• GI
  • 第62回
  • 大阪杯
  • 阪神
  • 芝2000m
  • 4歳上オープン
  • 2018年4月1日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ミッキースワロー セントライト 1着 セントライト記念を再評価。嵌ればGIでも。
2 サトノダイヤモンド 有馬記念 1着 前走3着も上々の内容。叩き2戦目で注意。 -
2 3 ヤマカツエース 大阪杯 3着 去年の3着馬だが近走成績イマイチなのが... -
4 シュヴァルグラン ジャパンC 1着 ここは天皇賞春への叩き台っぽく。様子見。 - -
3 5 ペルシアンナイト マイルCS 1着 マイルCSを再評価。流れに乗れれば出番も。 -
6 スマートレイアー 秋華賞 2着 阪神に良績多い馬だがこの相手ではさすがに。 - -
4 7 ゴールドアクター 有馬記念 1着 前走が負けすぎ。一変あればいいが... - -
8 アルアイン 皐月賞 1着 前2走は馬場合わず。良馬場なら巻き返しも。
5 9 トリオンフ 小倉大賞典 1着 重賞も楽勝。今回相手かなり強くなるが侮れず。 -
10 サトノノブレス 菊花賞 2着 GI成績物足りず。この条件では厳しいか。 - -
6 11 ウインブライト 中山記念 1着 強敵下した前走評価。この相手でも注意必要。 -
12 ヤマカツライデン 函館記念 3着 重賞成績イマイチ。GIはさすがに厳しく。 - -
7 13 マサハヤドリーム 博多S 1着 重賞成績物足りず。この条件ではさすがに... - -
14 ダンビュライト AJC杯 1着 やや詰め甘く。この相手ではちと厳しく。 - -
8 15 スワーヴリチャード 日本ダービー 2着 前走の快勝評価。この勢いなら十分勝ち負けに。
16 メートルダール 中日新聞杯 1着 前走完敗。現状ではGIIIまでの馬っぽく。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第62回大阪杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第62回大阪杯の展望と予想とヨタ話

GI昇格2年目だが、もう定着した様子?

中距離路線の有力古馬が集結!第62回大阪杯。

というわけで、この大阪杯。ここを使って天皇賞春へ...というGI昇格前のような使い方をする馬もそれなりにはいたりするが、 基本的には中距離のGIということで、中距離路線の有力馬が多数参戦し覇を競うレースになるのがこの大阪杯。 今年も中距離路線の有力馬がこの大阪杯に集結。

で、今年の大阪杯。去年のキタサンブラックのような確固たる主役はいないが、 ジャパンC馬シュヴァルグラン、皐月賞馬アルアイン、マイルCS馬ペルシアンナイト、有馬記念馬サトノダイヤモンド・ゴールドアクターといったGI馬や、 スワーヴリチャード・ダンビュライト・スマートレイアー・サトノノブレスといったGI好走馬、さらに、中距離重賞で好走し勢いあるウインブライト・ミッキースワロー・トリオンフといった4歳勢が揃うなど、かなりハイレベルな一戦に。

と、まぁ、そんな感じの今回の大阪杯。前述しているように、有力馬盛り沢山といったメンバー構成なのだが...抜けた馬がおらず、予想は何かと厄介。 GIの勝ちっぷりを考えれば、去年のジャパンCでレイデオロ ・キタサンブラック相手に完勝したシュヴァルグランなんだけど...ねぇ。 距離適性を考えると、ここは天皇賞春への叩き台っぽい感じがするのがちょっとアレだし。

そんなこんなで、なかなか難解な今回の大阪杯。とりあえず、金鯱賞の快勝評価できるスワーヴリチャードから入るが...叩き2戦目で変わりそうなアルアイン・サトノダイヤモンドも遜色はない感じ。 買い目が多くなりそうだが今回はこの3頭から入ってみましょうかねぇ。あとは、嵌まれば上位に突っ込んできそうなペルシアンナイトやミッキースワローを絡める感じで。

第62回大阪杯予想
スワーヴリチャード
ミッキースワロー
アルアイン
サトノダイヤモンド
ペルシアンナイト

楽勝続けるトリオンフも気になるところだが、今回はGIだし...

結果
1着スワーヴリチャード
2着ペルシアンナイト
3着アルアイン
4着ヤマカツエース
5着ミッキースワロー
タイム:1分58秒2 3F:34.1秒
スワーヴリチャード 牡4歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:栗東・庄野厩舎
単勝:15番350円
複勝:15番150円、5番310円、8番140円
枠連:3-8 2410円 馬連:5-15 2930円
馬単:15-5 3750円
3連複:5-8-15 2780円
3連単:15-5-8 17450円
ワイド:5-15 2930円
    8-15 300円 5-8 640円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、的中。結構いい配当になりましたな。

アルアインが絡んでも3連単は万馬券だったし。

まぁ、それはそれとして、大阪杯の結果。これといった逃げ馬が居なかったこともあって、道中はヤマカツライデンがマイペースで逃げる展開...だったのだが、 前半1000m通過が1:01.1という緩いペースに耐えきれなくなったのか、1番人気のスワーヴリチャード、向こう正面で早々にスパートし、3〜4コーナー付近で先頭に。

そんなこんなで、後半はかなり慌ただしい展開となったのだが...終わってみれば、スワーヴリチャード、この早めのスパートが大正解だったようで。 直線に入ってもスワーヴリチャードに並びかけてくるような馬は現れず、結局、そのまま押し切って1着。 一応、最後はペルシアンナイトやミッキースワローも後方から差を詰めてきたが、スワーヴリチャードには及ばず、差を詰めた程度で終了。

という訳で、勝ったのはスワーヴリチャード。スタートが悪く後方からの競馬となってしまったが、前述したような形で、緩いペースに乗じてうまく挽回しこの結果に。 まぁ、直線で止まらず押し切ることが出来たのは能力の裏付けがあったからなんでしょうけど...それを考慮してもちょっと嵌まった分勝てた感は否めないかな。 この辺りはもう少し様子をみてから判断した方がいいのかもしれませんな。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ