• GI
  • 第23回
  • NHKマイルカップ
  • 東京
  • 芝1600m
  • 3歳牡牝オープン
  • 2018年5月6日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 カツジ NZトロフィー 1着 前走の快勝評価も今回相手強化が鍵で。 -
2 ファストアプローチ 札幌2歳S 2着 手堅さ評価も現状では入着までの馬で。 - -
2 3 テトラドラクマ クイーンC 1着 東京の走り評価もGIはちと厳しく。
4 フロンティア 新潟2歳S 1着 前走それなりに巻き返すがGIとなると? - -
3 5 プリモシーン フェアリーS 1着 東京で時計出る馬場ならもう少しやれる筈。 -
6 リョーノテソーロ クロッカスS 1着 前走がイマイチ。マイルはちょっと長いか。 - -
4 7 タワーオブロンドン アーリントン 1着 距離も久々も克服した前走評価。ここでも。 -
8 ダノンスマッシュ もみじS 1着 重賞で足りない競馬続く。GIでは辛いか。 - -
5 9 ギベオン 毎日杯 2着 前走は相手悪かった可能性有。多少は。
10 パクスアメリカーナ アーリントン 2着 重賞でも好走したのは評価もGIだと... - -
6 11 ケイアイノーテック NZトロフィー 2着 相手なりに走る感じだが、GIとなると... - -
12 アンコールプリュ フィリーズ 2着 前走あまり弾けず。東京で変わればいいが... -
7 13 ルーカス 東スポ杯2歳S 2着 伸び悩む。叩き2戦目で変わればいいが... - -
14 デルタバローズ NZトロフィー 3着 前走かなり巻き返すがこの条件となると... - -
15 カシアス 京王杯2歳S 2着 単騎逃げ可能な組み合わせだが押し切りは? - -
8 16 ミスターメロディ ファルコンS 1着 距離延長と時計勝負が鍵。ちと厳しいか。 - -
17 レッドヴェイロン アーリントン 3着 相手強化が鍵だが展開嵌まれGIでも。
18 ロックディスタウン 札幌2歳S 1着 前2走今一つ。札幌2歳Sぐらい走ればいいが... -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第23回NHKマイルカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第23回NHKマイルカップの展望と予想とヨタ話

1週間近く続いたGWもこの日が最終日。

GWの締めくくりとなる一戦、NHKマイルカップ。

まぁ、それはそれとして。このNHKマイルカップ。3歳のマイルGIということもあって、距離の問題で日本ダービー・オークスのクラシック路線をスルーした馬が多数参戦。 NZトロフィーやステップとして使いやすくなったアーリントンC、距離は違うがファルコンS・毎日杯といったマイル前後の重賞を使ってきた馬が主力を形成することに。

で、そんな今回のNHKマイルカップ。今年は皐月賞・桜花賞・朝日杯FS・阪神JFといったGIで上位争いしているような馬は少なく、傑出馬不在で混戦模様といったメンバー構成。 一応、実績的には朝日杯FSで3着に入り、前哨戦のアーリントンカップを快勝したタワーオブロンドンが一歩抜けている感じではあるが...この位の差であれば、他馬の逆転も十分ありそうな雰囲気。

と、まぁ、そんな感じだったりするんで...予想も割と難解。とりあえず、印を薄くする根拠があまりないタワーオブロンドンから入るが...重賞で勝ち切れていないなど実績不足な面あるも、 嵌まったときの強さあるレッドヴェイロン・ギベオンとか、桜花賞好走組ではない牝馬ということもあって軽視されそうなテトラドラクマとか、そういうところから攻めてみてもいいんじゃないかと。

第23回NHKマイルカップ予想
タワーオブロンドン
プリモシーン
レッドヴェイロン
カツジ
ギベオン
テトラドラクマ

アンコールプリュ・ミスターメロディも怖いが、距離が...

結果
1着ケイアイノーテック
2着ギベオン
3着レッドヴェイロン
4着ミスターメロディ
5着プリモシーン
タイム:1分32秒8 3F:34.8秒
ケイアイノーテック 牡3歳
騎手:藤岡佑介 厩舎:栗東・平田厩舎
単勝:11番1280円
複勝:11番370円、9番230円、17番520円
枠連:5-6 1890円 馬連:9-11 3140円
馬単:11-9 7470円
3連複:9-11-17 21840円
3連単:11-9-17 129560円
ワイド:9-11 1230円
    11-17 3360円 9-17 2180円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。うーん、ケイアイノーテックですか。

他は結構拾えているんだけど、そこが抜けていてはなぁ。

まぁ、それはともかく。NHKマイルカップの結果。そこまで積極的に逃げる感じの馬はおらず、カシアス辺りが楽に逃げる展開になるかと思っていたのだが、 ダノンスマッシュやテトラドラクマ、ファストアプローチ、ミスターメロディ辺りがかなり積極的に出て行ったもんで、前半3ハロン通過は34.4秒、1000m通過は0:58.0とそれなりのペースに。 ただ、今の東京、かなり時計が出る馬場コンディションということもあって、こういうペースでも極端な前崩れの展開にはならず。

ただ...終わってみれば、やはり後方でそれなりに末脚を温存していた馬の方が有利だったようで。 結局、直線ではギベオン・ミスターメロディといった先行勢が踏ん張りはしたものの、ケイアイノーテック・レッドヴェイロン・プリモシーンといった後方待機勢が上位を確保する結果に。

と、まぁ、そんな感じのNHKマイルカップだったが、勝ったのはケイアイノーテック。重賞で勝ち切れない競馬が続いていたこともあって、 こういう東京での瞬発力勝負は向かないんじゃないかと思っていたのだが...結果はこれですからねぇ。まぁ、ペースがそれなりに速く、 ガチの瞬発力勝負にならなかった分勝てた感があるんで...あまり過信はしない方がいいのかもしれませんが。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ