発力勝負で見劣り、他馬に交わされてしまう恐れもあったが... 後続馬がそこまでキレッキレの末脚を使えなかったこともあって、最後までそのまんま。最終的には2着に1・1/2馬身の差をつけ完勝してしまいました。

そんなこんなで、勝ったのはキタサンブラック。まぁ、マイペースで行ければこういう結果になるのは仕方がないところ。順当勝ちといったところじゃないでしょうか。 あと、他の馬。うまく立ち回ったのが功を奏した感はあるのだが、それを考慮してもクイーンズリングが2着確保したのはちょっとアレ。キタサンブラック以外の馬のレベルが「?」だった可能性もありそうなのがねぇ。 今回の上位馬、あまり過信はしない方がいいのかもしれませんな。

インデックストップへ