• GI
  • 第157回
  • 天皇賞(春)
  • 京都
  • 芝3200m
  • 4歳上オープン
  • 2018年4月29日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ミッキーロケット 日経新春杯 1着 京都に良績多いがここ数戦がイマイチで... -
2 チェスナットコート 日経賞 2着 勢いは評価もさすがにGIとなると。 - -
2 3 シホウ ステイヤーズ 5着 長距離向きだが重賞では通用しない馬で... - -
4 カレンミロティック 天皇賞春 2着 天皇賞春の好走侮れぬ。今回も嵌まれば... -
3 5 ヤマカツライデン 函館記念 3着 今年は同型馬不在。マイペースの逃げなら。 -
6 ガンコ 日経賞 1着 ややパンチ不足。上がり要すなら怖いが。 - -
4 7 ピンポン アハルテケS 2着 前走まずまずもGIではさすがに厳しく。 - -
8 クリンチャー 菊花賞 2着 パンチ不足。3着はあるがそれ以上は? -
5 9 ソールインパクト AR共和国杯 2着 相手なりに走る。今回GIだがそれなりには。
10 サトノクロニクル チャレンジC 1着 GIではちょっと足りないか。ここはヒモまで。 -
6 11 シュヴァルグラン ジャパンC 1着 前走13着も叩き台っぽく。一変あれば。 -
12 レインボーライン 阪神大賞典 1着 仕掛け所難しいが能力はGIでも通用。 -
7 13 トウシンモンステラ ダイヤモンド 4着 重賞成績が物足りず。この条件では厳しい。 - -
14 アルバート ステイヤーズ 1着 GI成績物足りないがこの相手なら多少は。 - -
8 15 トーセンバジル 香港ヴァーズ 3着 去年は8着。GIではちょっと足りないかも。 - -
16 スマートレイアー 秋華賞 2着 牡馬を蹴散らして重賞勝ちしている馬。侮れず。 -
17 トミケンスラーヴァ 万葉S 1着 前走がイマイチ。やはりOPまでの馬っぽく... -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第157回天皇賞(春)枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第157回天皇賞(春)の展望と予想とヨタ話

今週からGWということで、大レースが続々開催。

そんなGW一発目のGI、第157回天皇賞(春)

そんなこんなで、前述しているように何かと大きなレースが続くGW期間中一発目の大レースだったりするのが、この天皇賞・春...なんだけど、ねぇ。 去年GIに昇格した大阪杯との兼ね合いで、中距離近辺を主戦場としている有力馬がここには出て来ず、やや主力を欠く傾向になりつつあるのがこの天皇賞・春。 実際、去年・今年と大阪杯上位の馬がほとんど出走していないし...

と、まぁ、そんな感じで、今年の天皇賞・春。前述した感じで中距離路線の大阪杯と長距離路線の天皇賞・春の棲み分けが進行していることもあって、 長距離路線を主戦場にしている有力馬が主力を形成するといった感じのメンバー構成に。一応、大阪杯を使ってここに出てきた馬もいたりするが... 天皇賞・春への叩き台として大阪杯を使った感が否めなかったりするんでねぇ。

で、そんな感じのメンバー構成だったりするんで...今回の天皇賞・春、ここは無難に長距離戦で結果残している実績馬を狙っていくのが正解だったりするんじゃないでしょうか。 前走の大阪杯は13着と大敗しているが、叩き2戦目と距離延長で一変ありそうな去年の2着馬シュヴァルグランを中心にして、 詰めの甘さは気になるが阪神大賞典の快勝を評価してレインボーラインとかさ。 あと、ちょっと高め狙うなら、重賞で詰めの甘いところみせるも、どこでも相手なりに走る感じのソールインパクト・サトノクロニクルを絡めてみるとか。

第157回天皇賞(春)予想
シュヴァルグラン
ヤマカツライデン
レインボーライン
ソールインパクト
クリンチャー
サトノクロニクル

あと、楽に単騎逃げできそうなヤマカツライデンにも注意かな。

結果
1着レインボーライン
2着シュヴァルグラン
3着クリンチャー
4着ミッキーロケット
5着チェスナットコート
タイム:3分16秒2 3F:35.9秒
レインボーライン 牡5歳
騎手:岩田康誠 厩舎:栗東・浅見厩舎
単勝:12番600円
複勝:12番190円、11番140円、8番240円
枠連:6-6 1020円 馬連:11-12 1030円
馬単:12-11 2510円
3連複:8-11-12 2060円
3連単:12-11-8 11650円
ワイド:11-12 400円
    8-12 810円 8-11 530円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、的中。印は逆だが○◎なら上々の結果でしょう。

あと、3着のクリンチャーもカバーできているしさ。

でもって、天皇賞(春)の結果。トミケンスラーヴァ・ガンコ・カレンミロティック辺りがそこまで積極的に出て行かなかったこともあって、道中はヤマカツライデンがマイペースで単騎逃げする形に。 で、そんな流れだったもんだから、ペースも緩くなり、結局、3〜4コーナーの淀の下りから各馬動き出すという天皇賞(春)にありがちなレース展開になってしまいました。

そんな中、勝ったレインボーラインはというと...中団追走から直線では内に入れていくような形で突っ込んで行き進出。 前には一足先に動いたシュヴァルグランがいたりしたが、これも内に回り込むような形で交わして先頭に立ち、そのままゴールへ。 あとは、交わされたシュヴァルグランが2着、シュヴァルグランを追うものの、ジリジリとしか伸びなかったクリンチャーが3着を確保するという結果に。

という訳で、勝ったのはレインボーライン。菊花賞2着、天皇賞(春)3着、NHKマイルC3着とGIでは詰めの甘い内容が続いたが...前走の阪神大賞典快勝で弾みがついたのか、 ここでも前走のような走りをみせ快勝。ただ、前走と同様に直線で内にヨレるクセが出てしまったのはちょっと気になるところ。今回は内がいい塩梅に空いていたからそれほど問題はなかったのだが、 この辺りが改善されないと...ねぇ。大成するのはちょっと難しいんじゃないかと。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ