• GI
  • 第79回
  • オークス(優駿牝馬)
  • 東京
  • 芝2400m
  • 3歳牝オープン
  • 2018年5月20日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 リリーノーブル 阪神JF 2着 手堅さ評価。展開嵌まれば逆転も? -
2 ラッキーライラック 阪神JF 1着 桜花賞は2着も上々の内容。ただ距離が... -
2 3 マウレア 阪神JF 3着 もう一押し欲しい。東京で変わればいいが。 - -
4 トーセンブレス 桜花賞 4着 東京なら一変あっていい。逆転も視野に。
3 5 カンタービレ フラワーC 1着 未知の魅力あるも、GIでは少し足りない? - -
6 オールフォーラヴ 忘れな草賞 1着 前々走は不利有。まだ底見せていなくて。
4 7 トーホウアルテミス 矢車賞 1着 展開利ないと厳しい。GIではさすがに... - -
8 サトノワルキューレ フローラS 1着 東京で末脚爆発。前走の再現できれば。 -
5 9 シスターフラッグ 札幌2歳S 4着 妙な堅実さあるもGIではさすがに... - -
10 レッドサクヤ エルフィンS 1着 桜花賞案外だったが前々走ぐらい走れば。 -
6 11 パイオニアバイオ フローラS 2着 前走は展開嵌まった感有。ここでは? - -
12 サヤカチャン アルテミスS 2着 単騎逃げできる組み合わせだがGIでは... - -
7 13 アーモンドアイ 桜花賞 1着 前走の末脚評価もこの距離は微妙で... -
14 ランドネ スイートピー 1着 自分の競馬できる組み合わせ。嵌まれば。 -
15 ウスベニノキミ フラワーC 4着 重賞でも健闘。うまく流れに乗れれば。 -
8 16 ウインラナキラ 忘れな草賞 5着 昇級後の成績物足りず。GIでは厳しい。 - -
17 ロサグラウカ 水仙賞 1着 底見せていないのは評価もGIとなると... - -
18 オハナ クイーンC 4着 前走が物足りず。ここではさすがに... - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第79回オークス(優駿牝馬)枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第79回オークス(優駿牝馬)の展望と予想とヨタ話

一冠目は人気所でそれなりに順当に決着したが...

波乱もかなりありそうな雰囲気。第79回オークス(優駿牝馬)。

という訳で、このオークス。コースが東京に替わったり、距離が2400mに一気に延長されるなど、一冠目の桜花賞と比べかなり条件が変わるのがこのオークスだったりするが... 何だかんだ言っても結局桜花賞組がそれなりに活躍するのがこのオークス。今年の桜花賞はかなりの人気を集めたラッキーライラックが敗れるという波乱はあったものの、結局、人気上位馬が上位を独占していたりするんで...ねぇ。 このオークスもそれなりに順当に決まりそうな気もするが、さて、どうなんでしょうか?

そんなこんなで、今回のオークス。実績を考えれば、ここは前走の桜花賞で2着に破れてはいるがラッキーライラックから入るのが妥当なところなんだけど...ちょっと距離延長が気になるところなんでねぇ。 ここは別の馬で勝負してみてもいいんじゃないかと。フローラSで末脚を爆発させたサトノワルキューレとか、東京コース替わりでこれまで以上に末脚切れそうなトーセンブレスとかさ。 ともにディープインパクト産駒というのもこの条件的にマッチしていることだしさ。あとは、無難に桜花賞上位のアーモンドアイ・ラッキーライラックをおさえつつ勝負していく感じでいいんじゃないかと。

ただ...思いの外、桜花賞組がアテにならない可能性もあったりするんでねぇ。穴狙うならその辺りを踏まえて一発狙っていくのが良さそうな感じ。 そこまで派手な感じの勝ち方をした馬ではないが、馬場状態や直線での不利の影響で能力を出し切れない中きっちり結果を残したのは評価できるオールフォーラヴとか、 結構狙い目な感じはするんだが...

第79回オークス(優駿牝馬)予想
サトノワルキューレ
オールフォーラヴ
トーセンブレス
ラッキーライラック
アーモンドアイ

あと、馬場状態にも注意必要かな。週末雨っぽいんで...

結果
1着アーモンドアイ
2着リリーノーブル
3着ラッキーライラック
4着レッドサクヤ
5着マウレア
タイム:2分23秒8 3F:34.9秒
出走取消:4番
アーモンドアイ 牝3歳
騎手:C.ルメール 厩舎:美浦・国枝厩舎
単勝:13番170円
複勝:13番110円、1番200円、2番120円
枠連:1-7 260円 馬連:1-13 1190円
馬単:13-1 1410円
3連複:1-2-13 790円
3連単:13-1-2 3360円
ワイド:1-13 370円
    2-13 160円 1-2 390円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。印薄いところ同士で決着してしまいましたな。

まぁ、軸馬がイマイチはどうにもなりませんが。

まぁ、それはそれとして。オークスの結果。行こうと思えば行ける馬がそれなりにはいたが...やはりサヤカチャンを制してまで逃げようとする馬はおらず。 結局、道中はサヤカチャンが後続を大きく引き離して逃げる形に。ただ、後続を引き離して逃げた割には、前半1000m通過は0:59.6とそこまで速くはならず。

となれば、あとは直線での追い比べで決着をつける展開になるのは、まぁ、仕方がないところだが...思ったほどの瞬発力勝負にはならず。 結局、好位から競馬した人気所のアーモンドアイ・リリーノーブル・ラッキーライラックが最後までいい末脚を使ってそのまま上位を独占する結果に。

と、まぁ、そんな感じのオークスだったが、勝ったのはアーモンドアイ。桜花賞に続きこのオークスも制し二冠達成。 多少緩めのペースにアシストされた感はあったが、距離延長もどうやら問題なかった様子。となれば、こういう結果になってしまうのは、 まぁ、妥当なところだったんじゃないかと。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ