• GII
  • 第54回
  • 金鯱賞
  • 中京
  • 芝2000m
  • 4歳上オープン
  • 2018年3月11日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ヤマカツエース 金鯱賞 1着 金鯱賞連覇中。一変あれば今年も? -
2 2 メートルダール 中日新聞杯 1着 なかなかの相手破った前走評価。注意。
3 3 ブレスジャーニー 東スポ杯2歳S 1着 前々走再評価。そろそろ出番あっていい。
4 4 サトノノブレス 菊花賞 2着 このレース好走多いが去年の成績が... - -
5 5 サトノダイヤモンド 有馬記念 1着 前2走は度外視できる。ただ久々が... -
6 6 ダッシングブレイズ エプソムC 1着 前走悪くなく。叩き2戦目のここなら。 -
7 7 デニムアンドルビー 宝塚記念 2着 8歳馬だが末脚は相変わらず。嵌まれば。 -
8 8 アクションスター 京成杯 2着 凡走続く。この相手では入着も厳しい。 - -
9 スワーヴリチャード 日本ダービー 2着 GI好走素直に評価。流れに乗れれば。 -

以上登録9頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第54回金鯱賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第54回金鯱賞の展望と予想とヨタ話

ここから天皇賞春に向かうこともできるが...

やはり目標は大阪杯?第54回金鯱賞。

という訳で、この金鯱賞。京都記念や中山記念といった中距離重賞が相次いで開催されることもあって、 有力馬が各重賞に分散され、メンバーが揃わない事態になることもしばしばあるのがこの時期の中距離重賞だったりするのだが... どうやらこの金鯱賞も例外ではないようで。今回の金鯱賞、GIIや大阪杯へのステップという好条件が揃っているにも関わらず、出走馬は9頭とやや寂しいレースに。

ただ、好条件が揃っていることもあってか、頭数は少ないものの、有馬記念馬サトノダイヤモンドに、日本ダービー2着のスワーヴリチャード、 菊花賞2着のサトノノブレスといったGI好走馬に加え、金鯱賞連覇中のヤマカツエースや、中距離重賞勝ちのダッシングブレイズ・メートルダール、 そろそろ復活ありそうな東スポ杯2歳S馬ブレスジャーニーといった実績馬が揃い、レベル自体は高めの一戦に。

という訳で、今回の金鯱賞。久々とかそういう懸念点はあったりするが、実績が実績なんで...ここは素直に実績馬で勝負していくのが正解だったりするんじゃないかと。 となれば、中心はサトノダイヤモンドで...となるところだが、海外遠征のダメージとか週末の雨が残ったりする可能性を考えるとねぇ。 ここはスワーヴリチャードで勝負するのが妥当かと。

第54回金鯱賞予想
スワーヴリチャード
ダッシングブレイズ
サトノダイヤモンド
メートルダール
ブレスジャーニー

で、あとは実績馬でまとめる感じで。

結果
1着スワーヴリチャード
2着サトノノブレス
3着サトノダイヤモンド
4着ヤマカツエース
5着ダッシングブレイズ
タイム:2分01秒6 3F:34.2秒
スワーヴリチャード 牡4歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:栗東・庄野厩舎
単勝:9番160円
複勝:9番110円、4番520円、5番140円
枠連:4-8 5360円 馬連:4-9 5860円
馬単:9-4 7380円
3連複:4-5-9 4000円
3連単:9-4-5 24410円
ワイド:4-9 1120円
    5-9 180円 4-5 1740円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。とりあえず、スワーヴリチャードは来たが...

2着がちょっとねぇ。サトノはサトノでもそっちが来るとは。

でもって、金鯱賞の結果。前に行く馬がいなかったこともあってか、サトノノブレスが単騎で逃げる形に。ただ、積極的にペースを上げて逃げた訳でもなかったもんで、後続をそれなりに引き離して逃げた割には前半1000m通過は1:03.0と緩め。 そんなこんなで、あとは直線での追い比べで決着をつける展開となったのだが...結局、逃げたサトノノブレスと早めに2番手に上がったスワーヴリチャードの前2頭がそのまま残るという前残りの結果に。ゴール手前でサトノノブレスを捕らえたスワーヴリチャードが1着、 そしてサトノノブレスが2着をそれぞれ確保。

という訳で、勝ったのは1番人気のスワーヴリチャード。こういうペースだったこともあって、サトノノブレスにかなり粘られはしたが、これをきっちり交わして1着。 まぁ、妥当な結果だったんじゃないかと。あと、2番人気のサトノダイヤモンドは...海外遠征帰り&久々でちょっと実戦勘が鈍っていたのか、 エンジンのかかりが遅く、3着を確保するのがやっと。まぁ、最後はいい伸びをみせていただけに、叩き2戦目できっちり変わりそうな感じですけどね。 今回の敗北はそこまで気にしなくていいんじゃないでしょうか。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ