• GIII
  • 第32回
  • 根岸ステークス
  • 東京
  • ダ1400m
  • 4歳上オープン
  • 2018年1月28日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 イーデンホール 栗東S 3着 多少持ち直す。ただ重賞では厳しいか。 - -
2 2 アキトクレッセント 武蔵野S 3着 ダ1400mに良績集中。この条件なら重賞でも。
3 3 ブラゾンドゥリス 黒船賞 1着 重賞では少し足りない様子。この相手では... - -
4 マッチレスヒーロー ジャニュアリ 2着 前2走悪くないが重賞でこの相手では... - -
4 5 ノボバカラ 南部杯 2着 前2走物足りず。いい頃の走りは望めぬか。 -
6 カフジテイク フェブラリーS 3着 去年の勝ち馬。この条件得意だし今年も。 -
5 7 キングズガード 南部杯 3着 やはり短めの距離がベストか。巻き返し注意。
8 サンライズノヴァ ユニコーンS 1着 実は短距離向き?距離短縮で一変も。 -
6 9 モンドクラッセ 東海S 2着 前走多少巻き返したが今回相手揃って。 - -
10 サイタスリーレッド オーバルSP 1着 前走3着も一押し足りぬ。もう一変ないと... - -
7 11 ラブバレット 兵庫ゴールド 2着 去年は10着。中央の重賞では分が悪いか。 -
12 ブルドッグボス JBCスプ 3着 ここ数戦の走り評価もベストは1200mっぽく。 - -
8 13 ベストウォーリア 南部杯 1着 やや崩れ気味。巻き返しあればいいが... -
14 ノンコノユメ JDダービー 1着 前走それなりに差は詰める。そろそろ出番。

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第32回根岸ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第32回根岸ステークスの展望と予想とヨタ話

今週から2018年の東京開催、スタートです。

まずはフェブラリーSの前哨戦。根岸ステークス。

そんなこんなで、この根岸ステークス。先週の東海Sに続いて今週もフェブラリーSに向けての一戦が開催される訳ですが、 フェブラリーSと同じ東京で行われることもあって、こっちの方が有力馬多め。まぁ、中には、ここ狙いで出てきた東京ダ1400mのスペシャリストもいたりはしますが...

まぁ、それはともかく。今回の根岸ステークス。チャンピオンズC・フェブラリーSを勝ったゴールドドリームはフェブラリーS直行、 南部杯・東京大賞典を勝ったコパノリッキーは引退、JBCスプリントを勝ったニシケンモノノフはここではなく裏のシルクロードSに向かったこともあって、 直近のGI・JpnI好走馬は南部杯2・3・4着のノボバカラ・キングズガード・カフジテイクに、JBCスプリント3着のブルドッグボスとちょっと微妙な顔ぶれとなってしまったが... どの馬もそれなりに重賞実績はあったりするんでねぇ。まぁ、悪くはないメンバー構成にはなったんじゃないかと。

ただ...傑出馬がおらず、予想がかなり難解なのがちょっとアレ。実績を考えれば、前述のGI・JpnI好走馬にノンコノユメ・ベストウォーリアといったJpnI馬を絡めていく感じでいいんだろうけど... どの馬も展開に注文がつくなどクセが強かったり近走がイマイチだったりするなど、あまり信用できなかったりするんでねぇ。去年の勝ち馬カフジテイクや、 そのカフジテイクをプロキオンSで撃破したキングズガード辺りは、まぁ、キープしておいても問題はなさそうだが...他はちょっと微妙なところ。 この辺りは、前走上々の内容だった上に、重賞での好走もあるサンライズノヴァ・アキトクレッセント辺りと入れ替えてしまってもいいんじゃないかと。

第32回根岸ステークス予想
カフジテイク
アキトクレッセント
キングズガード
ノンコノユメ
サンライズノヴァ

あとはオッズ次第かな。いい塩梅に人気が割れてくれれば...

結果
1着ノンコノユメ
2着サンライズノヴァ
3着カフジテイク
4着マッチレスヒーロー
5着ブルドッグボス
タイム:1分21秒5(R) 3F:35.8秒
出走取消:13番
ノンコノユメ セン6歳
騎手:内田博幸 厩舎:美浦・加藤征弘厩舎
単勝:14番1050円
複勝:14番270円、8番140円、6番160円
枠連:5-8 1520円 馬連:8-14 2010円
馬単:14-8 5080円
3連複:6-8-14 2540円
3連単:14-8-6 20200円
ワイド:8-14 780円
    6-14 840円 6-8 330円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。うーん、印が逆順だ。

ノンコノユメはいい狙いだったがカフジテイクが3着では。

でもって、根岸ステークスの結果。サイタスリーレッドが思っていた以上に飛ばして逃げたもんで全般的に前崩れの展開に。 直線では好位から競馬したラブバレット・ブルドッグボスといった地方勢が先頭に立つものの、外から伸びてきたノンコノユメ・サンライズノヴァ・カフジテイクの勢いには敵わず。

そんなこんなで、直線では先頭集団を交わして抜け出したノンコノユメ・サンライズノヴァの叩き合いに。 最初は一足先に動いたサンライズノヴァがクビほど抜けてそのままゴール駆け込む勢いだったが、最後脚色が鈍ったところをノンコノユメに強襲され2着まで。

という訳で、勝ったのはノンコノユメ。ここ数戦はやや足りない競馬が続いていたが、叩き3戦目と東京替わりで復活。まぁ、Jpn勝ちある馬だし、 東京のダートでもフェブラリーS2着や武蔵野S勝ちがあったりするんでねぇ。きちんと走ればこれ位はやれていい馬。妥当な結果だったんじゃないかと。 2着以下も、まぁ、妥当なところ。まぁ、人気集めていた馬だし、こちらも当然の結果といったところでしょうか。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ