• GI
  • 第35回
  • フェブラリーステークス
  • 東京
  • ダ1600m
  • 4歳上オープン
  • 2018年2月18日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ニシケンモノノフ JBCスプ 1着 去年は5着。流れに乗れればマイルでも。
2 ケイティブレイブ 川崎記念 1着 時計要すダート向きっぽく。東京のダートでは... - -
2 3 ノボバカラ 南部杯 2着 近走物足りず。好調時の走り戻れば怖いが... -
4 アウォーディー JBCクラ 1着 復調しつつあるが、この条件はちょっと厳しく。 - -
3 5 サウンドトゥルー チャンピオン 1着 去年は8着。この条件はちと苦しいかも。 -
6 インカンテーション フェブラリーS 2着 2015年の2着馬。武蔵野Sぐらい走れば。 -
4 7 ララベル JBCレディ 1着 前走がイマイチ。さらに今回相手強力で。 - -
8 メイショウスミトモ 名古屋GP 1着 東京に良績少なく。今回相手も揃うし... - -
5 9 キングズガード 南部杯 3着 長めの距離こなせるようになる。展開次第で。 -
10 テイエムジンソク チャンピオン 2着 チャンピオンズC評価も時計出るダートだと? -
6 11 ロンドンタウン コリアC 1着 テイエムジンソクに先着ある馬だが前2走が... - -
12 ノンコノユメ JDダービー 1着 一昨年の2着馬。前走の末脚使えれば。 -
7 13 レッツゴードンキ スプリンター 2着 ダートでも好走ある馬。嵌まれば。 -
14 ゴールドドリーム チャンピオン 1着 去年の勝ち馬。東京ダ1600m得意だし今年も。 -
8 15 ベストウォーリア 南部杯 1着 去年の2着馬だが、最近崩れること多く。 - -
16 サンライズノヴァ ユニコーンS 1着 前走上々。重賞勝ちある東京ダ1600mなら。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第35回フェブラリーステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第35回フェブラリーステークスの展望と予想とヨタ話

2018年のGI、スタートです。まずはダートから。

ダート路線の頂点を決める一戦、第35回フェブラリーステークス。

という訳で、このフェブラリーステークス。今年は川崎記念にも有力馬が結構出走したこともあり、少し手薄になるんじゃないかという懸念があったりしたが...杞憂でしたな。 川崎記念組もきっちり参戦し、有力馬勢揃いといった感じのメンバー構成に。まぁ、これらの川崎記念組が揃って出走してきた影響で、フェブラリーSでも好走あるカフジテイク・アスカノロマンが揃って除外されてしまったのはアレですが...

まぁ、それはそれとして。今回のフェブラリーステークス。引退したコパノリッキーに代わってどの馬がダート路線の頂点に君臨するか注目...といった感じの一戦だったりするが、近走や東京ダ1600mの実績を考えるとねぇ。 ここはゴールドドリームの連覇が濃厚だったりするんじゃないかと。一応、チャンピオンズCでこのゴールドドリームに肉薄したテイエムジンソクや、 芝メインで使われていたがJBCレディスクラシックで2着確保しているようにダート適正もそれなりにあるレッツゴードンキといった新興勢力、 根岸Sで上位確保したように東京では滅法強いノンコノユメ・サンライズノヴァ、ベストウォーリア・サウンドトゥルー・アウォーディー・インカンテーションといった実績馬もいたりするが、どの馬もやや不安面があったりするのがねぇ。 嵌れば出番はあるんだろうけど...

と、まぁ、そんな感じだったりするんで、予想もゴールドドリームから。で、これに続く形で、展開が鍵だが根岸Sの末脚評価できる上に、ともに東京ダ1600mで行われたユニコーンSを勝っていることを考えれば、 この条件はベストっぽいノンコノユメ・サンライズノヴァ辺りを狙っていく感じでいいんじゃないかと。あと、勢いあるテイエムジンソクも気になるところだが...距離短縮と時計が出る東京ダートが合わない可能性があるんでねぇ。 ここは軽めの印に留めておくのが妥当なのかもしれませんな。

第35回フェブラリーステークス予想
ゴールドドリーム
ニシケンモノノフ
ノンコノユメ
サンライズノヴァ
テイエムジンソク

あと、去年みたいな走りが出来ればニシケンモノノフも怖いが...

結果
1着ノンコノユメ
2着ゴールドドリーム
3着インカンテーション
4着サンライズノヴァ
5着レッツゴードンキ
タイム:1分36秒0 3F:37.7秒
ノンコノユメ セン6歳
騎手:内田博幸 厩舎:美浦・加藤征厩舎
単勝:12番1070円
複勝:12番280円、14番130円、6番350円
枠連:6-7 870円 馬連:12-14 1140円
馬単:12-14 3530円
3連複:6-12-14 6540円
3連単:12-14-6 41560円
ワイド:12-14 520円
    6-12 2620円 6-14 720円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、的中。いい感じに嵌まりましたな。

3着以下も多少印は打っているし悪くはないかな。

でもって、フェブラリーステークスの結果。ニシケンモノノフとケイティブレイブ、テイエムジンソク辺りが絡んで逃げるような形になったもんだから、 前半3ハロン通過が34.1秒とペースはかなり速め。そんなこともあってか、直線では逃げ・先行馬だけではなく、早めに動いた差し馬も伸び悩んでしまうという前崩れの競馬に。 結局、最後方付近で競馬していたノンコノユメが直線で一気に進出し、後方待機から直線で脚を伸ばし一足先に抜け出していた1番人気のゴールドドリームを差し切って1着。

しかし...そんな感じのフェブラリーステークスだったんでねぇ。終わってみれば、フェブラリーSで連対経験がある実績馬同士で決着するという順当な結果だったが、 やや展開が嵌まって上位確保できた感は否めないんじゃないかと。逆に、大敗したケイティブレイブ・テイエムジンソクもこの流れに巻き込まれて撃沈した感があるんでねぇ。 今回の大敗はそこまで気にしなくてもいいんじゃないかと。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ