• GIII
  • 第50回
  • ダービー卿チャレンジトロフィー
  • 中山
  • 芝1600m
  • 3歳上オープン
  • 2018年3月31日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アデイインザライフ 新潟記念 1着 中山実績もある馬。仕上がっていれば。 -
2 レッドアンシェル NHKマイルC 4着 重賞好走素直に評価。ここも手堅く上位確保。 -
2 3 キャンベルジュニア ダービー卿CT 2着 去年の2着馬。ただ近走成績がイマイチで。 - -
4 グレーターロンドン 安田記念 4着 手ごろな条件。ここなら巻き返し可能。
3 5 マイネルアウラート 東京新聞杯 3着 去年の4着馬だが近走成績散々で... - -
6 テオドール 美浦S 1着 今回同型馬強力。これまでのようには... - -
4 7 ゴールドサーベラス 幕張S 1着 中山マイルに良績集中。重賞でも注意。 -
8 ミュゼエイリアン 毎日杯 1着 前走は展開嵌った感否めず。復活したとは... - -
5 9 ヒーズインラブ 武庫川S 1着 手堅さ評価。流れに乗れれば重賞でも。
10 ロジチャリス ダービー卿CT 1着 去年の勝ち馬。ただそれ以降の成績が案外で。 - -
6 11 ダイワリベラル 京成杯AH 4着 中山マイルに良績多数。重賞でも一発注意。 -
12 サンライズメジャー 京王杯SC 2着 去年の成績物足りないが末脚はまずまずで。 - -
7 13 マルターズアポジー 関屋記念 1着 ここもこの馬がハナか。58kgでも行ききれれば。
14 ソルヴェイグ スプリンター 3着 マイルは大丈夫そうだが、前2走の敗北が... - -
8 15 ストーミーシー NZトロフィー 2着 重賞2着がある中山マイルだが、近走案外で... -
16 クラリティスカイ NHKマイルC 1着 2桁着順続く。一変は望めないかも... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第50回ダービー卿チャレンジトロフィー枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第50回ダービー卿チャレンジトロフィーの展望と予想とヨタ話

ヴィクトリアマイル・安田記念へのステップ...なのかな?

ややローカル場の重賞感ある一戦、ダービー卿CT。

という訳で、このダービー卿チャレンジトロフィー。ここ経由で安田記念に挑み結果を残したモーリス・ロゴタイプみたいな馬もいることはいるが... 安田記念は大阪杯・マイラーズC・京王杯SC組、ヴィクトリアマイルは阪神牝馬S・中山牝馬S組がそれぞれ優勢だったりするもんでねぇ。 ステップレースとしてはちょっと微妙なのがこのダービー卿チャレンジトロフィー。まぁ、今年はGIで好走しているグレーターロンドンやレッドアンシェルがいたりするんで...それなりには期待できそうな感じだったりはしますが。

まぁ、それはそれとしてダービー卿チャレンジトロフィーの予想。ハンデ戦やクセのある中山芝1600mなど波乱要素があったりするが、ここは素直に前述のグレーターロンドン・レッドアンシェルから入ってしまってもいいんじゃないかと。 ハンデもGIで好走している割には56.5kgとそこまで重くなかったりするし、ある程度自在に立ち回れる柔軟性を兼ね備えていたりするんで...ねぇ。多少波乱要素があってもカバーは出来るはず。

あとは、この2頭の相手探し...なのだが、これが難解。展開に左右されるが、嵌まれば上位ありそうなアデイインザライフやマルターズアポジー、 中山で差を詰め切れるか微妙な感じだが手堅く上位確保し続けている堅実さは評価できるヒーズインラブ辺りを狙ってみますが...うーん、難しいところですなぁ。

第50回ダービー卿チャレンジトロフィー予想
グレーターロンドン
ダイワリベラル
レッドアンシェル
アデイインザライフ
マルターズアポジー
ヒーズインラブ

あと、この条件得意なダイワリベラルで一発狙うという手も...

結果
1着ヒーズインラブ
2着キャンベルジュニア
3着ストーミーシー
4着テオドール
5着グレーターロンドン
タイム:1分32秒2 3F:34.8秒
ヒーズインラブ 牡5歳
騎手:藤岡康太 厩舎:栗東・藤岡厩舎
単勝:9番650円
複勝:9番230円、3番470円、15番580円
枠連:2-5 850円 馬連:3-9 3890円
馬単:9-3 6770円
3連複:3-9-15 27990円
3連単:9-3-15 126530円
ワイド:3-9 1510円
    9-15 1880円 3-15 4010円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。ヒーズインラブはアリなんだけど...

キャンベルジュニアはちょっとなぁ。2桁着順続いていたし。

まぁ、それはそれとして。ダービー卿CTの結果。外目の枠になってしまったが、やはり逃げたのはマルターズアポジー。 これを競り負かしてハナを奪いにいくような馬も出て来てこなかったもんで、割とすんなり逃げる形に。で、ペースもそれほど上がらず前半3ハロン通過は35.0秒止まり。 その後、ペースが上がり、1000m通過は0:57.4とそれなりのペースにはなったが...結構時計が出る今の中山では、これでも速いとはいえないペースだったようで、 差し・追込馬が台頭してくるような前崩れの展開にはならず。

と、まぁ、そんな感じの流れだったが...終わってみれば、道中ロスなく立ち回った馬が上位を占めるという中山にありがちな結果に。 終始最内を回ってきたヒーズインラブがそのまま内を突いて進出し、同じく内を回って抜けてきたキャンベルジュニアを交わして1着。

という訳で、勝ったのはヒーズインラブ...なのだが、前述したような内容だったりするんでねぇ。うまく流れに乗れた分勝てた感は否めないんじゃないかと。 どちらかというと、大外から突っ込んできた3着のストーミーシーとか、ヒーズインラブと同じような形で内から抜け出そうとしたが、 うまく進路が確保できず不完全燃焼のまま終わった5着のグレーターロンドンの方がチャンスはありそうな気がするが...

競馬鹿トップへ  インデックストップへ