• GI
  • 第59回
  • 宝塚記念
  • 阪神
  • 芝2200m
  • 3歳上オープン
  • 2018年6月24日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ステファノス 大阪杯 2着 GI好走評価も前走がちと負けすぎで。 -
2 ノーブルマーズ 目黒記念 2着 前2走の好走評価もGIではさすがに。 - -
2 3 サトノダイヤモンド 有馬記念 1着 良化スロー。実績は評価も様子見必要か。 - -
4 ミッキーロケット 日経新春杯 1着 去年は6着。GIではちと足りないか。 -
3 5 ストロングタイタン 鳴尾記念 1着 前走快勝するもGIではさすがに厳しく。 - -
6 アルバート ステイヤーズ 1着 今回距離不足な上にGI好走ないのでは... - -
4 7 パフォーマプロミス 日経新春杯 1着 条件ちと厳しくなり。ここでは3着までか。 - -
8 ダンビュライト AJC杯 1着 GIでは少し足りない。展開嵌らないと。 -
5 9 サトノクラウン 宝塚記念 1着 去年の勝ち馬だがここ数戦の成績が... -
10 ヴィブロス ドバイターフ 1着 牝馬だが海外GI勝っている馬だし侮れず。
6 11 サイモンラムセス グリーンS 1着 格下感否めず。展開嵌っても厳しい。 - -
12 タツゴウゲキ 新潟記念 1着 叩き2戦目で変わる余地あるも、目標は次? - -
7 13 ワーザー QE2世C 1着 少し足りない感じするがこの相手なら出番。
14 スマートレイアー 秋華賞 2着 前走まずまず。ワンチャンスあっていい。 -
8 15 ゼーヴィント 七夕賞 1着 前2走が物足りず。もう一変あればいいが。 -
16 キセキ 日本ダービー 1着 前走イマイチも叩き2戦目で変われば。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第59回宝塚記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第59回宝塚記念の展望と予想とヨタ話

先週から夏の北海道シリーズがスタートしていますが...

春のGIシリーズの締めくくりとなる一戦・第59回宝塚記念。

という訳で、この宝塚記念。春の中距離路線の頂点を決める一戦...なのだが、「春の目標は大阪杯」という有力馬が結構いるもんで、ちょっとメンバーが手薄になりがちなのが最近の宝塚記念。 今年は一応頭数は揃ったが...大阪杯上位馬がまるっと出て来なかったり、前走成績がイマイチだったりする馬ばかりするのがねぇ。

そんなこんなで、ちょっと微妙なメンバー構成となっている今年の宝塚記念。一応、去年の勝ち馬サトノクラウンや、去年の菊花賞馬キセキといったそれなりのGI好走馬はいるんで、その辺りから勝負していくのが妥当なところなんだけど...こういうメンバー構成だったりするんでねぇ。 今回はちょっと捻って勝負してみてもいいんじゃないかと。牝馬だがドバイターフを勝っているように、牡馬が相手でも十分勝ち負けできるヴィブロスとか、香港カップ・香港ゴールドカップでの詰めの甘さは気になるも、この相手だったら上位争いできそうな香港のワーザーとかさ。 あとは、キセキやサトノクラウンといった辺りをおさえつつ、雨の影響で多少時計を要す馬場になれば出番ありそうなダンビュライトで勝負してみましょうかねぇ。

第59回宝塚記念予想
ヴィブロス
スマートレイアー
ワーザー
キセキ
サトノクラウン
ダンビュライト

あと、スマートレイアー・ゼーヴィントも好調時の走り戻れば...

結果
1着ミッキーロケット
2着ワーザー
3着ノーブルマーズ
4着ヴィブロス
5着ダンビュライト
タイム:2分11秒6 3F:36.3秒
ミッキーロケット 牡5歳
騎手:和田竜二 厩舎:栗東・音無厩舎
単勝:4番1310円
複勝:4番390円、13番550円、2番790円
枠連:2-7 2110円 馬連:4-13 9200円
馬単:4-13 19630円
3連複:2-4-13 93450円
3連単:4-13-2 492560円
ワイド:4-13 3450円
    2-4 3540円 2-13 7160円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。それなりには来たんだけど...

印薄いところ同士で決まってしまってはなぁ。

でもって、宝塚記念の結果。タツゴウゲキが行く構えをみせたりもしたが、結局逃げたのはサイモンラムセス。ただ、その後は大きな動きはなく、淡々とした流れに。 で、勝負所でサトノダイヤモンドといった人気所が動く展開となったが...ねぇ。そこまでペースが速くなかったこともあってか、結局、内でロスなく立ち回った馬が上位を確保するという結果に。 最内から抜けてきたミッキーロケットが外から突っ込んできたワーザーを制して1着、そしてミッキーロケットの後ろを追いかけるような形で進出してきたノーブルマーズが3着をそれぞれ確保。

という訳で、勝ったのはミッキーロケット。ワーザーに迫られたりしたが、3着以下を引き離していることを考えれば、快勝といっていい結果だったのかもしれないが... 今回は展開や週末の雨で時計を要す馬場になった分勝てた感が否めないのがやはりアレ。GI戦線でやっていけるかどうかはもう少し様子見してから判断するのが正解なんじゃないかと...

競馬鹿トップへ  インデックストップへ