• JpnII
  • 第22回
  • さきたま杯
  • 浦和
  • ダ1400m
  • 4歳上オープン
  • 2018年5月30日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 キタサンミカヅキ 東京盃 1着 交流重賞でも好走続ける。ただ展開が鍵で。
2 2 サクセスエナジー かきつばた記 1着 前走上々の結果。先手取れればここも。
3 3 アンサンブルライフ 全日本2歳 3着 去年の4着馬だが今年の成績イマイチで... - -
4 4 ネロ 京阪杯 1着 ダートでも好走有。距離克服出来れば。
5 5 ユッコ シアンモア記 1着 ここ数戦の走り物足りず。ピークアウトしたか。 - -
6 ナガラオリオン 阪急杯 3着 中央OPの凡走気になるも立ち直ったなら。 -
6 7 ノブワイルド プリムローズ 1着 このコースでの好走評価。流れに乗れれば... -
8 サクラレグナム プロキオンS 5着 前走で復活したなら怖いが、ちと厳しいか。 -
7 9 キングルアウ 成田特別 1着 凡走続く。この条件では出番なさそうで。 - -
10 ベストウォーリア 南部杯 1着 足りない競馬続く。一時期の勢いはないか。 -
8 11 グレイスフルリープ 東京スプ 1着 凡走あるのと外枠気になるも前走評価でき。 -
12 トロヴァオ ダービーGP 1着 前3走が物足りず。交流重賞では苦しいか。 - -

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第22回さきたま杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第22回さきたま杯の展望と予想とヨタ話

春のダート短距離路線、大一番はこのレース?

格自体はJpnIIと抜けているが...第22回さきたま杯。

という訳で、このさきたま杯。秋にはJBCスプリントという大一番があったりするが、春にはこれといった大一番がないのがダート短距離路線。 とりあえず、レースの格自体はJpnIIと抜けているこのレースが春の大一番になる感じだが...ねぇ。どちらかというと、JpnIIIではあるが東京スプリントの方に有力馬が集まりがち。

と、まぁ、そんな感じで、JpnIIという条件の割にはちょっと微妙な一戦になることが多々あるのがこのさきたま杯だが...今年は東京スプリント1〜3着馬が揃って出走してきたり、 かきつばた記念を快勝したサクセスエナジーやJpnI馬ベストウォーリアがいたりと、結構いい感じのメンバー構成に。

で、予想もこれらの実績馬から勝負していけばいいんだろうけど...何かとクセのある浦和コースだったりするんでねぇ。 しかも、前に行く馬が揃っている上に、有力視されているグレイスフルリープが外枠を引いてしまっていたりするのがかなりアレ。 展開的に一波乱あっても不思議ではないんじゃないかと。

そんなこんなで、ちょっと展開的に厄介な感じがする今回のさきたま杯。ここはある程度控えることも出来るサクセスエナジーで勝負するのが妥当なところだったりするんじゃないでしょうか。 内枠を引いたこともあって、あまり無理せず前につけることができそうなのも○だしさ。あとは、何だかんだ言っても前走の東京スプリント快勝は軽視できないグレイスフルリープ、 そして先行激化で前が止まる流れになるなら浦和でも突っ込んできそうなキタサンミカヅキ、1400m克服できればチャンスはありそうなネロで勝負してみましょうか。

第22回さきたま杯予想
サクセスエナジー
ナガラオリオン
グレイスフルリープ
キタサンミカヅキ
ネロ
ベストウォーリア

あと、いい頃の走りが戻ったならナガラオリオンもアリかな。

結果
1着サクセスエナジー
2着キタサンミカヅキ
3着アンサンブルライフ
4着グレイスフルリープ
5着トロヴァオ
タイム:1分26秒2 3F:38.6秒
競走除外:9番
サクセスエナジー 牡4歳
騎手:松山弘平 厩舎:栗東・北出厩舎
単勝:2番280円
複勝:2番130円、1番210円、3番1310円
枠連:1-2 880円 馬連:1-2 1010円
枠単:2-1 1390円 馬単:2-1 1540円
3連複:1-2-3 21550円
3連単:2-1-3 73850円
ワイド:1-2 410円
    2-3 5620円 1-3 6730円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、的中。結構いい配当になりましたな。

ただ、3着のアンサンブルライフはさすがに拾えなくて...

でもって、さきたま杯の結果。内枠を引いたネロや地元のノブワイルドがかなり積極的に出て行ったこともあって、外枠を引いたグレイスフルリープは行ききれず3番手からの競馬。 で、道中も相変わらずノブワイルドが快調に逃げ、それをネロが追いかける展開となったのだが...やはり前半ムリをしたのが祟ったのか、前に行った馬がそのまま残る形にはならず。 結局、中団で待機していたサクセスエナジー・キタサンミカヅキが3〜4コーナー付近でマクって進出し、直線で先頭、そしてこの2頭が並んだままゴールに入るという結果に。

そんなこんながあったが、勝ったのはサクセスエナジー。キタサンミカヅキとの叩き合いをハナ差制して1着に。 ただ...今回の勝利は、勝負所でキタサンミカヅキの内を確保でき、有利に立ち回れた分の差だったりするんでねぇ。 実際、最後はキタサンミカヅキの方が脚色が上だったりするし。「ちょっと恵まれたかな?」という感じは否めないんじゃないかと。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ