• GIII
  • 第25回
  • チューリップ賞
  • 阪神
  • 芝1600m
  • 3歳牝オープン
  • 2018年3月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ウインラナキラ 若駒S 7着 昇級戦が物足りず。牝馬相手でも出番は... - -
2 2 カレンシリエージョ 札幌2歳S 10着 前2走がイマイチ。この条件では厳しい。 - -
3 3 スカーレットカラー フェアリーS 2着 やや詰め甘いが差は手堅く詰める馬で。
4 4 マウレア 阪神JF 3着 前走案外も時計が出る馬場なら一変も。
5 5 ラッキーライラック 阪神JF 1着 3連勝でGI制覇。この相手なら4連勝も?
6 6 レッドランディーニ エルフィンS 3着 ジリ。上がり要せば多少はやれそうだが... -
7 7 サヤカチャン アルテミスS 2着 2桁着順続く。展開嵌まっても出番は... -
8 シグナライズ 紅梅S 4着 前走が物足りず。OPではちょっと足りない。 - -
8 9 リリーノーブル 阪神JF 2着 もうワンパンチ欲しい。逆転はちと厳しい? -
10 サラキア 新馬 1着 新馬戦完勝も重賞ではちょっと苦しいか。

以上登録10頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第25回チューリップ賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第25回チューリップ賞の展望と予想とヨタ話

今週から本格的にクラシックに向けての戦いがスタート。

まずは桜花賞トライアル、第25回チューリップ賞。

という訳で、このチューリップ賞。上位馬に桜花賞の優先出走権が与えられるトライアルレースだったりするが、 どちらかというと桜花賞と同じ阪神芝1600mで行われる点の方が重視されがち。まぁ、そのお陰で有力馬がこのレースに集中し、 プレ桜花賞みたいなレースになったりするんで、前哨戦としては悪くなかったりするんですけどね。

で、今回のチューリップ賞。今年は頭数が10頭と少なめだったりするが、ラッキーライラック・リリーノーブル・マウレアといった阪神JFの1〜3着馬が揃って出走してきたことを考えるとねぇ。 こういう頭数ではあるが、今年も桜花賞の前哨戦と考えた方が良さそうな感じ。

でもって、そんなチューリップ賞の予想。特に深く考えず、前述の阪神JF1〜3着馬ラッキーライラック・リリーノーブル・マウレアで勝負しても当たってしまいそうな感じ。 ただ、ラッキーライラック・リリーノーブルは阪神JF以来の出走だし、マウレアは前走のクイーンCがやや不発の5着という結果だったりするんで...ねぇ。 これらの馬の一角が欠ける可能性は十分あるんじゃないかと。今回はその辺りをうまくフォローできるかどうか、そこが鍵だったりするんじゃないでしょうか。 ジリだが手堅く差を詰めて上位を確保するスカーレットカラーとか、まだ底を見せていないサラキアとかさ。

第25回チューリップ賞予想
ラッキーライラック
マウレア
リリーノーブル
スカーレットカラー
サラキア

波乱もたまにあるのがこのチューリップ賞なんだが...

今年は...そこまで荒れないんじゃないかな。

結果
1着ラッキーライラック
2着マウレア
3着リリーノーブル
4着サラキア
5着レッドランディーニ
タイム:1分33秒4 3F:33.9秒
ラッキーライラック 牝3歳
騎手:石橋脩 厩舎:栗東・松永幹夫厩舎
単勝:5番180円
複勝:5番110円、4番140円、9番110円
枠連:4-5 710円 馬連:4-5 750円
馬単:5-4 990円
3連複:4-5-9 410円
3連単:5-4-9 1950円
ワイド:4-5 230円
    5-9 120円 4-9 290円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、的中。まぁ、妥当な結果でしたな。

ただ、リリーノーブルが3着止まりだったんで、配当は少し高めに。

でもって、チューリップ賞の結果。サヤカチャンやカレンシリエージョが後続を引き離して逃げた割には前半3ハロン通過が35.4秒と緩めで、展開的に一波乱ある可能性もあったのだが... 結局、阪神JF1〜3着馬ですんなり決まってしまいましたなぁ。サヤカチャン・カレンシリエージョを見る形で3番手を追走していたラッキーライラックが残り200m付近でバテた前2頭を交わして先頭に立ち、そのままゴールへ。 2着以下もラッキーライラックを見る形で駒を進めていたマウレア・リリーノーブルがそのまま繰り上がって2・3着を確保するという順当な結果に。

そんなこんなで、勝ったのはラッキーライラック。前述したような感じで2着に2馬身の差をつけ完勝。 ただ、今回は「強さを見せつけた」というよりも「ラッキーライラックに対抗できるような馬が現れなかった」という印象が強いのがちょっと気になるところ。 まぁ、このまま対抗馬が現れなければ次も順当に勝てそうな感じではあるが...新興勢力の一発に屈してしまう可能性もまだ残っているんで、その辺りには注意したいところですな。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ