• GII
  • 第59回
  • AJC杯
  • 中山
  • 芝2200m
  • 4歳上オープン
  • 2018年1月21日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 レジェンドセラー オリオンS 1着 勢い評価。この相手なら重賞でも通用。 -
2 2 トミケンスラーヴァ 万葉S 1着 連勝は一応評価。うまく流れに乗れれば... -
3 3 ミッキースワロー セントライト 1着 久々が鍵もセントライト記念の内容評価。 -
4 4 シホウ ステイヤーズ 5着 パンチ不足。ここでは入着までか。 - -
5 5 ゴールドアクター 有馬記念 1着 実績ダントツだし条件楽。ただ久々が... -
6 6 ディサイファ AJC杯 1着 一昨年の勝ち馬だが2桁着順続いて... - -
7 ダンビュライト 皐月賞 3着 詰めの甘さ気になるも臨戦過程上々で。
7 8 ショウナンバッハ AJC杯 3着 一昨年の3着馬。近走悪くないし多少は。
9 マイネルミラノ 函館記念 1着 オールカマーぐらい走ればチャンス有。注意。 -
8 10 マイネルディーン 福島記念 4着 たまに爆走ある馬。前々走ぐらい走れば。 -
11 トーセンビクトリー 中山牝馬S 1着 条件かなり楽になる。巻き返しあっても。 -

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第59回AJC杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第59回AJC杯の展望と予想とヨタ話

先週の日経新春杯と比べ、こちらは実績馬多め?

中距離GII。アメリカジョッキークラブカップ。

というわけで、このAJC杯。芝2200mのGIIと先週の日経新春杯と似た条件の重賞だが、こちらは別定戦ということもあってか、 GIで好走しているような実績馬が多めになりがち。まぁ、来月に京都記念が控えていることもあって、そっちに向かう馬も多かったりはしますが...

まぁ、それはそれとして。今回のAJC杯。この時期の重賞だし、頭数はやや少なめだが...有馬記念勝ちのゴールドアクターを筆頭に、 皐月賞3着のタンビュライト、セントライト記念勝ちのミッキースワローといった中山を得意とする実績馬が参戦し、レースのレベル自体はまずまずといった感じ。

で、そんなAJC杯の予想。トミケンスラーヴァやレジェントセラーなどOP・準OPを勝ち上がった新興勢力もいたりするが...まぁ、実績が実績なだけにねぇ。 ここは前述のゴールドアクター・タンビュライト・ミッキースワローで勝負するのが妥当なところなんじゃないかと。あとは、その中での順序付けがポイントとなるのだが... ゴールドアクターもミッキースワローも前走からちょっと間隔開いているのが気になるんでねぇ。ここはタンビュライトを軸にして、ゴールドアクター・ミッキースワローはおさえ、 という感じの勝負をしてみてもいいんじゃないでしょうか。

第59回AJC杯予想
ダンビュライト
マイネルミラノ
ミッキースワロー
ゴールドアクター
ショウナンバッハ
レジェンドセラー

穴狙うなら、たまに一発あるマイネル2騎辺りかな。

結果
1着ダンビュライト
2着ミッキースワロー
3着マイネルミラノ
4着ディサイファ
5着トーセンビクトリー
タイム:2分13秒3 3F:36.0秒
ダンビュライト 牡4歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:栗東・音無厩舎
単勝:7番390円
複勝:7番140円、3番120円、9番680円
枠連:3-6 450円 馬連:3-7 460円
馬単:7-3 1120円
3連複:3-7-9 6440円
3連単:7-3-9 24620円
ワイド:3-7 220円
    7-9 2060円 3-9 1730円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、的中!とりあえず的中はしたが...

ちょっと安めですなぁ。ここまで人気集めるとは。

でもって、AJC杯の結果。ミッキースワローのスタートが悪く、後方からの競馬になったりはしたが、それ以外はこれといった波乱はナシ。道中はマイネルミラノが後続を離してマイペースで逃げる展開。 で、楽な逃げに持ち込めたもんだから、オールカマーと同じような感じで直線に入っても先頭をキープ。

ただ...やはりというか、ねぇ。こういうペースを見越して早め早めに動いたダンビュライトには敵わず。結局、逃げたマイネルミラノ、直線の坂を登った辺りで捕まり終了。 あとは、マイネルミラノを交わして先頭に立ったダンビュライトがそのまま後続馬を突き放して、最終的には2馬身の差をつけて完勝してしまうことに。

そんなこんなで、勝ったのはダンビュライト。道中は2番手を追走。で、勝負所で早め早めにマイネルミラノとの差を詰め直線へ。 楽に行けたこともあって直線ではマイネルミラノの抵抗に遭うものの、これを力でねじ伏せて先頭に立ち、この結果に。まぁ、いい塩梅の展開になったことだし、この結果は妥当なところだったりするんじゃないでしょうか。

あと、他の馬。2着のミッキースワローは「出遅れがなければ...」という感じの内容だったが、セントライト記念ぐらいの走りが出来ればもう少し際どい勝負になっていた筈。 若干伸びを欠いたのはやはり「久々が堪えた」とかそんなところだったんじゃないかと。あと、ゴールドアクターは...なぁ。たまに大敗することもある馬なんで、その辺りはあまり気にしなくてもいいのかもしれないが... とりあえず、しばらく様子見するのが正解かな。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ