• GIII
  • 第25回
  • マーチステークス
  • 中山
  • ダ1800m
  • 4歳上オープン
  • 2018年3月25日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ブレスアロット 北総S 1着 OP入り後の成績散々。一変あればいいが。 -
2 ストロングサウザー マーキュリー 1着 去年の成績が散々。一変は望めぬか。 - -
2 3 サンマルデューク 東海S 4着 中山で末脚全開。一発あっていい。 -
4 ロワジャルダン みやこS 1着 前2走2着も差がある内容。重賞では... - -
3 5 サクラルコール 招福S 1着 嵌まれば飛んでくる馬。ここも展開次第。 -
6 ジョルジュサンク すみれS 1着 ダートで変わる余地あるも前2走が... - -
4 7 ディアデルレイ マーチS 2着 前走イマイチも中山なら巻き返し可能。 -
8 センチュリオン 総武S 1着 中山ダ1800mの走り評価。重賞でも。 -
5 9 エピカリス UAEダービー 2着 2歳時ほどの勢いなく。一変あればいいが... - -
10 コスモカナディアン 東海S 2着 前走が案外。ここは様子見が正解かも... - -
6 11 メイショウウタゲ 東海S 3着 OPまでの馬っぽく。重賞では入着までか。 - -
12 アルタイル マーチS 3着 去年は3着。去年よりハンデ重くなるが今年も。
7 13 ハイランドピーク 上総S 1着 今回昇級戦だが自分の競馬出来れば。
14 クインズサターン 東海S 5着 末脚はそれなり。いい塩梅の展開になれば。
8 15 ロンドンタウン コリアC 1着 手頃な条件になるも近走少し負けすぎで... - -
16 オールブラッシュ 川崎記念 1着 ここ数戦の走りがイマイチ。この条件では... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第25回マーチステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第25回マーチステークスの展望と予想とヨタ話

次の大一番目指し有力馬続々再始動中のダート路線ですが...

このレースはそういうのとはあまり縁が無いようで。第25回マーチS。

という訳で、このマーチステークス。ダイオライト記念や黒船賞など、妙にメンバーが揃うのがこの時期の重賞だったりするのだが... このマーチステークスはハンデ戦という条件が嫌われるのか、そこまで一線級の馬は出て来ず。で、今年もGI・JpnIで活躍している馬は少なめで、 基本的にOP・準OPで好走している馬が主力を形成することに。

で、そんなマーチステークス。まぁ、こういう組み合わせだし、ここはOP・準OPで好走している馬を狙っていくのが妥当なところでしょう。 総武S・ラジオ日本賞を勝ったセンチュリオン、師走Sを勝ったディアデルレイ、ポルックスSを勝ったアルタイルなど、中山ダ1800mのOP戦を勝った馬も揃っていることだしさ。

ただ...何かと荒れるのがこのマーチステークスだったりするんでねぇ。ある程度穴っぽいところも拾っておきたいところ。 今回、逃げ・先行馬が多く、先行激化から前崩れの展開になる可能性もありそうなんで... サクラルコールやサンマルデューク、クインズサターンといった追込馬を拾っておくのもアリなんじゃないかと。

第25回マーチステークス予想
センチュリオン
サクラルコール
ディアデルレイ
アルタイル
クインズサターン
ハイランドピーク

あと、エピカリスの一変に期待するのもアリだが...それは少し厳しいかも。

結果
1着センチュリオン
2着クインズサターン
3着ロワジャルダン
4着アルタイル
5着コスモカナディアン
タイム:1分52秒1 3F:37.8秒
センチュリオン 牡6歳
騎手:幸英明 厩舎:美浦・田村康仁厩舎
単勝:8番610円
複勝:8番190円、14番310円、4番870円
枠連:4-7 400円 馬連:8-14 2540円
馬単:8-14 5090円
3連複:4-8-14 29020円
3連単:8-14-4 153570円
ワイド:8-14 830円
    4-8 2520円 4-14 5460円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、的中。それなりの人気所で決着したが...

結構いい配当になりましたな。これで馬連2540円なら上々かと。

でもって、マーチステークスの結果。これまでの競馬を考えるとハイランドピークが逃げる展開になっても不思議ではなかったのだが... 全く行けず最後方付近からの競馬に。結局、逃げたのはディアデルレイとエピカリスの2頭。で、この2頭が並んで逃げる形となったが、 競り合うような感じではなかったもんで、ペースはそこまで上がらず。

で、こういう流れだったもんだから、全般的に前残りの競馬に。逃げたディアデルレイとエピカリスを見る形で駒を進めたセンチュリオンが直線で抜け出し、そのままゴールへ。 一応、中団追走から最後の一伸びで突っ込んできたクインズサターンが2着を確保したりしたが、3・4着は好位から競馬したロワジャルダン・アルタイルがそれぞれ確保。

まぁ、そんなこんながあったが、勝ったのはセンチュリオン。後方から競馬することが多い馬だが、今回は前走の総武S同様好位からの競馬。 で、前述したような感じでいい塩梅の展開になったこともあってこの結果に。まぁ、中山ダ1800mのOP戦で好走し続けている馬だったりするんで、 こういう結果になるのは妥当なところだったりするんじゃないかと。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ