• GIII
  • 第23回
  • シルクロードステークス
  • 京都
  • 芝1200m
  • 4歳上オープン
  • 2018年1月28日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ファインニードル セントウルS 1着 嵌まれば走る馬。前々走の再現できれば。
2 アレスバローズ 南総S 1着 能力は重賞でも通用。あとは展開次第か。
2 3 グレイトチャーター 淀短距離S 4着 少し足りない。重賞では入着が精一杯。 - -
4 フミノムーン 京阪杯 3着 前2走は度外視できるレース。一変警戒。 -
3 5 アットザシーサイド 桜花賞 3着 前2走が物足りず。重賞では厳しいか? - -
6 セカンドテーブル 京王杯2歳S 1着 重賞での好走光る。今回久々だが穴で。 -
4 7 セイウンコウセイ 高松宮記念 1着 前走そこまで負けてはいないが...過信は禁物。 -
8 ダイアナヘイロー 北九州記念 1着 前走が案外。巻き返しあればいいが... - -
5 9 キングハート 函館SS 2着 前走8着だったが僅差。流れに乗れれば。 -
10 ニシケンモノノフ JBCスプ 1着 芝でも多少は走ったが...今回条件厳しく。 - -
6 11 ユキノアイオロス みちのくS 1着 一発ある馬だがローカル場じゃないと... -
12 タマモブリリアン セプテンバーS 1着 昇級後の成績が物足りず。重賞では... - -
7 13 カラクレナイ フィリーズ 1着 前走まずまず。そろそろ復活あっていい? -
14 ミッキーラブソング 京都金杯 3着 重賞成績ちと物足りず。OPまでの馬? - -
15 ナックビーナス オーシャンS 2着 ここ数戦の安定した走り評価。重賞でも。 -
8 16 ラインミーティア アイビスSD 1着 去年夏の走り評価も冬場はイマイチで。 - -
17 ロードクエスト NHKマイルC 2着 差は詰めるも、もう一変ないと出番は... - -
18 ナリタスターワン 北九州記念 2着 重賞では展開の助け必要。ちと厳しい。 - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第23回シルクロードステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第23回シルクロードステークスの展望と予想とヨタ話

フェブラリーSに向け、盛り上がるダート路線ですが...

短距離路線もぼちぼちやってますよ。シルクロードS。

という訳で、このシルクロードステークス。春の短距離路線の大一番・高松宮記念に向けての一戦。 ただ、直前に阪急杯・オーシャンSといった手頃なステップレースがある上に、ハンデ戦ということもあって、 そこまで実績馬は出て来ないのがこのシルクロードステークス。

...なのだが、ねぇ。去年の高松宮記念馬セイウンコウセイがこのシルクロードステークスでいきなり始動。 まぁ、去年もこのレースから高松宮記念に向かっていたことや、京都に良績が多数あることを考えれば、そこまで意外なことではないのかもしれないが... 58kgというハンデを背負わされるにも関わらずここに出走してきたのはかなり気になるところでして。

まぁ、それは一旦置いておいて。とりあえずシルクロードSの予想を。前述したセイウンコウセイ以外にも、 ラインミーティア・ロードクエスト・ファインニードル・ダイアナヘイローといった重賞勝ち馬が揃っているが... スプリンターズS大敗など、近走成績がちと物足りない馬ばかりだったりするのがねぇ。ここは別の馬を狙ってみるのもアリなんじゃないかと。

という訳で、中心はキングハート。重賞で勝ち切れなかった上に、OPのオパールSでは8着とちょっとトーンダウン気味ではあるが、 着順の割にはそこまで前との差はなかったりするし、京都に良績多かったりすることを考えれば巻き返しあっていいんじゃないかと。 あとは、展開が鍵だが能力的には重賞でもやれそうなアレスバローズ、OPで好走続けるナックビーナスを。

第23回シルクロードステークス予想
キングハート
フミノムーン
アレスバローズ
ナックビーナス
ファインニードル
セイウンコウセイ

一発狙うならこの条件で一変ありそうなフミノムーンかな。

前走は重馬場、前々走は展開嵌まらず負けた感あるんで...

結果
1着ファインニードル
2着セイウンコウセイ
3着フミノムーン
4着カラクレナイ
5着ナックビーナス
タイム:1分08秒3 3F:34.3秒
ファインニードル 牡5歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・高橋義忠厩舎
単勝:1番770円
複勝:1番330円、7番370円、4番1740円
枠連:1-4 490円 馬連:1-7 3200円
馬単:1-7 5830円
3連複:1-4-7 54280円
3連単:1-7-4 237290円
ワイド:1-7 1270円
    1-4 6630円 4-7 9410円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。フミノムーンはいい狙いだったんだが...

1・2着馬の印が薄くて結局タテ目の決着に。うーん。

まぁ、それはともかく。シルクロードSの結果。前半3ハロン通過が34.0秒とこの距離のレースにしては緩めのペースだったこともあり、全般的に前残りの競馬。 そんなこんなで、直線では逃げたセイウンコウセイを見る形で駒を進めたファインニードルがあっさりこれを交わして先頭に立ち、そのまんま。一応、さらにその後ろで競馬していたナックビーナスや、 後方で待機していたフミノムーン・カラクレナイも差は詰めてはいたが...前を捕らえるには至らず。

という訳で、勝ったのはファインニードル。比較的楽な展開になったのは確かだが、まぁ、セントウルSで強敵相手に完勝している馬だったりするんでねぇ。 これは妥当な結果だったんじゃないかと。ただ、この調子で高松宮記念も...というほどの勝ち方ではなかったんでねぇ。 どちらかというと、58kgというハンデ背負わされたにも関わらず粘って2着確保したセイウンコウセイの方が内容的には上だったんじゃないかと。 これだけの走りが出来るのであれば高松宮記念連覇も十分できそうな感じですな。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ