• GI
  • 第78回
  • 皐月賞
  • 中山
  • 芝2000m
  • 3歳牡・牝オープン
  • 2018年4月15日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 タイムフライヤー ホープフルS 1着 実績上位だが前走の5着が問題で。 -
2 ワグネリアン 東スポ杯2歳S 1着 前走2着もこの相手なら勝ち負けに。
2 3 ジャンダルム ホープフルS 2着 堅実駆けは評価もやや詰め甘いのが... - -
4 スリーヘリオス 500万下 3着 500万下で3着だし、この条件では... - -
3 5 キタノコマンドール すみれS 1着 勢い評価も今回相手強くなるだけに。 - -
6 アイトーン 若葉S 1着 今回同型馬多く。前走のようには... - -
4 7 エポカドーロ スプリングS 2着 重賞好走は評価も今回展開が鍵で。 - -
8 ケイティクレバー 若駒S 1着 同型馬の出方次第。嵌まればいいが... - -
5 9 オウケンムーン 共同通信杯 1着 しぶとさ評価。流れに乗れれば。
10 ジェネラーレウーノ 京成杯 1着 実績乏しい京成杯組だがこの相手なら。 -
6 11 マイネルファンロン スプリングS 3着 ジリっぽい馬だが中山なら展開次第で。 -
12 グレイル 京都2歳S 1着 京都2歳Sぐらい走ればチャンスはある。 -
7 13 ダブルシャープ 札幌2歳S 3着 いい末脚持っている。前崩れの展開なら。
14 サンリヴァル ホープフルS 4着 前2走まずまずも今回同型馬が多くて。 - -
8 15 ステルヴィオ スプリングS 1着 末脚勝負の馬だが今回展開利ありそうで。 -
16 ジュンヴァルロ 黄菊賞 1着 前2走が物足りず。GIでは厳しいか。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第78回皐月賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第78回皐月賞の展望と予想とヨタ話

トライアルの段階では平穏な感じのクラシック戦線だったが...

何だか雲行きが怪しくなってきました。第78回皐月賞。

という訳で、この皐月賞。前述しているように、トライアルの段階では牡馬はダノンプレミアム、牝馬はラッキーライラックで決まりという感じの情勢だったのだが...ねぇ。 先週の桜花賞でラッキーライラックが2着に敗れたり、皐月賞出走予定だったダノンプレミアムは故障で回避するなど、ここにきて急激に雲行きが怪しくなりつつある今年の3歳クラシック路線。 まぁ、何だかんだあったが、結局、桜花賞も人気上位馬で順当に決まってはいるんで、そういう流れはあまり意識しなくてもいいのかもしれませんが...

まぁ、それはそれとして。今回の皐月賞。弥生賞を完勝したダノンプレミアムがこの皐月賞でも...という感じだったが、 前述しているように、故障で回避してしまったもんで、いきなり主役不在の大混戦に。一応、去年のホープフルS馬タイムフライヤーもいたりするのだが... 前走の若葉Sがああいう結果だったもんで、あまり期待できそうにないのがねぇ。

と、まぁ、そんな感じの今回の皐月賞。ここは、ダノンプレミアムに負けてはいるがそれ以外の馬には快勝しているワグネリアン・ステルヴィオから入るのが正解だったりするんじゃないでしょうか。 今回逃げ・先行馬が多く、前崩れの展開に乗じて突っ込んで来れそうなのも○だしさ。あとは、少しジリっぽいが、ペースが速くなり上がりを要す展開になれば出番ありそうなオウケンムーンや、 重賞成績ちと物足りないが嵌まればいい末脚使うダブルシャープをおさえておきましょうか。

第78回皐月賞予想
ワグネリアン
ダブルシャープ
ステルヴィオ
オウケンムーン
タイムフライヤー

流れに乗れればマイネルファンロン辺りもアリかな。

結果
1着エポカドーロ
2着サンリヴァル
3着ジェネラーレウーノ
4着ステルヴィオ
5着キタノコマンドール
タイム:2分00秒8 3F:37.3秒
エポカドーロ 牡3歳
騎手:戸崎圭太 厩舎:栗東・藤原厩舎
単勝:7番1450円
複勝:7番430円、14番580円、10番530円
枠連:4-7 9520円 馬連:7-14 12880円
馬単:7-14 23570円
3連複:7-10-14 53410円
3連単:7-14-10 372080円
ワイド:7-14 3250円
    7-10 3010円 10-14 4290円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。エポカドーロはちょっとなぁ。

っていうか、展開的が割と想定外だったんで...

まぁ、それはともかく。皐月賞の結果。逃げ・先行馬が揃っていたが、アイトーン・ジェネラーレウーノ・ジュンヴァルロの3頭が後続を大きく引き離して逃げると、 他の馬はこれを追いかけず、結局、前述の3頭と他の馬が別の競馬をするような展開に。ただ、前にいった3頭、後続を引き離して逃げた割には、 前半1000m通過が0:59.2と、前日の雨の影響でちょっと時計のかかる馬場になっていたことを考慮しても、そこまで速いとはいえないペースだったこともあって、 極端な前崩れの競馬にはならず。結局、丁度いいところで競馬していたエポカドーロ・サンリヴァルが1・2着を確保。差し・追込勢は3着争いに加わるのがやっとでした。

そんなこんなで、勝ったのはエポカドーロ。ややパンチ不足だが、それなりにしぶとさを発揮し上位を確保するような馬だったりするんでねぇ。 こういう展開がばっちり嵌まった、まぁ、今回はそんな感じだったんじゃないかと。ただ、こういう感じでの勝ち方だったんで...この後も同じような競馬ができるかといわれると微妙なところ。 まぁ、まだ化ける可能性も秘めているんで...その辺りは様子を見ながら判断するとしましょうか。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ