• GII
  • 第66回
  • 京都新聞杯
  • 京都
  • 芝2200m
  • 3歳オープン
  • 2018年5月5日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 フランツ アルメリア賞 1着 前々走の5着気になるも前走快勝は評価。 -
2 グローリーヴェイズ きさらぎ賞 2着 重賞好走素直に評価。距離克服できれば。 -
2 3 レノヴァール スプリングS 5着 スプリングSまずまず。3着ならありそう。
4 リシュブール つばき賞 5着 昇級戦が物足りず。重賞では辛い。 - -
3 5 タニノフランケル 若葉S 4着 取りこぼし多い馬。入着はありそうだが... - -
6 メイショウテッコン 梅花賞 1着 うまく嵌まらないと厳しい。重賞では... - -
4 7 ケイティクレバー 若駒S 1着 条件楽になる。自分の競馬さえ出来れば。 -
8 アドマイヤアルバ 500万下 1着 手堅さ評価も詰めの甘さが気になり... -
5 9 ロードアクシス 若葉S 3着 少し足りない。若葉S3着以上の走りは... - -
10 レイエスプランドル 山吹賞 1着 連勝評価も前走は展開嵌まった感あって。 -
6 11 アルムフォルツァ あずさ賞 1着 能力は通用。ただ少し使い詰めなのが... -
12 ユーキャンスマイル つばき賞 1着 ややジリっぽく。ここも入着までっぽく。 - -
7 13 ステイフーリッシュ ホープフルS 3着 前走が物足りず。ここは様子見が正解? - -
14 アールスター 未勝利 1着 重賞ではもう一押し必要。ちと苦しいか。 - -
8 15 シャルドネゴールド 500万下 1着 重賞ではややパンチ不足。3着まで。 - -
16 ダブルシャープ 札幌2歳S 3着 皐月賞がちと負けすぎもこの条件なら。 -
17 インターセクション 未勝利 1着 末脚それなりも重賞では展開の助け必要か。 -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第66回京都新聞杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第66回京都新聞杯の展望と予想とヨタ話

ダービー好走馬も結構輩出するのがこのレース。

さて、今年はどう?第66回京都新聞杯。

という訳で、この京都新聞杯。基本的には皐月賞組が強いのが日本ダービーだったりするが、この京都新聞杯組もキズナ・サトノラーゼン・トーセンホマレボシといったダービー上位馬を輩出していたりするんでねぇ。 何かと軽視できないのがこの京都新聞杯。特に、今年のクラシック戦線、一冠目の皐月賞が荒れて混沌とした状態になっていたりするんで...

と、まぁ、そんな感じの京都新聞杯だったりするが...今年はどうなんでしょうかねぇ?実績的に抜けた馬や、500万下で力の違いをみせつけ快勝したような素質馬がいれば期待してもいいんだろうけど、 そこまで期待できそうな馬はいなかったりするんでねぇ。まぁ、東京で一変ありそうなディープインパクト産駒のグローリーヴェイズ・フランツがここを快勝するようならチャンスはありそうですが。

まぁ、その辺りはレースの結果をみてから考えるとして、とりあえず、京都新聞杯の予想。そこまで抜けた馬がおらず混戦模様だが...ここはグローリーヴェイズで勝負してみましょうか。 2戦連続で2着とやや詰めの甘い競馬が続いていたり、前走のきさらぎ賞から間隔が開いていたりするのが気になるところだが、 その前2走も馬場や展開が不向きで取りこぼした感じがあるんでねぇ。仕上がりが上々で、かつ、うまく流れに乗れればあっさり勝ってしまう可能性もあるんじゃないかと。 あとは、500万下を勝ったアルムフォルツァ・フランツ・レイエスプランドル、スプリングSでもそれなりの末脚を使って5着に突っ込んできたレノヴァール辺りをおさえていく感じでいいかな。

第66回京都新聞杯予想
グローリーヴェイズ
ケイティクレバー
アルムフォルツァ
フランツ
レノヴァール
レイエスプランドル

あと、ここなら楽に逃げられそうなケイティクレバーにも注意かな。

結果
1着ステイフーリッシュ
2着アドマイヤアルバ
3着シャルドネゴールド
4着グローリーヴェイズ
5着メイショウテッコン
タイム:2分11秒0 3F:34.6秒
ステイフーリッシュ 牡3歳
騎手:藤岡佑介 厩舎:栗東・矢作厩舎
単勝:13番1280円
複勝:13番390円、8番670円、15番370円
枠連:4-7 3910円 馬連:8-13 15710円
馬単:13-8 26970円
3連複:8-13-15 42640円
3連単:13-8-15 269100円
ワイド:8-13 4410円
    13-15 2050円 8-15 3780円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。この組み合わせはちょっとなぁ。

全く買えない訳ではないんだが...

まぁ、それはともかく。京都新聞杯の結果。それなりに前に行く馬が揃っていたが、「どうしてもハナ」という馬がメイショウテッコンぐらいしかいなかったもんで、先手争いはそこまで激化せず。 ただ、そのメイショウテッコンが後続を引き離して逃げたもんで、前半1000m通過は0:58.5とそれなりのペースに。一応、比較的時計の出る今の京都コースやその後ペースが落ち着いたこともあって、 最後まで踏ん張れるよう流れではあったが...結局、離れた2番手を追走していたステイフーリッシュや、後方待機組の追撃を封じることは出来ず。

で、そんなメイショウテッコンを交わして先頭に躍り出たのがステイフーリッシュ。2番手追走だったが、逃げたメイショウテッコンを道中無理に追いかけなかったこともあって余力タップリ。 直線では後方待機から差を詰めてきたアドマイヤアルバ・シャルドネゴールド・グローリーヴェイズらの追撃を悠々封じ、1・3/4馬身の差をつけ快勝してしまいました。

しかし...どうなんでしょうかねぇ。この結果。内容的にはステイフーリッシュの完勝といった感じのレースだったが、メイショウテッコンの作った流れにうまく乗って勝てた感が否めないだけにねぇ。 相手が強化されたり、瞬発力勝負になったりすると、かなり分が悪いような気がするのだが...

競馬鹿トップへ  インデックストップへ