• GIII
  • 第23回
  • マーメイドステークス
  • 阪神
  • 芝2000m
  • 3歳上牝オープン
  • 2018年6月10日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ワンブレスアウェイ 阿武隈S 1着 そこそこ差を詰めているがもう一押しないと。 -
2 2 ルネイション テレ玉杯 1着 1000万下の走り悪くなく。50kgなら。 -
3 アンドリエッテ チューリップ 2着 このハンデならチャンス有。展開嵌まれば。
3 4 ミリッサ ローズS 4着 能力は通用も展開が鍵。嵌まればいいが。 -
5 レイホーロマンス 愛知杯 2着 52kgなら出番ありそうだが展開が鍵で。 -
4 6 キンショーユキヒメ 福島牝馬S 1着 去年は4着。この条件だと少し厳しい? - -
7 エテルナミノル 愛知杯 1着 ここ数戦の走りが今一つ。一変は? - -
5 8 スティルウォーター 高雄特別 3着 格下感否めず。48kgでも厳しいか。 - -
9 ティーエスクライ 天神橋特別 5着 1000万下で頭打ち。ここではさすがに。 - -
6 10 ヴァフラーム 緑風S 4着 50kgは魅力も準OPで頭打ちのなのが... - -
11 アルジャンテ うずしおS 3着 格下だが準OPの走り評価。52kgも魅力で。
7 12 ミエノサクシード 阪神牝馬S 6着 前走は6着も僅差。ただ距離微妙で。 - -
13 エマノン 糺の森特別 1着 パンチ不足。時計要さないと出番は... - -
8 14 トーセンビクトリー 中山牝馬S 1着 そこそこは走ってる。ここもそれなりに。
15 フェイズベロシティ スイートピー 4着 昇級戦もまずまず。流れに乗れれば。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第23回マーメイドステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第23回マーメイドステークスの展望と予想とヨタ話

ヴィクトリアマイルも終わり一段落といった時期だが...

もう秋に向けての一戦が。第23回マーメイドステークス。

という訳で、このマーメイドステークス。古馬牝馬の大一番・ヴィクトリアマイルが終了して間もないこともあって有力馬はそこまで出て来ないが、 早めに賞金を上積みして秋の大一番・エリザベス女王杯に万全の状態で挑みたいと考えている陣営もそれなりにいることもあって、こういう時期の重賞の割には結構メンバーが揃うのがこのマーメイドステークス。

で、今年のマーメイドステークスも大体そんな感じ。実績馬よりも、どちらかというとOPや準OPで好走しているような新興勢力の方が多め。 さらに、このレース、ハンデ戦ということもあって、これらの馬のハンデが軽めに設定されてることが多々あるんでねぇ。予想もその辺りを狙っていくのが正解だったりするんじゃないでしょうか。

という訳で、今回のマーメイドステークス。ここはアルジャンテを狙ってみてもいいんじゃないかと。準OPで勝ち切れない競馬続いているが、 2戦ともに出走馬中最速の上がり3ハロンを叩き出していることを考えればねぇ。展開さえ嵌まれば重賞でも十分通用していいんじゃないかと。あと、ハンデも52kgと軽めだったりするし。 あとは、こちらもいい末脚を使っているアンドリエッテ、重賞での好走を評価してミリッサ・トーセンビクトリー・レイホーロマンス辺りを拾っていく感じで勝負してみましょうか。

第23回マーメイドステークス予想
アルジャンテ
フェイズベロシティ
アンドリエッテ
ミリッサ
トーセンビクトリー
レイホーロマンス

あと、流れに乗れればフェイズベロシティも一発ありそうで。

結果
1着アンドリエッテ
2着ワンブレスアウェイ
3着ミエノサクシード
4着ヴァフラーム
5着ミリッサ
タイム:1分59秒1 3F:35.0秒
アンドリエッテ 牝6歳
騎手:国分恭介 厩舎:栗東・牧田厩舎
単勝:3番1710円
複勝:3番510円、1番400円、12番290円
枠連:1-2 5000円 馬連:1-3 10840円
馬単:3-1 22350円
3連複:1-3-12 35680円
3連単:3-1-12 263970円
ワイド:1-3 3150円
    3-12 2410円 1-12 2190円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。いい狙いはしていたんだがなぁ。

ワンブレスアウェイをうまく引っかけられなくてアウト。

まぁ、それはそれとして。マーメイドステークスの結果。どの馬も行かず緩い流れになると判断したのか、トーセンビクトリーが思い切って逃げる展開となったのだが...そのトーセンビクトリー、早々に後続馬に捕まり終了。 で、これに代わってエマノン・ミリッサ・ミエノサクシードが上がってきたが...こちらも直線での伸びが今一つで、結局、これらの馬の後ろにいたアンドリエッテ・ワンブレスアウェイが馬群を割って抜け出し、1・2着を確保するという結果に。

でもって、勝ったのはアンドリエッテ。2着のワンブレスアウェイ同様、道中は好位の内でじっと待機。で、直線でもそのまま内を突いて進出し、先頭へ。 やや外目からワンブレスアウェイが馬群を割って進出してくるも、これをクビ差退け1着に。まぁ、51kgというハンデや内をロスなく回ってきた分の差で勝てた感は否めないだけに、 あまり過信はしない方がいいんだろうけど...一応、3着以下には差をつけて勝っているし、GIIIぐらいだったら十分やっていけるんじゃないかと。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ