• GIII
  • 第52回
  • 小倉大賞典
  • 小倉
  • 芝1800m
  • 4歳上オープン
  • 2018年2月18日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 スズカデヴィアス 京都記念 2着 手頃な条件だが今回少し相手揃って。 - -
2 ダノンメジャー 京都金杯 4着 重賞でもそれなりに好走。この条件なら。 -
2 3 サトノスティング 初富士S 1着 そこそこ走る。今回重賞だが53kgなら。
4 ストレンジクォーク 中山金杯 3着 金杯3着評価。ハンデ据え置きのここなら。
3 5 サトノアリシア コスモス賞 1着 立ち直った様子。前走ぐらい走ればここも。 -
6 ダッシングブレイズ エプソムC 1着 重賞実績評価も前走から間隔開いて。 -
4 7 ヒットザターゲット 目黒記念 1着 たまに一発ある馬だがこの条件では... - -
8 マサハヤドリーム 博多S 1着 重賞で凡走続くも小倉なら一変ありそう。 -
5 9 ケイティープライド 函館記念 2着 この条件嵌まれば多少は走る。3着穴で。 -
10 タイセイサミット 毎日杯 3着 2桁着順続く。一変あればいいが... - -
6 11 ヤマカツライデン 函館記念 3着 今回久々だし重賞ではちと厳しい馬で。 - -
12 クラリティスカイ NHKマイルC 1着 去年の3着馬だがスランプに陥ったようで... - -
7 13 トリオンフ 寿S 1着 勢い評価。54kgなら重賞でも通用しそうで。 -
14 ウインガナドル ラジオNIKKEI 2着 前走は度外視できる内容。ここなら巻き返し。
8 15 ハッピーユニバンス TVh賞 1着 重賞成績物足りず。51kgでも厳しいか。 - -
16 クインズミラーグロ マーメイドS 2着 2桁着順続く。しばらく様子見必要か。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第52回小倉大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第52回小倉大賞典の展望と予想とヨタ話

ここで勢いがつけば大阪杯・安田記念も視野に入るが...

それは少し高望みしすぎ?第52回小倉大賞典。

という訳で、この小倉大賞典。前述した通り、ここの結果次第では大阪杯や安田記念といったGIに繋がる可能性もあったりするが... 典型的なローカル場のハンデ重賞だったりするんでねぇ。そこまで望むのはちょっと酷だったりするんじゃないかと。

まぁ、それはそれとして。今回の小倉大賞典。直近のGIIIである東西金杯や、OP・準OP組が主力を形成するのは、まぁ、いつも通り。 ただ、GIで好走するも賞金を加算できなかった馬が賞金を加算すべくここに出てきたり、相手関係になるここで巻き返しを図ろうとしているGI出走馬がほとんどいなかったりするのがちょっとアレだったりしますが...

と、まぁ、そんな感じで、実績的にそこまで抜けた馬がいないメンバー構成だったりするんで...ここは重賞・OP・準OP好走馬を狙っていくのが正解だったりするんじゃないでしょうかねぇ。 連勝で勢いある上に今回昇級戦ということもあってハンデが54kgと軽めのトリオンフとか、重賞での好走評価できるダノンメジャー・ストレンジクォーク・ウインガナドルとかいるんだしさ。

第52回小倉大賞典予想
トリオンフ
マサハヤドリーム
ダノンメジャー
ストレンジクォーク
サトノスティング
ウインガナドル

あと、小倉で一変ありそうなマサハヤドリームもアリかと。

結果
1着トリオンフ
2着クインズミラーグロ
3着スズカデヴィアス
4着ダッシングブレイズ
5着マサハヤドリーム
タイム:1分46秒1 3F:34.5秒
トリオンフ セン4歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・須貝厩舎
単勝:13番230円
複勝:13番140円、16番1660円、1番250円
枠連:7-8 3370円 馬連:13-16 14620円
馬単:13-16 19180円
3連複:1-13-16 34380円
3連単:13-16-1 163430円
ワイド:13-16 4690円
    1-13 560円 1-16 9620円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。トリオンフはバッチリだったが...

2・3着が無印というのはちょっとねぇ。

まぁ、それはともかく。小倉大賞典の結果。ヤマカツライデン・ウインガナドルが逃げる展開だったが、後続馬をそのまま振り切るほどの勢いはなく、 勝負所の3〜4コーナーで他馬に捕まって終了。あとは、その勝負所で仕掛け、早めに先頭に立ったトリオンフが直線で後続馬を一方的に突き放してそのままゴールへ。

という訳で、勝ったのはトリオンフ。いい塩梅に流れに乗れたのは確かだが、これだけ快勝してしまったのは評価していいんじゃないかと。 ただ、今後は相手も強くなるし、今回の54kgのようにハンデに恵まれることもなかったりするんで...その辺りを克服できるかどうかが鍵になりそうな感じ。 まぁ、GIII程度なら十分勝ち負けはなりそうですが。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ