• JpnI
  • 第67回
  • 川崎記念
  • 川崎
  • ダ2100m
  • 4歳上オープン
  • 2018年1月31日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 イッシンドウタイ マーチS 2着 2015年の川崎記念で5着あるも近走が... - -
2 2 コスモカット 夏至賞 1着 東京大賞典14着で決着済。ここでは力不足。 - -
3 3 アウォーディー JBCクラ 1着 一時期の勢いはないがぼちぼちは復調していて。 -
4 4 サウンドトゥルー JBCクラ 1着 前走きっちり巻き返す。流れにさえ乗れれば。
5 5 キャッスルクラウン NTV盃 5着 差のある競馬続く。この相手では厳しい。 - -
6 6 ケイティブレイブ 帝王賞 1着 去年の5着気になるもJpnI実績は評価。
7 7 アポロケンタッキー 東京大賞典 1着 前走それなりに差は詰めた。もう一変あれば。
8 グレンツェント 東海S 1着 前走10着も差は少なく。そろそろ出番? -
8 9 メイショウスミトモ 名古屋GP 1着 名古屋GPとシリウスS再評価。きちんと走れば。 -
10 ディアドムス 全日本2歳 1着 復活した様子。この勢いならJpnIでも。 -

以上登録10頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第67回川崎記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第67回川崎記念の展望と予想とヨタ話

来月にはダート路線の大一番・フェブラリーSがありますが...

このレースもありますよ。第67回川崎記念。

という訳で、この川崎記念。ここを使ってフェブラリーSに向かうことも可能だが...ローテーションや2100m→1600mへの距離短縮がキツかったりするのか、 フェブラリーSに向かうような有力馬はここには出て来ず、川崎記念は川崎記念、フェブラリーSはフェブラリーSと別々のレースになりがち。

で、そんな川崎記念。フェブラリーSに向かう有力馬が多くなると、前述したような理由でこの川崎記念は手薄になりがちだが... 今年は距離的に合わないと判断したのかこっちに出てきた有力馬が結構多め。まぁ、出走頭数自体は10頭と少なめだったりはしますが。

まぁ、それはともかく。今回の川崎記念。こういうメンバー構成だし、ここはJpnI好走馬同士の争いになるのは仕方がないところ。 あとは、その中でどの馬が勝つかが予想のポイントとなるんだろうけど...ここはサウンドトゥルーでいいんじゃないでしょうか。 川崎記念は2年連続で2着だったりするが、一昨年の川崎記念のように流れにさえ乗れれば際どい勝負にまで持ち込める馬だったりするんでねぇ。 今回そこまで強力なライバルもいないことだし、ここはチャンスなんじゃないかと。

第67回川崎記念予想
サウンドトゥルー
グレンツェント
ケイティブレイブ
アウォーディー
アポロケンタッキー

で、あとは実績馬で手堅くまとめる感じで。

結果
1着ケイティブレイブ
2着アポロケンタッキー
3着アウォーディー
4着グレンツェント
5着サウンドトゥルー
タイム:2分14秒9 3F:37.1秒
ケイティブレイブ 牡5歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・目野厩舎
単勝:6番270円
複勝:6番120円、7番170円、3番130円
枠連:6-7 680円 馬連:6-7 810円
枠単:6-7 1170円 馬単:6-7 1480円
3連複:3-6-7 1040円
3連単:6-7-3 4680円
ワイド:6-7 310円
    3-6 190円 3-7 380円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、一応的中。○△▲で拾っているが...

軸馬が来ないのではなぁ。これはやや厳しい感じ。

まぁ、それはともかく川崎記念の結果。そこまで派手な感じの逃げではなかったが、その分楽に行けたこともあったのか、 逃げたケイティブレイブ、そのまま逃げ切ってしまいました。2着以下も前に行ったアポロケンタッキーやアウォーディー、グレンツェントが残り、 終わってみればほぼ前残りの結果に。

そんなこんながあったが、勝ったのはケイティブレイブ。ペースが緩いと瞬発力勝負で負け、ペースが速いと後方待機組に差し込まれて負けるというパターンで勝ち切れないことも多い馬だが、 今回は問題なかったようで。直線では差を詰められるどころか逆に突き放して完勝。ただ、うまく流れに乗れて勝てた感は否めないだけに、この調子で次も...というのはちと期待しすぎなのかもしれませんな。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ