• JpnII
  • 第63回
  • ダイオライト記念
  • 船橋
  • ダ2400m
  • 4歳上オープン
  • 2018年3月14日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ケイティブレイブ 川崎記念 1着 使い詰めが気になるも、この相手なら。
2 2 アポロケンタッキー 東京大賞典 1着 かなり復調。NTV盃ぐらい走れば出番も。
3 3 ウマノジョー ダイオライト 3着 去年の3着馬だが今年は相手が揃って。 -
4 4 スノーモンキー 白川郷S 3着 中央でもそこそこ好走。嵌まれば多少は。
5 5 ツルオカハチマン BSイレブン 4着 自己条件でも入着までの馬。出番なし。 - -
6 6 ドルメロ 中京2歳S 2着 2桁着順続く。早熟だった感否めず。 - -
7 7 マイネルバサラ 浦和記念 1着 相手関係楽。斤量も減るし一変あっても。
8 8 チェダー 穂高特別 1着 堅実駆け評価も、ここでは格下っぽく。 - -
9 ヒロノプリンス OROカップ 3着 大敗続く。一変は望めそうになくて。 - -

以上登録9頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第63回ダイオライト記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第63回ダイオライト記念の展望と予想とヨタ話

フェブラリーSが終わり、ダート路線も一段落といった感じだが...

もう次の大一番に向けての争いが。第63回ダイオライト記念。

という訳で、このダイオライト記念。ダート路線の大一番・フェブラリーSが終わって間もなかったり、ドバイに遠征したりする有力所がいたりすることもあって、 何かと手薄なメンバー構成になりがちなのがこの時期のダート重賞。ただ、かしわ記念・帝王賞を見据えた有力馬が早々に再始動するパターンもあるようで、 それなりにはメンバーが揃うのがこのダイオライト記念。

で、今年のダイオライト記念。頭数は9頭とかなり少ないが、川崎記念1・2着のケイティブレイブ・アポロケンタッキーや、 浦和記念を楽勝したマイネルバサラといった有力馬が参戦し、レベル的にはまずまずといった感じの一戦に。

そんなこんなで、予想もこれら3頭で良さそうな感じだが...問題はその中での順序付け。実績を考えればここはケイティブレイブでいいんだろうけど、 使い詰めだったり、ハイペースに巻き込まれて大敗したフェブラリーSの後遺症が残っていそうなのがちょっと気になるところ。調子が落ちているようだと思わぬ敗北を喫してしまう可能性もあるんじゃないかと。 ちょっと穴狙うならその辺りを考慮してマイネルバサラ・アポロケンタッキー1着付けで勝負するのもアリかもしれませんな。

第63回ダイオライト記念予想
ケイティブレイブ
マイネルバサラ
アポロケンタッキー
スノーモンキー

あと、中央勢の一角が欠けるならスノーモンキーもアリかと。

結果
1着ケイティブレイブ
2着アポロケンタッキー
3着マイネルバサラ
4着ウマノジョー
5着スノーモンキー
タイム:2分34秒8 3F:40.4秒
ケイティブレイブ 牡5歳
騎手:福永祐一 厩舎:栗東・杉山厩舎
単勝:1番180円
複勝:1番100円、2番100円、7番100円
枠連:1-2 120円 馬連:1-2 120円
枠単:1-2 210円 馬単:1-2 220円
3連複:1-2-7 140円
3連単:1-2-7 350円
ワイド:1-2 100円
    1-7 130円 2-7 120円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、的中。まぁ、こうなりますわなぁ。

こういう配当になるのもある程度分かっていたことだし...

まぁ、それはそれとして。ダイオライト記念の結果。能力が違いすぎていたのか、中央馬3頭とそれ以外の馬で別のレースをしていたような内容に。 前につけた中央馬3頭がそのまま上位を独占し、そこから2秒以上離れたところに中央馬以外の馬がいるという結果に。

で、そんな中央馬3頭の争いを制したのがケイティブレイブ。スタート自体はマイネルバサラの方が速かったが、すぐにケイティブレイブが出て行きハナを奪取。 その後も大きな動きはなく、結局そのままケイティブレイブが押し切って1着。で、勝負所でやや脚が止まったマイネルバサラを交わしたアポロケンタッキーが2着を確保。

という訳で、勝ったのはケイティブレイブ。まぁ、こんなもんでしょうな。能力通りの走りをして順当に勝利。 2着のアポロケンタッキーは...一応、単独の2着を確保するものの、ケイティブレイブには全く及ばず。 やはり一時期ほどの勢いはないんでしょうなぁ。今の状態だと、JpnIIぐらいまではなんとかなるが、GI・JpnIだと「あって3着」といった感じだったりするんじゃないかと...

競馬鹿トップへ  インデックストップへ