• GIII
  • 第20回
  • かきつばた記念
  • 中山
  • 芝2000m
  • 3歳上オープン
  • 2018年1月1日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 コパノチャーリー 阿蘇S 1着 前走かなり好転する。もう一変あれば。 -
2 2 ブルドッグボス JBCスプ 3着 重賞で好走続ける。この相手なら勝ち負け。 -
3 3 キングズガード プロキオンS 1着 能力は問題ない。流れにさえ乗れれば... -
4 4 ポルタディソーニ 梅見月杯 1着 ちょっと足りない。交流重賞では入着まで。 -
5 5 エイシンヴァラー 黒船賞 1着 本来の走り戻ったなら怖い。連勝もある?
6 トウケイタイガー かきつばた記 1着 去年の勝ち馬。前走で復活したなら。 -
6 7 サクセスエナジー なにわS 1着 前走案外だったがここなら巻き返し可能で。
8 カツゲキキトキト 白山大賞典 2着 交流重賞でも好走ある馬。この相手でも。
7 9 メモリージルバ 東海ゴールド 1着 交流重賞成績が散々。入着も厳しい。 - -
10 ローズプリンスダム レパードS 1着 今回条件楽になるがどこまで変わる? - -
8 11 サンライズメジャー 京王杯SC 2着 芝での重賞実績は評価もダートだと? - -
12 アイファーヴリル 山桜特別 1着 自己条件快勝評価も交流重賞では。 - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第20回かきつばた記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第20回かきつばた記念の展望と予想とヨタ話

GWということで、地方でも交流重賞多数開催。

まずは名古屋で行われる短距離重賞、かきつばた記念。

という訳で、このかきつばた記念。前述しているように、短距離の交流重賞だが...条件がかしわ記念と被り気味ということもあって、 そっちとこっちで出走馬が分散されちょっと手薄な感じの一戦になるのがかきつばた記念。まぁ、最近は短距離路線とマイル路線である程度棲み分けができつつあるんで、 それなりの有力馬は出てきたりはしますが。

そんなこんなで、今回のかきつばた記念。ローズプリンスダムやサンライズメジャー、コパノチャーリーなど、他路線から参戦してきた馬もいたりするが... 基本的には、エイシンヴァラー・キングズガード・ブルドッグボスといった黒船賞や東京スプリント等を使ったダート短距離馬が主力を形成するという、かきつばた記念にありがちなメンバー構成。

と、まぁ、そんな感じだったりするんで、予想もベタにこれらの馬から入ってしまいっていいんじゃないかと。という訳で中心はキングズガード。 前走の黒船賞2着みたいに、地方では仕掛け所が難しい馬だったりするが...能力的には十分通用する馬だったりするんでねぇ。 流れにさえ乗れれば上位は確保できるんじゃないでしょうか。で、あとは、ブルドッグボス・カツゲキキトキト・エイシンヴァラーといった交流重賞好走馬を拾っていく感じで。

第20回かきつばた記念予想
キングズガード
コパノチャーリー
ブルドッグボス
サクセスエナジー
カツゲキキトキト

あと、前走4着でスランプ脱したならコパノチャーリーもアリかな。

結果
1着サクセスエナジー
2着キングズガード
3着サンライズメジャー
4着エイシンヴァラー
5着ブルドッグボス
タイム:1分25秒9
サクセスエナジー 牡4歳
騎手:松山弘平 厩舎:栗東・北出厩舎
単勝:7番380円
複勝:7番140円、3番120円、11番570円
枠連:3-6 320円 馬連:3-7 420円
馬単:7-3 840円
3連複:3-7-11 5080円
3連単:7-3-11 16010円
ワイド:3-7 200円
    7-11 1920円 3-11 1420円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、的中。とりあえず▲◎できっちりゲットしたが...

印が逆順になってしまったのはちょっとなぁ。

でもって、かきつばた記念の結果。去年の勝ち馬トウケイタイガーとサクセスエナジーが並んでハナ争いするような形になったが、 1コーナーのコーナーワークでトウケイタイガーが前に出てハナ争いは決着。ただ、トウケイタイガーの逃げもそこまで強力なものではなく、 3コーナー付近で早々に止まってしまい終了。で、あとはその後ろで競馬していたサクセスエナジーがこれに代わって逃げる形となったのだが... 結局、最後までそのまんまでしたな。最後は外からキングズガードが差を詰めてきたが、差を詰めただけで終了。

という訳で、勝ったのはサクセスエナジー。展開や他の実績馬と比べると54kgという比較的軽めのハンデにも助けられた感はあるが... 連勝でOP入りした勢いと実績を考えれば、まぁ、それなりには妥当な結果だったんじゃないかと。ただ、GI・JpnIで勝ち負けできるレベルかと言われると...ちょっと微妙な感じ。 現状ではJpnIIIまでの馬なんじゃないかと。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ