• 重賞
  • 第1回
  • 葵ステークス
  • 京都
  • 芝1200m
  • 3歳オープン
  • 2018年5月26日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ラブカンプー 紅梅S 2着 距離短縮歓迎も前2走が負けすぎで。 - -
2 アサクサゲンキ 小倉2歳S 1着 重賞好走は素直に評価。この条件なら。 -
2 3 ゴールドクイーン フェニックス 1着 橘S3着は評価も重賞では厳しそうで... - -
4 ペイシャルアス カンナS 1着 伸び悩む。一変ない限り出番は... - -
3 5 ウインジェルベーラ 函館2歳S 2着 前2走がイマイチ。一変は望めぬか。 - -
6 レグルドール ひまわり賞 1着 OPで勝ち切れず。重賞では厳しいか。 - -
4 7 セイウンクールガイ 沈丁花賞 1着 芝でも好走はあるが...重賞では厳しく。 - -
8 オジョーノキセキ マーガレット 2着 僅差の上位確保し続けているのは評価でき。
5 9 マドモアゼル 橘S 1着 前走は展開嵌まった感否めず。今回は? - -
10 アンヴァル フィリーズ 4着 距離短縮で巻き返しありそう。一変注意。
6 11 ビリーバー クリスマスRS 4着 この距離ならもう少しやれる。一変注意。 -
12 ウィズ 雪うさぎ賞 1着 短距離の安定した走り評価も今回重賞で。 -
7 13 タイセイプライド クリスマスRS 1着 重賞成績物足りないがこの条件なら。
14 トゥラヴェスーラ 500万下 1着 距離短縮で復活。1200mなら重賞でも。
8 15 ミッキーワイルド 500万下 1着 条件戦勝ったがワンパンチ足りなくて。 - -
16 アイアンクロー 小倉2歳S 2着 伸び悩む。やや早熟だったか... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第1回葵ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第1回葵ステークスの展望と予想とヨタ話

レース自体は以前からあったが...

1200mの重賞として再始動することに。第1回葵S。

というわけで、この葵ステークス。去年までは芝1400mのOP戦として開催されていたが、今年から重賞に昇格。 そして、そのタイミングにあわせ距離も1200mに変更されたが...まぁ、内容的には一昔前のファルコンステークスが復活したといった感じと考えていいんじゃないかと。

まぁ、それはそれとして。この葵ステークス。基本的には、桜花賞・NHKマイルカップ・ファルコンS・フィリーズレビュー・アーリントンCなど1400-1600mのGI・重賞を使ってみたものの、 やはり距離が長くて1200mに戻ってきた馬や、短距離路線に絞って各種OP戦を使ってきた馬がここに出てくる印象。とりあえず、1200mの実績を踏まえつつ予想していくのが妥当なところでしょう。

でもって、そんな葵ステークスの予想。距離短縮で巻き返し成功した感じの馬が多めなんで、 予想もその辺りの馬を拾っていくのが正解だったりするんじゃないでしょうか。1400mの重賞でもそれなりに好走しているがベストは1200mっぽいアサクサゲンキや、 重賞での走りは物足りなかったが1200mに限れば重賞でもまだやれそうなタイセイプライド・ビリーバー・アンヴァル、1200mまで距離短縮したところ走りが一変したトゥラヴェスーラとかさ。

第1回葵ステークス予想
アサクサゲンキ
ビリーバー
タイセイプライド
オジョーノキセキ
トゥラヴェスーラ
アンヴァル

まぁ、今回はそこまで荒れないんじゃないかと。

結果
1着ゴールドクイーン
2着ラブカンプー
3着トゥラヴェスーラ
4着ウィズ
5着アサクサゲンキ
タイム:1分08秒0 3F:34.1秒
ゴールドクイーン 牝3歳
騎手:古川吉洋 厩舎:栗東・坂口厩舎
単勝:3番2940円
複勝:3番590円、1番370円、14番200円
枠連1:1-2 770円 馬連1:1-3 6980円
枠連2:2-7 1080円 馬連2:3-14 4700円
馬単1:3-1 16520円 馬単2:3-14 12060円
3連複:1-3-14 35170円
3連単1:3-1-14 138780円
3連単2:3-14-1 124940円
ワイド:1-3 2660円
    3-14 2380円 1-14 1580円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。うーん、ゴールドクイーンはちょっとなぁ。

まぁ、2着のラブカンプーもダメなんで惜しくはないですが...

でもって、葵ステークスの結果。ゴールドクイーンが前半3ハロン通過33.9秒とそれなりのペースで逃げる展開となったが...結局、ほぼ前残りの結果に。 逃げたゴールドクイーン、直線でも後続との差を保ったまま、そのまま押し切って1着。2着以下もトゥラヴェスーラが突っ込んできた程度で、好位から競馬したラブカンプー・ウィズがそのまま居残って上位を確保。

そんなこんなで、勝ったのはゴールドクイーン。一応、OPのフェニックス賞は勝っている馬だが、あまりアテにならない早期の2歳戦でのものだったりするんでねぇ。 さすがにこの時期、そして重賞では厳しいと踏んでいたのだが...結果はこれですからね。展開利があったのは確かだが、これはこれで評価していいんじゃないかと。 あと、人気所は...展開が嵌まらなかった感じですな。トゥラヴェスーラもアサクサゲンキもいい末脚を使って上位に突っ込んではいるんで、今回の敗北はそこまで気にしなくてもいいかと。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ